山崎 巖の、ひとこと言わせてくれ!

団塊の世代より一足早く生まれた私にだって、言いたい事はいっぱいあるのだぁ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009年05月22日 11時16分00秒 | 芸術



 ひろしは杉の木が全てを知っている事を承知の上で次の事項を決めるべきといった。
 一 、地球上の水爆実験をなくさせる。
 二 、地球上の武器を管理できるように。
 三 、地球上の兵器を管理だきるように。
 四 、アメリカ、ソ連、中国、その他の国に対し、自国の利益だけだなく、地球上の利益になる方法はないか。
 五 、この島を平和島とし、人類の平和のシンボルとして管理する方法はないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろう

2009年05月21日 16時48分22秒 | 芸術


 ひろしは思った。人間の欲はきりがないのかもしれない。どうして限られたこの地球の中にいて、そこに生きている生物を殺す水爆実験をするのだろう。地球の人間として、動物として地球をこれ程痛めてよいのだろうか、人間は地球の未来を知っているのに。人間は21世紀で地球のメカニズムを知ったのである。ひろしは人間は次ぎの事を決めるべきとかんじた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年05月15日 16時34分52秒 | 芸術



 ふくろうはどうして人間が広い海で水爆実験をするのか不思議だった。しばらくしてその通りに実験は陸上でするようなっていった。それがタイムリミットだった。
 ひろしは「もう人間は海での実験はしないと思う」とカラスに言った。
 カラスの目が光った。本当にしないのなら私は海に戻ろう・・と言ってひろしの目を見た。ひろしは人間は馬鹿ではない、もう海での水爆実験はしないと思うと語った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年05月14日 13時59分51秒 | 芸術



 やはりこの島は化け物島だった。
 カラスの連れてきた竜は涙を流しながらいった。「人間たちが水爆実験をするので、海底には住めないのだ」と。
 ふくろうは人間たちの考え方を変える必要があると思った。
 ひろしはキノコ達が班長を決めない理由がわかってきた。キノコ達の班長は人間の水爆実験をやめさせる方法を思いつかないのだ。
 そのうち人間達は、陸上でそれも地下で水爆実験をやるようになっていった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年05月12日 15時14分44秒 | 芸術


 カラスはふくろうに言った。「この島は浮島です。キノコ達が騒ぐのは、あなたが沈んだ話をしないことです。キノコ達と一緒にうみに沈んで自分で体験してください」
 ふくろうは沈む決心をし、海に沈んでいった。島は陸上と変わらなかった。
 この島は化け物島だ。誰かが操っていると思った。そしてカラスに言った。この主に会いたい・・・と。カラスは竜をふくろうの前につれてきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年05月09日 10時39分56秒 | 芸術


 
 ひろしは竜と対峙した。竜は海にあたった配色をした。竜は「この配色でふくろうを説得だきないか」と言った。
 ひろしは色ではないと言った。竜は今度は一羽の鳥を出した。鳥はカラスだった。このカラスは私のかわりだ。陸に上った時このカラスを使いふくろうと対峙して大いに語り合い結論を出したいと思う。それが一番良い方法であり、みんなが納得する方法だあろうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年05月07日 16時01分21秒 | 芸術



 島が海に沈んだあと、島に大きな竜が現れてきのこ達に聞いていた。きのこ達は竜が何のために聞いたのか考えず答えるのだった。
 竜「それでどうなったのだ」
 きのこ「そのままです。ふくろうは助っ人をよんだようです」
 竜「その助っ人とはどんなやつだ」
 きのこ「助っ人は飛行機でやってきました。助っ人はまだこの島にいると思います、その助っ人はここにいます」」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年05月06日 15時28分06秒 | 芸術



 島が海に沈む日が近ずいていた。しかし 島の動物達はいつもの通り少しも変わったところがなかった。ひろしは小屋を作り この島が海の底に沈む時を待ったのである。
 島の沈む日が近ずいてきた。太陽が沈むように島が静かに沈んでいった。勿論ふくろうは島から離れていなかったが、ひろしには陸上にいる時と変わりがなかった。きのこもそのままだし島もそのままだった。
 そのままの形で海に沈んだのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年04月18日 14時41分05秒 | 芸術



 ふくろうはひろしを待っていたようで、ひろしが島に着くとふくろうはひろしに近ずいてきた。そして「ひろしだな」といった。
 ふくろうの話はこうである。「キノコ達は誰が班長かを決めかねている、このキノコ達の班長をきめたいのだ。そこでひろしを呼んだのである」。ふくろうはいばっていた。「この島の問題は何かあるのかい」とひろしは聞いた。この1週間に1度海の底に沈むのである。とふくろうはいった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうとカラス

2009年04月10日 16時03分55秒 | 芸術
コメント
この記事をはてなブックマークに追加