型や→(小さなものづくり)

ものづくりの立場から、身近な情報や、気になることを気ままに掲載したいと思います。
気が付けば世の中「嘘だらけ」・・?

天水桶 71 (2014.6.1)

2017年02月24日 11時23分57秒 | 聖火台・扉は何でも知っている!

天水桶あれこれ プロヒール 桶や  さんが、聖火台に付いて  いろいろと取材し、その資料を纏めていただいております。(紹介したいと思っています)

天水桶 71 (2014.6.1)

<前文略>  今回は、かがり火台から思いを馳せて、聖火台について考察をしてみよう。2020年開催予定の東京五輪が話題になっているが、昭和39年(1964)の五輪開催時にも活躍した、代々木の国立競技場にある聖火台は、川口鋳物師の故・鈴木文吾、大正10年(1921)生まれ 平成20年7月6日没、行年86歳が鋳造している。<つづく>

<出典>ソースは↓ 全て読む

http://ameblo.jp/mahalko-tart/entry-12140714643.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日産自、西川・共同CEOが... | トップ | 旧国立競技場の聖火台 「第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖火台・扉は何でも知っている!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL