風をうけて vol.3

お引越ししてまいりました。
拙いブログですがよろしくお願いします。

ちょっと笑える「さのマラソン」裏話。

2016-12-13 17:36:51 | マラソン
こうして何とか走り切った「さのマラソン」でしたが、この大会前にも大会中にも、そして走り終えた後にもたくさんの裏話が存在すrんだなぁ。

むしろ、その出来事の方が、この「さのマラソン」らしいかも。

それではそんなハプニングの数々をご紹介していきましょう。

先ずはこの「さのマラソン」に向けた練習から。

とにかく今年は天候不順というか、雨の日が多かったよね。

そんなことでまったくの練習不足。

慌てて行った「ふかやシテイハーフマラソンのコースを二周しちゃえ」練習。

意気込みはしっかりしていたんだけど、いざ走りだしたら元チームのひととバッタリ会って長話。

すっかりからだも冷え、再び走り出したら背中が攣ってしまいあえなく37kmでギブアップ。

つづいて翌週、今度は風邪を引くも大したことは無いだろうと薬を飲んで30km走。

今度は20kmを過ぎた辺りからフラフラしだし、意識がもうろう。

やばいと走るのを止め帰宅するも気持ち悪くってすぐに寝込む。

あああ、オレってこのまま死ぬのかな・・・と、3時間余り熟睡(気を失っていた?)

目が覚めたら意外とさっぱりしていた。

何だったんだろう。

薬の影響?脱水?

まあ、生きてるんだから原因はなんでもいいや。

そしてレース三日前。

まだ微熱が出る風邪が治る気配がない。

やばいな、やめておこうかな、と思いながら当日を迎えなんとか行けそう。

で、一か八かでの出走。

何とかなったけど、異常に寒さを感じ、う~ん、どうなんだろう、やっぱり走らない方が良かったのかな。

そして当日のハプニングね。

この会場となる公園には恐竜がいるの。

それが面白くってサンダルで写真を撮りに行ったのね。



そうしたら足の指が冷えちゃって、感覚がなくなっちゃった。



何やってんだろう、スタート前に・・・落ち込みました。

しかもこんなことしてたら時間がなくなってしまいスチレッチもアップもできずスタート位置に。

こんなことでいいのかい???

まあ、最初は抑えてアップ代わりに2~3km走る予定だったのでそれはそれでいいんだけど、履いたパンツのゴムが緩くって・・・これが後々大変なことになるのよ。

ゴムでとどまることが無理なパンツ(パンツといっても下着のパンツじゃないよ、ランニングパンツね)



紐を締めて何とか腰にとどまっているのよ。

それがあまりの寒さでトイレに行きたくなったから大変。

指が凍えて言う事を利かない。



やっとほどいたパンツの紐。

今度は結べないんだよ。

まあ、いいやってウエストポーチでしめて走りだしたらそのウエストポーチのベルトもゆるくってパンツが落ちちゃいそう。

もぞもぞしながら走ってる自分が惨め。

何とかウエストポーチのベルトを締め、ずり下がろうとするパンツを留めたのだけれど、補給食をとりだせないの。

仕方なく20km地点だったかな、トイレにもう一度駈け込んでパンツの紐を締め、そしてウエストポーチからゼリー飲料を取り出し再び走りだしたはいいけど、今度はそのゼリーのふたが開かないんだよ。

不良品? ふたについていたネジの部分の爪が折れないんだ。

いくらネジのふたをまわそうとしてもビクともしない。

落ち込んだよ、再び。

でも、持ってきたゼリーは3種類。

他のだったら補給できるって、もう一度ストップし再び凍える手でゼリー飲料を取り出す。

この間に何と4時間のペースランナーとその大集団に抜かれていくんだ。

これには焦ったよね。

オレはそんなに遅いんだって。

エネルギーを補給して走りだすと間もなくその大集団に追いつき、難なく追い抜けたけど、”自分は遅い”を確信したよ。

良い感じで走っていたのはただの勘違い。

ここで気合が入ったね。

運よく足に殆ど疲れもダメージも感じていなかったし、充分バネも感じられる。

これならいけると、一番の激坂上り下りを調子付いて走ったら膝にきた。

それを何とか誤魔化しながらゴールまで行けたけど、もっと冷静に走っていたら30km過ぎを上手く走れたに違いないね。



相変わらずパンツの不安も続いてたし・・・。

ああ、誰かおれにパンツを買っておくれよ。

貧乏がこんなところにも影響するとは夢にも思わなかったよ。

貧乏といえば今回も一度も給水を摂らなかったし、バナナも他の食べ物も何ひとつもらわなかった。

ここを走ったランナーで一番損をしたのは私かもね。

さて、レースも終え、ゆっくりお風呂にでも入ろうか、なんて考えていたんだけど。

この会場近くには日帰り温泉もあるし、道の駅には無料の足湯もあったりするのを事前に情報を収集していた。



そこでとりあえず自宅に「無事、完走したよ」メールを送くり、その後、「少し休んでから帰るから」ってメールしたら何を思ったか、「どこで!」みたいな返答が返ってきた。

どこでって、ねえ、おれだって腹もすけば休みたくもなるよね、フルを走ってるんだから。

でも、なんだか疑惑の目で見られていてはそんな気にもなれず、お風呂にも入らず、コンビニでコーヒーと唐揚げだけ買ってそれをご褒美に食べて帰ってきたよ。

ああ、なんとも寂しい限りで・・・あああ、佐野ラーメン&餃子、美味しそうだったなぁ。

しかしまあ、色々ありますわ。

それが楽しいといえばそうなんでしょうが、でもねえ。。。

惨め・・・ですわ。


『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”復活” | トップ | 仮装ランについて真面目に考える »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (iwatobi)
2016-12-13 20:02:41
パンツと格闘するさのマラソン、お疲れ様でした(笑)
30㎞でサブ4集団に吸収されてたのは、こんないきさつがあったのですね。
手がかじかんでファスナーがあかないとか、その辺は私も心当たりがあります。
今度ゆっくり佐野ラーメン食べに来てください♪
お疲れ様でした (げたのうら)
2016-12-14 08:41:30
サブ4おめでとうございます。
今まで様々な試練がありましたがそれらを乗り越えて復活された一路さんに心よりおめでとうございます、と祝福します。
当日も色々なハプニングでしたがそんな中でもしっかりとサブ4達成されて素晴らしいです。
私も来年こそサブ4復活目指して頑張りたいと思います。
iwatobiさん (一路)
2016-12-15 18:29:34
ありがとうございます。

いやいや、パンツには参りました(笑)
これで確実に3分はロスったでしょうね。
でも、いいんです、それで。
その時はかなり真剣に格闘していても、今となっては笑い話の楽しい思い出になってますもん。
この先、さのを走るたびにパンツを思い出すでしょうね。

佐野ラーメン、食べたかった~。
行きますよ、行きますとも(笑)
げたのうらさん (一路)
2016-12-15 18:41:06
ありがとうございます。

実はですね、私、サブ4とかあまり気にしていなかったんですよ、あの時まで。
それがサブ4ペースランナーとその大集団に抜かれて初めてサブ4を意識しだしたんです。
そこは譲れないだろう、、、って。
要するにそこまで回復したんだ、私は、ってことですよね。
サブ4よりもその方がうれしかったです。

きっとげたのうらさんも近いうちに実現することでしょう。するとサブ4自体よりも、「ああ、戻れたんだぁ」ってすごく思えると思います。
色々なことを乗り越えられた感激はひとことでは言えない嬉しさがありますよ。

これからもお互いに頑張ってもっともっと上を目指していきましょう。
まだまだこれから、ですよね。
(でも、無理はしないでくださいね)
Unknown (yoppe)
2016-12-16 16:34:15
お疲れ様でした!そして、本当に復活できたようで、本当におめでとうございます。
今まで、苦しんできた分、報われましたね✨
パンツのゴムも手のかじかんだことも、すべて楽しい思い出のひとつになりましたね🎵
よかったです✨
yoppeさん (一路)
2016-12-19 05:04:26
ありがとうございます。

はい、完全とは言えないかもしれませんがとりあえず復活できたようです。
でも、まだ自分的には物足りない部分が多く、”もっともっとできる”と、思いながら毎日を過ごしています。

yoppeさんもたいへんな毎日だとは思いますが、是非頑張ってもう一度スタートラインについてくださいね。
そう口で言うのは簡単ですが、フルを走る力のあるyoppeさんです。きっとできますよ!

これから大変な季節になりますが、どうかリハビリ頑張ってくださいね。

コメントを投稿

マラソン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。