世界のはずれから勝手に叫んでみる男の日記・var2

このページは大量の誤字脱字の提供でお送りしています。orz

最近のNG大賞よりも面白いハプニング

2017年05月27日 | 世の中あれこれ

 ようつべでさんざんおすすめされていたので見たのがウェザーニュースの番組でガチャピンが特別に出ていた時に起きた大ハプニング。ガチャピンの肌の色が黄緑だっただけにクロマキーと同色となってしまい、画面が切り替わった瞬間に背景に透過されてしまうということが発生。さらにクロマキーが切れずにガチャピンが青くなったまんま天気予報は続行。しかもこれウェザーニュース公式で上がっているという。(ニコニコにもアップされている)ちなみにガチャピンもムックもサザエさん時空の中の人なのでそのあたりは突っ込まないように。

 いきなり右足のすねに痛みが走って動きづらいと思ったら、今度は左足のすねに痛みが。おかげで動きたくても何もできない状態に。無理するほどのことはしていないんだけど。

 航空機コラボの機種が変わったのと、メインキャラが二航戦に決定したことが公表された今日の艦これ。公式アイコンは飛龍だけだけど、しっかりと蒼龍のテールも見えているので、次のメンテ明けが楽しみ(無言の圧力)。春日丸の育成は順調。しかし改造可能レベルを5間違えた模様→その後大鷹に。艦攻は詰めるようになったけど。場所をリランカにかえた。そしてリアル。はたして58はスケキヨになってしまったのか。(突き刺さった状態での潜水艦を発見。どうも58の可能性もあるんだとか)

 今回のイベントのモデルは今でいう公演のあたりがモデルという話の今日の城。こっちは弁当を集めるだけなので特にいうことなし。ガチャの結果は雑賀orz(一番の外れ)2個配布×2週間らしいので何回かはできるけど。明日からログインボーナスは要石×3の暗黒ゾーンだったり。今日はこっちが緊急メンテに入るので城・血・サガがメンテという事態に。そして土曜日分のガチャはガイヤール。ほぼレギュラー組に昇格したマルボルクが入っている今、出てくるタイミングを間違えたっぽい。

 今日の血。主力メンバーを第5部隊として再編制。これで面倒くささは消えたはず。これで1軍(第5部隊)、2軍(第1部隊)と明確に。2軍はたまにアマテラスとアタゴテングが入れ替わるぐらい。

 今日のサガ。再びコラボネタスタート。ただしDMMからやっている自分には関係がない。金銭ガチャだけの恩恵。間に合えば早い段階で11連したいのだが、ギリギリ間に合いそうにない。とおもったら間に合ったので、やってみた結果→大外れ。王者×1以外全部戦士。

 ダービーの予想。青葉賞の勝ち馬がダービーで勝てないというジンクスがあるんだけど、その勝ち馬のラインナップを見ると逆にダービーで力尽きる馬よりもましなんじゃないかと思ってしまう。(勝ち馬でダービー以外で活躍した馬、レオターバン・ステージチャンプ・エアダブリン・シンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・ウインバリアシオン・フェノーメノ)(ここから15:30追記)本命は皐月賞馬アルアイン。東スポを見る限りだと印がかなり薄いんだけど、サトノアーサーに勝っていてそのサトノアーサーが出なかった皐月賞を買っているということを考えると普通に強いとみるべきなんだけど。(ある意味サニーブライアン化しとる)対抗は迷ったがスワーヴリチャード。東京コースとは相性が悪いわけではないし、皐月賞3着ということを考えると巻き返しがありえる馬だと思う。穴はペルシアンライト。抑えとしてアドミラブルとサトノアーサー。レイオデロはせめてポーフブルSステークスがG1ではないうえに関東でやっていないこと、もしくは東京コースで勝っているならば考慮対象にはなっていた。カデナはまさかのおおがけがあるかもしれない。

 これを見ても「日本にはテロリストはいない」と勘違いする連中がいそうで困る>広島で中核派のアジトを捜索したときに一人の男が公務執行妨害で捕まる。捕まえてみればこの男が46年前に起きた事件の容疑者で、今も交番の指名手配の写真でそのお姿が見られるほど。警察も動きを把握しているものの尻尾を出す状態ではなかったということで、今回初めて尻尾を出したことによりようやくつかめたという感じらしい。(ただし本人はそうではないと否定をしているものの、DNA鑑定で指名手配犯と関係があるのは確認済み)日本にはテロリストがいないと勘違いするような連中が多いのだが、日本だって大きなテロ事件を経験している国である。しかもそのうち一つは世界でも初だと思われる化学兵器を使用した地下鉄サリン事件。いまだに事件だと思っている人もいるかもしれないけれど、内容的に考えればこれもテロの一種なわけで、その危機感のなさをいつも指摘される要因になっている。今回の出来事だって水溶性の紙を使って捜索の段階でそれを証拠隠滅に使うという段階で、ある種の計画性を感じられる。そういう意味で言えば日本にはテロリストはいないという考えは捨てたほうがいいというよりも、誰もが簡単にテロリストになれる時代というのを考えたほうがいいだろう。ホームグローンテロリストなんていう言葉が出てきてしまった現在を考えると、いつどこで何が起こってもおかしくはないとみたほうがいいのだが。

 テロリストはいないんじゃなくて、オウム関係以外の事件の規模が極端というレベルで小さすぎたがゆえに表に出てこないわけで、日本にもテロリストはいないというわけではない。ことさらに日本だってマンチェスターで起きた自爆テロのようなことが行われたっておかしくないだろう。火薬さえできてしまえば圧力釜爆弾だって作るのは容易だと個人的には思っている。おそらく東京のど真ん中で一つでも爆発させれば、そりゃ大パニックを起こすという意味で愛だったら大成功だろう。その前に実行犯以外逃げ切ってしまえるようにしておけば、いくらロックオンされてもよほどのことがない限りは捕まる心配はないんだし。そういう意味で言えば日本という国は伝統的に入るには難しいけれど、入ってしまえば行動自体はすることは簡単な国なんだよなあと思ってしまう。警戒しすぎることはないとはいえ、それすら考えない連中が多いのも難点だと思う。脅威というのはそこら中に転がっているということも理解できないのもいるようだし。


 そのまんま自損事故でも起こしてかってに……だったらよかったのに>大阪。質の悪い車の乗り方を写したバカがいて、それを公開した事から警察が動くという事態に発展している。この運転手午後4時の子供が多数いる通学路を暴走していたらしく、カーブした直後に多数の通行者がいた状況だった。しかも自分が悪いという意識が全くなく暴言を吐いているところもしっかりと録画されていて、しかも教育委員会にまでルートを把握されているというバカっぷりまで発揮している。通学路とこういうバカによる問題というのは切っても切り離せないという側面がある(危険すぎる道を通学路にするというのは学校の落ち度だが、こういう斜め上の発想をしてくる連中もかなりいる)のだが、さらにバカすぎると思うのがすでに今年に入ってから何度も同じようなことを繰り返しているということ。こいつに免許を簡単に与えた連中の責任も問わなくてはいけなくなるんだろうけれど、そもそも一度の段階で把握されたら即没収の上に一生免許が取れないようにするということも大事だと思う。累積点でアウトというのもいいのかもしれないが、ケースによっては累積点よりも、可能性膨大ということで免許そのものを取り上げるということも考えたほうがいいと思ってしまう。こういうのは人が通らない場所で、勝手に自損事故でも起こしてしまえばいいんだろうけれど。

 上の話じゃないけどこういうのもいるからこそ、車の扱いに関しては慎重にならなければいけないことなんかたくさんあると思う。特にこういう事故る可能性なんかをも陣もも考えないほど自分の運転技術に過剰以上の自信を持っている連中が運転する危険極まりないものに関しては、できる限り早い段階での没収などが必要になってくる。これに懲りずに無免許をするようであれば、確実に刑務所(年単位異常が必須)が待っているという状況も作っておくべきだろう。はっきり言って一番迷惑なタイプの運転者というのは、結局大事故を起こしてもそのやらかしたことの意味に気が付かないということもよくある。そういうことを考えると、事故を起こすとどうなるのかというのを見せるという授業が免許を取る過程(さだまさしのあの歌)であるらしいのだが、もっとダイレクトな実例を乗っけてもいいと思う。昔見たおふざけでいろいろやっているときに、事故を起こすとこうなりますよみたいな国外で作られたビデオのように。(探すときにはトラウマ注意)

 追記。19歳が自首してきた模様。いいよなあ、こんなことをして殺人未遂で捕まってもプライバシーは欠陥だらけの法で守られるんだから。


この記事をはてなブックマークに追加

20年前の衝撃はおさまっていない

2017年05月25日 | 世の中あれこれ

 今日の艦これ。春日丸育成をカレーで開始。春日丸がレベル20に、ガンちゃんは30に。

 今日の城。弁当の数は予定通り200。ここからあと800を集めるつもり。ガチャの結果→

 今日の血。メンテ前のディリー任務を終了。一週間さぼらずに玉700は大きい。

 今日のサガ。斧をゲットしたものの、現状メインメンバーの中に使えるものがおらず。

 本人もそうなんだけど、知りたいのはもう一つある>神戸の連続児童殺人事件から20年。犯人のSDQN的行為のせいでかろうじて回っていた時間が完全に止まった感じからして2年。いまだに時は無常に流れ続けている。当時の被害者の父親はすっかり髪が白髪に染まっていて、時間の長さというのを思い知らされてしまう。いまだに事件が終わっていないという感じ&少年法の当時の最大の被害者だったこともあったわけで、犯人に対する活動というのも続けている。(その中の一つに犯人の本の出版禁止とか言っているけれど、活動の内容自体が憲法に抵触する上に、その手の人たちにとっては超一級品の資料になる)明らかに厚生には失敗していることを考えると、訴えなくてはいけないことに現状の少年犯罪対する行政の考えた大きく間違っていることを口にしなければいけない。だからこそ最近のいじめ報道があふれ出ているんだし、もっと言えば中学生の段階で大事件を引き起こせばその段階で問答無用にそいつの人生が終わってもいいということを意識しなければいけない。結局それができなかったから同じような事件が出るという可能性(正確に言えば03年に起きた長崎の幼児突き落とし殺人(こっちのほうが典型といっても差し支えがないほどのものだとは思うが)からになるけれど)が消えていないわけで。

 知りたいというのはこの大馬鹿の親の現在。少年犯罪というものを考えた時にどうしても上がってくるのが親の存在と影響なわけで、どういう育て方をすればこういう子供が育つんだというものになっている。現実にこの大馬鹿の親は、遺族と面会したときにトンデモ発言をしていたなんて話もあったほど。最近では言われなくなったというは言うけれど、アキバ連続通り魔においてもクローズアップされてきたように、やはり親の存在というのはある意味大きいというケースもある。現実問題としてアメリカでも有名な大量殺人鬼のうち何割かは、その真の責任は本人と同じぐらい親に回すべきなのではというのを思わせるような行動もある。究極系で言えばスターリンという人物だっている。そういう意味で言えばやはり親の存在というのはかなり大きいだろう。それ故に今のこの大馬鹿の親のほうがどこで何をやっているのかというのが知りたい。本人に関しては定期的に誰かが追っている状況らしいのだが、今やその親がどこでどうなっているのかというのさえ分かっていない。よく完全ばれ大会の名目の一つに本人がいた時に近くにいてほしくないというのもあるんだけど、それは親にも当然当てはまる。だからこそ現在の親というのも知る必要があると思うんだけど。


 そもそも数が足りない部分がたくさん>最近政府がもくろんでいることの一つに入院期間を短くして医療費を減らすという名目で家庭での負担を増すということをやっていくらしい。これは迫る高齢化社会に対して入院のベットを減らしてリハビリとかの施設とか家庭での看護にあたるというものだけど、はっきり言ってしまえばそもそも病気一つでどれだけの科をまたぐことになるのかというのを理解しているのかといいたくなってしまう。一度でも大きな病院のホームページを見ればわかるんだけど、病気一つとったって治療方針は合わせて発症した病気、さらには痛み解けなんかも合わせると一つの科では到底対応しきれないという話も当然ながら出てくる。おまけに政府の方針からするならばはっきり言ってお前ら在宅介護を一回もやっていないだろうという意見しか聞こえてこないほど、実のところ本人以上に周辺にいろいろなプレッシャーをかけてくる。そこまで考えるならどうバランスをとっていくのかというのを考えなくてはいけない。いくら人口が減るといってもこれから人口バランスが崩れたツケがいくらでも回ってくる状態。ER一つとったって東京でさえ3つというは少ないし、ない県だってある。根本的な部分から考え直さないといけない問題だと思う。

 例えばガン一つとったって、どれだけの科がかかわるのかというのを想像できない人というのは多いと思う。むしろ自分もしくは周辺がなってみないとわからないほどなんだけど、とにかく必要な科というものが多い。そのがんのある場所に関係のある科というのをメインとして考えるとなると、手術になるならばその科の外科が担当することになるだろう。密接に関係のあるという意味で口腔ケアが必要という意味での歯科もしくは口腔内科もケースによっては必要になる。せん妄やうつなどの精神的な問題も必要になるケースもある(ある話だとせん妄にかかる確率である条件がすべて満たされてしまうとその確率は8割を超えるとか)、これだけあってもはっきり言ってしまえば救急的な状況になった時のがん救急科というのが少ない。(緊急的に対応してくれるところはしてくれるが)もっと言ってしまえば入院可能の緩和ケア科というのがこれから必要になるだけど、ホスピスが優先されてしまうためかこれも少ない。(しかも地域に偏りがある。東京都内の山手線の東側は人口に対して病院数もベットも少ない)そういうのを考えると何をもって、こういう医療を目指すのかというのがいまいち理解ができない。結局ゴールはあってもその道は多数にあってどれもが険しいと考えるのが、一種の医療の道だと思うのならば手段はあるだけあったほうがいい。それを狭めるようなことにつながっているような気がする。


 その10倍の金額は必要だろうに>1年前に起きた福岡での7億8千万円の現金強奪に対して、犯人側がその6分の1ぐらいの金額で示談しようとしていた件。相手にやましいことがあるのならまだしも、少なくとも盗んだ金額のうちの半分を使って、自分の身の破滅が近くなった時に言う人間の言葉じゃないのだけは確か。結局被害者側にそれがばれたのは被害者側の弁護士が加害者側の弁護士に対して問い合わせをした段階でバレたようなんだけど、ただでさえ現金強奪事件って逮捕率がかなり高い事件(最近起きた事件のほうは計画自体がかなりち密になっているようだけど、ところどころで穴があるという感じが。ワゴン車も発見されたということは証拠隠滅していないんだろうなあというイメージもあるし)なだけに、逃げられるもんじゃないし。6分の1で和解するというレベルの話ではない。和解するとすれば最低でも10億は必要だしそれでも逮捕を免れることが不可能なんだから。

 ただ事件とは別にとんでもないことも浮上している。というのも福岡が金塊の取引において重要な役割を果たしているのではないかという疑惑が持ち上がっている。香港から中国→韓国経由福岡で現金を運ぶ→日本国内で換金をしてから再び香港に向けて現金を運ぶというルートが既に確立していて、3億8千万円の現金強奪事件の時に現金7億円を運ぼうとして逮捕された4人組の韓国人は、実はこのルートの中での運び屋ではないのかという話が浮上していて再逮捕されている。なにせ国内で金をさばいてしまえば苦労賃も含めてペイできてしまうために日本の持っていったほうがいいわけだし、なおさら将来起こるかもしれない金融ショックに対して金の力というのはすごい効果があるので求める人間も多くなるだろうから、日本でどんどんさばけばいい資金源になる。それゆえに主役の一つとして別名修羅の国といわれるほどそういう組織が国内ではかなり活発であろう福岡が入ってくるわけだし、そこからいくつかのルートがあってもおかしくはない。今回は韓国経由ルートが発覚したわけだが、手段はいくらでもある。システムの構築者を探すほうが最優先だとおもんだけど。


この記事をはてなブックマークに追加

普段から……

2017年05月24日 | はじめに

 今日の艦これ。今回はまさかの早い実装に驚き。メンテの結果。イベント終了。4周年モード終了。カウンターバー更新。新BGMとジュークボックス更新(ここで20分伸びたことを知る)新任務4つ。一部修正。サーバーの再編成により新人加入ができるように。長門に時報ボイス。そして長門改2実装!!(レベル88)いろいろと付随効果があるらしい。(高速化が容易・フィット砲システムのほかにも仕様があるんだとか)そして陸奥と共にする行動でバルジ(大型)が獲得できるように……ってこれは枠を圧迫するだけのような。それと試製41センチ砲をゲットできるように。

 さっそく長門を改2に。弾薬8800 鉄鋼9200って何かの冗談かよ……で、第1戦隊任務の編成は終わったけれどその先が出てこなかったので先に海防艦か駆逐艦の任務。1-3、1-4、1-5、1-6の4つ。1-3、1-4は長門を起用したそのまんま突破。さらに、メンバーを変えてこっちは終了。そのまんま長門と陸奥+4での4-5&5-5。(リランカをクリアーしてましたorz)長門の時報でやはりやらかす川内……(そして、酒匂とプリンツに言及なし。)そしていつの間にか摩耶のゴールまでの経験値が40000を切る。とりあえず4-5は一発終了。問題なのは5-5。レ級よりもカ級のほうがいや。ずほちゃん(瑞鳳)で落とせるとも思えないし。それとながもんは工廠裏。なんで肝心かなめの時に何度も狙い通りの行動をしない。一応進めないと判断して春日丸を育成。鈴谷でもいいとは言うけれど。

 つまみボイス復活の今日の城。丸亀のコメディ色が強いのがいい。そういえば名古屋は前作はメインだったので、聞いたのは初めてだったり。今度の新メンバーは紫禁城。ガチャの結果山中城。さらに一発で岩国城を引く。なので明日からとりあえず弁当集め開始。

 今日の血。セカンドメンバーの底上げは若干微妙かなあ。

 今日のサガ。石斧ゲット。あとは牙を集めての底上げ。

 そろそろいじめっ子に対する因果応報的な処罰も必要かと>東京練馬でいじめからくる強要で少年が逮捕される。この手の話では恐ろしいぐらい珍しい出来事ではあるのだが、その内容からすれば逮捕されてもおかしくないというほど下劣。セミを食わせたり、犬の糞を食わせたりという話なので、逮捕されるのは当たり前というレベルの話。むしろ今までこの手の話でよく逮捕されなかったよなあと思ったのだが、この話を見てみるとこのDQN実は逮捕は二回目で、3月に同級生二人に乱暴を働いていたところを逮捕されたという。おそらく大した処罰の受け内で解放されるという可能性が高いのでいい加減に因果応報に近いという意味で、それなりの直接的な罰を与えてもおかしくないという自覚がないんだろうなあと思ってしまう。いじめの復讐には幅があって、中には本人以外の人生が完全にぶっ壊れたなんて話(引きずられる形でそのぶっ壊された連中によっていじめっ子の人生はさらに破壊される)もあったりする。単純に刑法だけで済めばいいのかもしれないが、このケースの場合はそれを超える悪質さも感じられることも。だからこそいじめっ子を悪法で守るというのはなしにしてもらいたいのだが。

 このところ過剰に増えてきたせいでまた社会問題化するのは目に見えている状態。その状況を考えると本来であれば問題になるべきなのは、これのはずなのに獣医学部の問題ばっかりクローズアップされているだけに、ある意味そういうことをやっているからこそこういう根本的な問題を置き去りにしているだろうといいたくなってきてしまう。すくなくともいじめをなくすとすれば大人の世界のハラスメント行為の罰則の強化も必要になってくる。(特に職場いじめ関連だったら一発アウトにするレベルにしなければいけない)それにいじめをする人間にはっきり言うべきなのは、君たちはすでに刑務所に入ってもおかしくないレベルの犯罪を犯している。だからこそ君たちのような人間をこの世から消さなくてはいけないと感じる時が来ることだって考えなくてはいけないということを常日頃頭の中に叩き込む必要がある。だからこそ言いたいのだが、現状それでいいのかという問題も引っ付いて回らなくてはいけない。子供の犯罪だって大人の犯罪と同じく、犯罪なんだという意識がなければいけないんだし。


 そばにいたホームレスが英雄的な動きをする反面、この人殺しのバカ連中は……>イギリス。マンチェスターで行われたアリアナ・グランデのコンサート会場で、リビア系移民の2世が自爆テロを敢行して20人以上の犠牲者を生み出してしまった。事件後にお花畑が犯行声明を出してきたのだが、関連性は不明。事件後各国の反応は早くイギリスではテロ警戒を最高ランクにあげるほど。ただ今回の事件例えばお花畑のしょうもないレベルの影響があったとしても、典型的なホームグローンテロリストの犯罪であったことを考慮に入れなくてはいけないということ。つまりは本人の状況がどういうものだったのかというのを念入りに調べなくてはいけないと思う。絶対的な何かがそこにあるわけで、次を考えるとできる限りはそれを排除しなければいけない。悪い意味で言ってしまえば日本でも同じようなことが起こる可能性が大だと思う。最近警察の指名手配に張っていた人間が捕まったんではという話があるんだけど、つまりはテロリストもテロリスト候補生もいるわけだし、日本だって同じようなことが起きていないとは言えない状況だろうし。(2世以降が悪の道に自ら足を突っ込んで問題になったことがあるんだし)むしろ日本のほうがのほほんしすぎているために危ないなんて指摘もある。そういう意味で言ってしまうのであれば、対岸の火事だとは思えない話なんだけど。

 国連関係者がかみついてだんだんコント化してきた共謀罪法案(だからあれほど野党から起こった時にはどうするんだという言質を取っておけといったのに。民主も共産も悪いけれどその現地通りにしてもホームグローンテロリストは抑えられない。もっとひどいことを言えば今の法案だって個人行動はまず抑え込むのは不可能。たぶん法案成立→暇人が無効訴訟をするというコントまで見ているけれど、そのコントをした人にも「もし現状でテロが起きたなら、それを限りなく100パーセントに近い割合で解決するとしたらどう動きべきなのか」という質問をして言質を取るべきだし。個人的には開始数時間が一番の肝だと思っている。犯人集団だとしたらまず逃がさない処置をとる。問題の場所の封鎖もやむなしだし、内容次第ではスプラッタ部分も含めた報道規制も考える、バックホーンは徹底的に調べ上げる。その中で過激思想が出てくるとすれば、それについても考えなくてはいけない。何から何までやるべきことが多すぎるわけで)現状を考えると今の日本どこにスパイが隠れているかわからないうえに、潜在的テロリストも結構な数がいる。さらにあの国が変なところに爆弾を落とした直後から動く連中だっているかもしれない。そういう意味で言えば、普段という言葉の意味が誰もわかっていないんだろうと思ってしまうのだが。


この記事をはてなブックマークに追加

学舎にはこびる悪夢

2017年05月22日 | 世の中あれこれ

 そういえば今年の予想で二つ結論が出たので、正解を発表。

  • ルペンはフランス大統領になれるか→なれなかった。しかしなったマクロンはマクロンでほかの候補者の押し付けが生み出した国民の分裂という代償を思いっきり背負うことに。
  • 電王戦で名人はコンピューター相手に何勝できるのか→2連敗。来年から人間だけの新ビックタイトル戦に。他の戦いと違うところは2代目チャンピョンは予選が免除されるだけ。

 今日の艦これ。とりあえずこれが終わったらリザルト出そうと思う。今回は出撃回数は意外に多くないとみるが。ドロップを見ると改めて空母祭りだよなあと思ってしまう。

 今日の城。ガチャは回さずに火曜日の夜に。たぶんいい結果にはならんだろうけれど。

 今日の血。2軍メンバー候補(桃太郎桜・シュテンドウシ桜・タケ・牛若丸桜・アマテラス双)の底上げ。特に牛若丸のレベル90技(攻撃は横二人というものだが、攻撃・魔法攻撃が上がる優れもの)は絶対にほしい。目指せ経験値500万。

 今日のサガ。とりあえず現状はアイテム集めジャミルが来ているので、わずかではあるが回数が少なくなっているのは僥倖。(上級だと48しか来ないけど周回ができる)上級だと高い確率でノーダメージで抜けられるので、うまくそれを使ってやっているところ。4週目のストーリーは止まっている。

 終わってみればやはり怪物の娘だった、オークスの結果

  1. ソウルスターリング (◎)
  2. モズカッチャン (△)
  3. アドマイヤミヤビ
  4. ディアドラ (△)
  5. リスグラシュー (▲)

 ソウルスターリングがうまくルメールの作戦に乗った形で、最後は追いすがるモズカッチャンを引き離しての勝利。両親合わせて取ったG1は16。本人は二つ目。藤沢厩舎にとって初のオークスでこれで重賞100勝目。(1勝目はシンコウラブリイ)ルメールは母スタセリタに乗っている(日本に来た騎手3人が乗っている。ついでに言ってしまうとくだした馬の中にエリザベス女王杯2連覇のスノーフェアリーもいる)ので、親娘でオークス制覇という(しかも異国)での栄光に。これで現役では2000M以下しか走っていない(でも14戦14勝)フランケルの価値も上がるわけ(産駒も同じ距離しか走らないのではという疑念があったが、フランケルの父は超良血のガリレオ。これでは知らないわけはないと思うんだけど)で、これは大きいというところか。日本的に言ってしまえば相性があまりよくないサドラーズウェルズ系の中では久しぶりのG1馬ということに。次回はダービーの予定。

 またこの手の話の報道が大きくなってきたなあ。ただしこれに関しては大きく報道しないとだめだけど>仙台。4月に自殺をした生徒に関していじめ問題も浮かび上がってきたのだが、同時に教師の体罰的なことも発覚。発覚したのはいいけれど、一つの寝ていた生徒の頭をはたいたというのは寝ているから起こすための物だから事情を知らなければ体罰には当たらないだろうとおもう(こういうケースの場合生徒側が原因を作ったケースというのも存在する)のだが、うるさいからといってテープで口ふさいだ女性教諭のほうは問題にしないといけないケース。おそらくこの生徒がこういう行為をしなければまず出なかったという話んなんだろうけれど、この手の話の中でひどい教師が出てくるというのは今に始まったことではない。はっきりとした形で社会問題のきっかけになった中野冨士見中のいじめ自殺なんかは教師までしっかりと協力をしていた節があり、その後の処分のなかでおまけの事項も発覚したために教師の職を失うなんてこともあった。そういう意味で言えば一部の教師というのは何も見てきたんだということになる。しかし問題なのはこれが市全体に及ぶということ。今年に入ってすでに3人もこの手の話で自殺をされていて、はたしていじめ対策がうまくいっているのかどうかというのが疑問符に思えてしまう。特にいじめの場合はいじめっ子にどれだけの自覚をさせるのかが大きなカギ(自覚するころには自分がいじめられっ子に転落しているなんて話もよくあるし、オカルト的なことを体験しまくった後に……なんて例もある)になるので、それをさせているのかというのも大きく気になるところ。勿論あくどいと判断した場合は、それなりの処置というのを考えなくてはいけないのだが、いかんせん3人も出しているということを考えるとその対策ができているのかどうかというのは大きな疑問符になってしまう。いじめについて根本から考え直す時期に来ている。

 普通に考えていればこれほど怖い話もない。いじめというのは表には出てこないけれどやっていることは重犯罪のオンパレードで大人の世界でしかも表にはっきりとした形で出てきてしまえば、やらかした人間のフルコンポ(懲役+賠償金+一家離散)の可能性が非常に高い案件で、いくら道徳教育を利用して抑え込もうとしても、たたかれた瞬間に体のあちこちに痛みが残るレベルの強烈な威力の無知も必要だということがいまだに理解していないのが一番の問題だと思う。大人の世界に行けばハラスメントということになってくるのでわかるのだが、やっていることがそれと同じことなのに子供の世界では閉鎖的過ぎるという問題が同じような問題の悪化につながっている。いったんこういうことが起こるなら、それが一定の筋道が付くまでは学校に自主性を持たせるというのは一時的に止めたほうがいいと思うんだけど。少なくとも法律を犯していないという前提での自主性というのが建前にしないといけない問題だと思う。


 いいよなあ、暴言を好きに吐いてその後にこの世を去った人は>天皇退位問題で、その前に行われたヒアリング調査で、一部学者( )が大暴言を吐いたことが話題になっていたのだが、予想通りそれが天皇の逆鱗に触れた模様。中には「祈っているだけでいい」とほざいた学者もどきもいるわけで、この問題でも一部の学者には学者( )がつくのかというあきれ顔になっていた。ただ皇室とこういう手の調査とは確実に対立の構造になっているのはよくある話だと思う。昭和天皇の話で2・26事件において、今も健在の史家の発言を放映したNHKの番組を見たときに大激怒させたという話が残っている。昭和天皇は2・26事件の時に周辺に頼りになる人間がいなくて最終的に自分が乗り出して言って解決したということもあり、実はこの事件に関してはかなりのトラウマ状態になっている。(へたすると海軍が天皇の保護するという意味で比叡に乗せるという話を海軍の一部が作っていたほど)それに触れてしかもコメント的にもよくない番組を作ればぶちぎれるのは当たり前だし、当時は関係者だって生きているはずだからどういう取材方法をしたのか、その方法次第では変態新聞騒動のきっかけになった正月記事でネットを馬鹿にしたようなことから来た大炎上(取材対象者がぶち切れるほど言っていることが違った)を招いてもおかしくない。そういう意味で言えば学者だって言っていることに対して責任を持つべきなのは当たり前なのだが、それが軽くで済まされないというレベルもあるということもはっきりと覚悟しなければいけないと思う。

 結果的に地位のある人間ほど自分の言動についてどれだけの影響を与えるかというのを全く理解していない節がある。池田隼人や板垣退助のようにその場にいた人間によって言葉というのものはよく書き換えられるのはよくある話だが、それを引いて考えてみても発言内容が与える影響というのは少しは考えるべきだったと思う。特に今の天皇はアドバルーン知事の考えに対してやんわり(ただしとげ付き)とくぎを刺したこともあることを考えると、それだったらお前が同じようなことをしてみるよということが出てくるのは当然。結局こっちからしてみればいうだけ言って逃げただけと同じにしか思えない。生き方を否定されたという一連の発言を考えると、人権意識なんかこいつらの中になさそうと思われても仕方ない。あるいみお前らも共産主義(極端と極端は転向したときにはもう片方の極端になるとはよくある話だけど)と同じなんだなあと思われてもいいということになるんだけど。本来だったら家庭の事情に足を踏み入れるべきではないと思うのだが、ロイヤルファミリー故にこういうことが起こるとなるとこういう外野の声が問題視されるのは時間の問題だと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

ニーズと現実が一番合っていない学部

2017年05月20日 | 世の中あれこれ

 最近雑誌自体が傾いている少年誌の看板作家(ガチ提督)が公式アプリで甲でクリアーしたという担当からの報告があった今日の艦これ。江風と同じ年の提督もクリアーを確認。(ガンちゃんのスクリーンショットを載せていた)あと気になるのは赤城の中の人だけ。比叡のレベルが147に。148への経験値は約180000。公式4コマは嵐ではなくて山風の回。ニコニコのほうはバレンタインの回。それと公式で401(吹雪たちと同じ絵師)の4周年イラストが公開されたのだが、どうみてもやば目の雰囲気が……

 今日の城。いつも通りの殿レベル上げ。それに付き合ってくれる鍋蓋・乙女たちのレベルが40を超えた。

 今日の血。新ステの設計図集めは終了。先週分のアクセサリーの設計図も来た。あとは底上げメインで。ちなみにメインメンバーの平均が90に届きそう。

 今日のサガ。とりあえずの方向性はイベントステージをメインメンバーでこなしてとりあえず武器一本確保の予定。ただその武器が弓というのはちょっと違和感がある(メインメンバーが、銃・大剣・短剣・根・素手・槍)けれど、まだまだメンバー的に言えば入れ替えの余地があるのでとりあえず確保の方向で。前のように1ターン撃破が難しくなっているけれど。あと超級をクリアーしたら、目玉ドロップの将軍が来たのでそのまんま上級で使用予定。ただ問題なのは小剣使いということ。

 オークスの予想。問題なのは桜花賞馬レーヌミノルが血統的に見てどうなんだという話。父ダイワメジャー、母父タイキシャトルは一見すると2400は無理そうに見えるのだが、ダイワメジャーは地味だけど有馬記念2年連続3着という記録を持つのでじつのところ2500が無理な話ではない。タイキシャトルもワンアンドオンリーを母父として出しているので、実のところは不安定要素は少ないのだが、いかんせん12から16までしか走っていないというのは相当の不安材料になるので対抗どまり。本命はソウルスターリング。怪物の父親とこれまたドイツの大種牡馬の娘(G16勝)との間に生まれたこの娘は血統的な背景はお墨付きのレベルだと思う。問題なのは天候だが、今のところは心配はないだろう。穴として考えるのは堅実さが売りだが、実は若干母父に不安がありそうなリスグラシュー。3連勝で一気に登ってきたモズカッチャンと桜花賞で6着のディアドラ。強い馬はいるけれど、これといった馬が見当たらないので条件次第で何が来てもおかしくない。

 この問題テレビで報道されているところとは別な問題も存在する>最近民主が自滅をしたのではないのかといわれている安部の学校の口出し疑惑。口出し自体はかなり信頼性が薄いのだが、ここにきて別な側面から問題が浮上。実は同時期に京都の大学が獣医学部を作ろうとして実質的に認められなかったという問題が急浮上している。そもそも医学部関係というのは新設が行われている状況ではなく、獣医学部はそれに引きずられる形でなっている(近くに獣医学部持ちの大学があるといっても大阪にある話だしなあ……)のだが、そもそも獣医学部というのは数が少ないはずなのに、こういうことをするとすれば確かに安部に対する疑惑というのも再燃するのは目に見えていた。このためヤフーのコメントなんかかなりギスギスとした文言は流れている状態で悪い意味で言ってしまえば、一度収まったものが沸騰しなおす危険性も。民主党のほうにもブーメラン気味のことが行われている状態だが、いかんせんこの辺りの説明を文科省ははっきりとしないといけないと思う。

 だいたい地域性の偏りとか言うのであれば関西圏にあるのはその大阪の大学だけにしかないわけで、認めるべきだろうし、中部地方にはなんでないのかという疑問も当然出てきて来る。(岐阜にはあるけれど東海としてみると中部地区にはないとみるし、逆に岐阜を中部としてみるのなら東海地区にないということになる)それぐらい地域性の偏りという点においては獣医学部ほど少ないというのもある。山口に大学があるのだから確かに岡山にできたっておかしくはないかもしれないが、同時に大阪にあって京都にないというも割合不自然に感じるし、大阪にだって一つしかないというのもかなり不自然。実のところ獣医学部というのはニーズはかなりあって、それに対するバランスが取れていないというのが現状として指摘されている。おまけに関東や北海道に集中していることもあり、ほかの地域とのバランスもとれていない。そういう意味で言ってしまえれば文科省の大学の政策の根本的なところを責めたほうがはるかに良さそう(国立の医学部を増やさない影響とはいえなんで獣医学部をこれほどまでに偏ったまま50年以上もほおっておいたのかということ)なんだけど。医学部もそうだけど所々で人材不足が目立っているし。

 ちなみに獣医学部のある大学は、(北海道)北海道大・帯広畜産大・酪農学園大/(東北)岩手大/(関東)東大・東京農工大・麻布大・北里大・日大・日本獣医生命科学大/(中部・東海)岐阜大/(関西)大阪府立大/(中四国)鳥取大・山口大/(九州)宮崎大・鹿児島大。こうやって見るとものすごい偏っているのがわかる。(今問題になっているところは今まで存在していなかった四国地区(今治)に建てるということで認められたという節がある。なので中国ではなく四国扱い)宇都宮(農学部の前身の一つ)・陸軍獣医・慶応にはかつてあったのだが……


 報道機関に対してまじりっけなしのことしか伝えないところの創設を、個人にはやらかした瞬間に権利を失うレベルの規制をはよ>フェイクニュース。アメリカ大統領選を大きく揺さぶったのか今回のフェイクニュースの存在。で、最近そのフェイクニュースを作っている人間にインテビューをしたところ、どうも金に困ってやったという言葉出てきている。金に困るとか、そういうことでフェイクニュースを流すのはいいとしてもはっきり言ってしまえばやっていること自体は相当悪質(マスコミサイトのエンブレムを悪用したしている)なわけで、そろそろ本格的にこういう連中に対して本当のマスコミからお叱りの提訴が来てもおかしくない。(もっともその既存のマスコミだって受け取った情報を検証もしないで。そのまま垂れ流すなどのことをしているので五十歩百歩なのは言うまでもないのだが)その前からあるサイトなんかは嘘から出た実という意味で有名なサイトがあるのだが、それと切り分けで考える必要があるとはいえやはり表現の自由と嘘との境目を考えなくてはいけないと思う。ある程度のほうの網をかけないといけないケースだって存在するだろうし、下手するとフェイクニュースの発信者がデマの仕掛人として逮捕される(風説の流布)可能性だって否定が気なくなってしまう。それ故にやるべき規制は二つ。フェイクニュースと認定されたサイトの広告料の差し止めをとっとと推進すること。フェイクニュースを検証するための機関とか組織が必要だという認識を持つこと。そうじゃないとまともなニュースだってフェイクとか言われだしてもおかしくないし、なおさらそれによって受ける被害がシャレにならない可能性だって出てくると思う。

 さらにそれを問題視するのであればコミュニティーの問題。最近ではSNS・ラインなどがはやっているがゆえに、一つの情報が入り込んでしまうとそれがそのまんま検証もしない形で広がってしまうことが出てきているという。結局外部からの本当の情報が入らないということもあり得るという話なので、どこまで風通しを良くするべきなのかというのを考える必要がある。少なくとも大災害時(熊本地震の時に動物園から猛獣が逃げ出したというフェイクニュースが流されたが、よくよく考えてみればそうなった時には警察から傾向が流れ続けるし、NHKだってその情報を流すだろうから)においてはできる限りオープンにしなければいけない。だからこそ起きたのが東日本大震災をめぐるデマだったりする。とにかくやるべきことはフェイクニュースを流した人間の目星を付けること。やらかした瞬間にすぐに動けるような体制を作っておくこと。報道を通さないレベルでの真実の情報を流し続けるようにすること。ただでさえ投稿の話を勝手な自分の中だけの現実写真で嘘とか言っているような連中(調べてみると半分ぐらいが嘘を言っているんだよなあ)が多数いる現在、簡単にそのことを信じるのはどうかと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

それを言うなら自分でやれ

2017年05月19日 | 世の中あれこれ

 金剛105歳の誕生日二次創作ネタが、笑点の状態と重なってしまう今日の艦これ。若い時にはそうではないのだが年を取ってくると薬漬けになってしまうという意味(歌丸時代にはこれをネタにしていたことも)で。ちなみに18日は時雨の誕生日でもある。ガンちゃんのレベルが20に。

 今日の城。殿レベルを92に。ガチャの結果はふっくー。

 同も出てこないまま終わりそうな今日の血。艦これのドロップ率計算機で出現率1パーセントの状態で100回すと出てくる可能性は63パーセント。地味にこの数字はきつい。80回に直すとこれが10パーセントずつ増減する。結果的に出なかったよ……最後の12回は、ヤマトタケルが力尽きるほどだったのに……

 今日のサガ。4週目突入。おまけのおかげでようやく二本目の上級武器を手に入れる。手に入れた(メイス)のはいいが効果が実感しづらいなあ……

 これストーカーまで付けたら確実なんだろうけれどな>東京江戸川で起きた強盗殺人事件。被害者が未成年だったこともあり、最近では公表しないケースもあるのだが、遺族が事件の風化をさせないようにとのことで全公表に踏み切っての裁判が行われる。遺族は当然局系を求める方向でいくのだが、強盗殺人においても永山基準がそれなりに適用されるため、よほどのことがない限りは無期懲役で収まる可能性が高いものの、今回の場合は犯人の言動と弁護方針に矛盾があること、犯人に借金があること、さらに性的暴行も働いていた(R18Gレベル)ということを考えると人一人殺して死刑になるというラインとしては歩かないかのギリギリのレベルの話になってくると思う。これ以上の段階で裁判において重大なことが出てくるとすれば、確実に針が向いて言ってしまうだろうけれど、最近の裁判はいくら地方裁でまともに近い判決が出たとしても、高裁ではまともな判決を出せないほどの問題裁判官が急増している(確固たる事実があって、それが)ために、この温度差が禍根レベルの問題になってきているのは確か(だから問題裁判官をあぶりだすための検索サイトが必要なんだけど)。そういう意味で言ってしまうと弁護士も勝負は交際だと思っている節が見え隠れしている、ただそれ以前の問題としてこいつは永久にこっちの世界に戻ってくる人間ではないのは明白なのだが。

 この31歳は死刑を望んでいるようなので素直に断頭台に送ってやるのが筋なんだろうけれど、いかんせん日本の法律は死刑にしてもらいたいから殺人をした人間を簡単に死刑台に送るということは相当難しい。思考回路が池田小殺人事件レベルの反省なし・しょうもない悪態をつく・再犯の可能性がほぼ確実というれべるであったとしても可能性としては半々だと思ってしまう。(池田小の場合は被害者が8人なのでそれありなしで問答無用だけど)死刑になって死にたいという勝手な思いを適うのには少なくとも強盗殺人レベルでは難しい(たいていそういうことがかなった連中は凶悪事件簿入りが確実な事件を起こしている)ので、その言葉でさえも詭弁としてみるべきなのかどうかというのも一つの焦点になると思う。おそらく量刑の境目は裁判員でも弁護士でも家庭環境でもなく本人の頭の中。こういう事件の犯人の反省という言葉はたいていの場合はその後ろに「したつもり」という言葉がつく。弁護士は家庭環境とか周辺の環境を問題視して原型を狙っているけれど、重大な事件になればなるほど重要になるのは育ち方だったりする、周辺環境は別枠で叩けるときにドンキーコングのマリオのごとく、二度と表に出てこれないぐらいに巨大ハンマーでぶったたけばいい。(ただし親は別。犯人が凶行に走るときには親の影響というのはかなり大きいので)そういう意味で言えばしたことと周辺環境をどう切り分けていくかというのも焦点になってくると思う。


 ぶっちゃければそこまで信用するに至らないというのが過去の言動から明らかになっているということ>アメリカの世論がざっくり割れている理由の一つにロシアが介入しているという疑惑があるから。アメリカだけではなくフランスでもやってしまった可能性を指摘されているだけに、世界各地でロシアに対する信頼度というのが減っている。アメリカではそれが期限ではないとは思うもののトランプがFBIに対していろんな圧力をかけているのではということになり、さらに長官が解任されたことからそれが増してしまうという疑惑になっている。おまけにとうとう特別検察官まで付くという話になってしまい、悪い意味で言ってしまえばクリントン以来のシャレならないレベルの事件に発展しかかっていることになってくる。トランプの頭が回っていないせいもあるのか、ロシアは否定をしているものの外相と会談したときにお花畑の情報を言ってしまった可能性が指摘されていて、トランプはお決まりのマスコミ批判をしているが、すでにマスコミを敵に回したということは何がきっかけですべて掘られる可能性があるということも気が付いていない。(ある意味サッチー騒動よろしくの公共の場においての完全ばれ大会が開催されてもおかしくない状況ではある。あっちの最大の悪人は今は亡き芸能レポーターの可能性が高いとは言われているが……)そういう意味で言ってしまえばトランプの政治的寿命はいつ強制的になくなるかわからないということ。そういう意味で言ってしまうと選択の意味がだんだんとおかしくなっているような気がする。

 どう考えても今のロシアは状況を超えてまで影響力を高めたいというのが丸見えの状況で、結果的にそれが世界的な軋轢を呼ぶことになる。それに見合うだけの能力を持つ人間が今は極端に少なすぎるのが今の政治的な大きな難点であり、悪い意味で言ってしまえば第2次世界大戦の前から引っ張ってきている覇権主義の残骸のふしまで見うけれることがある。ある意味一番警戒を抱かなくてはいけない国が存在する中でそれと同じぐらいもしくはそれ以上のものを警戒しなければいけないというのはこっちだって気が重い。ましてや一部の勘違い野郎が世界中において悪さをしている現在を考えると、かえってその存在がひどいものに見えてしまうことがある。そういう意味で言えばいまだに第2次世界大戦の後始末は完全に住んでいないということ。ましてや朝鮮半島はその残骸を一番受けているところで、しかも誰ものどに刺さった骨を取らなかったからその骨がカルシウムを吸って肥大化した形になっている。要は解決を遅らせた先代たちの付けを今氏は洗う寸前の状態にまで来ているのが今のあの国の問題。当事者たちはとっくにこの世から消えているにもかかわらず残した怨念だけが動かしている。今のロシアを見ているとそれをひしひしと感じることがある。

 


この記事をはてなブックマークに追加

その考えが怖い

2017年05月17日 | 世の中あれこれ

 よく「無知は罪」とはいうけれど、無知すぎたゆえにおお困りという話が、先のランサムウェア騒動のばらまきなんだとか。確かにそれなりの資金は集まっているもの実際来ているのは想定よりもかなり少ないとのこと。理由はXPをかたくなに使っている層を全く理解できていなかったから。大きなところはいいとしても個人ユーザーになるとパソコンの扱い事態に慣れていないし、そもそもビットコインに入れる手段もわかっていないという人もいて、(ここからが笑える)なぜかウィルス作成者がビットコインの入れ方にリンクを張るほど。それでも集まることが少ないという超お笑い状態に。

 今日の艦これ。資材戻し優先でちょっとおざなり気味。

 今日の城。ガチャの結果は雑賀。相変わらずでないときには出ない。今回のボスの小十郎は札属性なのがかなりきつめ。だが、武器ステージ二つは難まで突破。

 今日の血。相変わらずでない。

 今日のサガ。とりあえずクラウン不足は一時的解消。ただ閉塞感がかなり強いかも。一応エッグルートを終了。

 時と場合によりけりだけど、その思いがエゴイズムに見えることだってある>埼玉。スーパードクターに手術を依頼したのに、そのドクターではなく別の石の手術になってしまい結果死亡したということで、遺族が病院を訴えた。大動脈弁の石灰化(おそらく大動脈狭窄症)があったのでその手術ということになるんだろうけれど、いくら心臓の手術でかなりのリスクが付いて回るとはいえ、そのスーパードクターであっても失敗するという可能性を患者側は考えていたのかという問題になってくる。たびたびテレビに出てきた脳外のスペシャリストだって失敗率は結構あるわけで、どういう手術を受けるにしたってリスクはどっかに転がっているかわからないというのを理解していないんじゃないかと思ってしまう。人間なんだからだれにでもしょうもないレベルのミスがあるし、問題の一部は患者に責があるレベルの話(野良妊婦、医者の言うことを聞かないレベルの不摂生、たばこの継続使用)だってあるのに、それを棚に上げての医療ミス攻めはどうかと思ってしまう。絶対に失敗しないというのであればそれは機械の上での手術でしかないと思う。簡単な手術だって状況次第では窮地に陥ることがある。ブラックジャックだって実質的な失敗率は10パーセントを超える。絶対的に失敗しない医者だとすればゴットハンド輝の世界になってしまうわけだし、あそこだってスペシャリストぞろいだ。そういう意味で言えば医者に頼るということも考え物だということになってくるんだろうけれど。

 なんでこういうことを言ったのかというのは、前にあるテレビタレントがとんでもないレベルの大問題発言を吐いたことから。どうもそのタレントは医者は何でも治せると思い込んでいるらしくて、それができないとわかると散々文句をテレビ上で言っていたことからそのタレントが逆にたたかれる結果になったんだけど、医者というのは万能ではないし、そもそも何でも治せるとしたら難病という言葉がいらなくなる。もっと言えば医者だって当たりはずれが極端に激しいわけで、中には通常では考えられないレベルのことを平気で著作で述べてしまうトンデモ医者だって存在するほど。わるいけれど医者が患者を確実に治せる数というのは一生のうちでもそうは多くないと思っている。重い患者を診る機会が多ければ多いほどその確率は少なくなっているといってもいいだろう。例に挙げるなら同じガンであったって、できた場所によってはその生存確率は大きく違ってくる。他人に頼る前に自分でまずはそれを知るということも当然大事になってくる。それに人間というのはいくら完璧であっても些細なところからミスをすればそれが連鎖するということだってあり得る。


 こういうのはなんだと思うかもしれないけれど、いずれ起こると思っていた>最近痴漢にあったといってその加害者を捕まえようとしたら、加害者が線路に降りて逃げてしまうという話がたびたび出てきて、危険地帯を自ら踏み込むようなことをするバカな奴がいるもんだなあと思ったのだが、同時に別な側面を考えてきてしまった。それは置換冤罪から逃げようとして、逃げ出してそのまま死んでしまうケース。そしてそうかもしれないという事例まで起きてしまった。その中の一人の加害者と思われる発言が出てきてこれが大炎上になっている。それは自分は「触られた気がしたので後ろを振り向いたら男が謝っていたから痴漢だと疑った」というもの。事実であったとしてもこの感覚というのは相当恐ろしく思えてしまう。気がしたのであって実際に触っていないんじゃないのかという声は当然上がってくる。それによってこの男の人生は閉ざされてしまったわけなんだから、どっかでこういう件を口にした瞬間にドン引きされる可能性だって存在する。実は少し前に同じようなことをして人の人生を破壊してのほほんとのたまった女性の話が投稿されていて、結局自分が人の人生を破壊したことに気が付いたのだが時すでに遅しの上にスレの住民の私的にぶち切れ→逃げたという話がある。確かに痴漢という行為自体は立派な犯罪だが、問題になるのは痴漢に関して言えばほかの犯罪も誘発しやすいこと。美人局とか、置換冤罪とか、それに関する罰則が緩すぎるもの大きな問題だと思っている。

 老人の運転問題と同じで、同じことを報道しすぎ。同じようなことはかつて起きていたんだと思う。ただ最近は自分たちも報道記者になってしまうことからその行為も実況中継されてしまう。結果的に状況だけで言えば痴漢をする男が悪いという形になっているものの、今回の話だけを単純に解析するならばその状況は同なんだということもよくある話だし、それによって人生が破壊された時にその代償を負わせないはさすがにシャレになっていない。(もっとも極端な話として代償が賠償金ではなくて、この女性の命なんてケースも存在するんだろうけれど)むしろ痴漢を社会問題化するのであれば、えん罪のほうも社会問題化しなければいけない。そもそも性犯罪だってクローズアップされているのは男→女だけであってその逆や同姓での事件というのは極端に少ない(アメリカだと女教師が生徒を性的に……なんて話は1年に数回出てくるけれど)。自分が被害者ぶってその実加害者だったということもよくある話。そういう意味で言えばフレックスタイムの徹底や、交通システムの再整備も含めた基本的なスタイルの再構築も求めていなくてはいけないと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

その健康志向は自分にとって有用ですか?

2017年05月16日 | 世の中あれこれ

 つまり国後をめぐる上下関係は神風>国後>子日ということかとおもってしまった今日の艦これ。自分のせいで艦としての人生にとどめを刺してしまった神風にはまず頭が上がらないだろうし、子日は当時下だったらしいし。(当時海防艦>駆逐艦という関係だったので、クラスが上だった国後(艦長大佐)に対して子日の艦長(中佐)がどけといったのがきっかけ)ちなみにキスカ組からは相当恨まれるかもしれないとのこと。(多重衝突事故のきっかけ。該当者は阿武隈・若葉・初霜・長波)資材の回復を図っているところで今回もバケツ以外は順調。鉄鋼はもともとヘリが少なかったものもあってカンスト。燃料はカンストから-25000。弾薬とボーキはそれぞれ-18000というところ。夏イベまでには間に合いそう。それとイベントの影響もあるんだけど、レベル98組が一気に増えたなあという印象。夕立・如月・五十鈴・摩耶・ウォースパイト・鈴谷の6人。97組に至っては9人もいる。

 今日の城。こっちは動きらしい動きなし。

 今日の血。すでに50回ぐらい出撃をしているのだが一向に出てくる気配なし。これが一番困る。艦これのイベント掘りよりも厄介だし。

 今日のサガ。特別キャラの将軍よりも、ガチャで落ちてきた戦士のほうが報酬の割合が若干いいので(将軍1,2倍、戦士1,5倍)戦士を利用しての安全圏回り。目標は2500。とにかく上位武器(攻撃力25以上)の手持ちがひとつしかないので、一つでも多く欲しい。(ただしその武器は付随効果はあるけれど攻撃力21)その二人目の将軍がドロップしてきたので勲章行きに。そして地味にエッグルートに突入したまんまで4章に。4→6→8とこなして次は9かランク11。どう転んでも今の状況でランク11は無理なのでランク9をやってかなあと思う。地味にカタリナ(エプロン)がグランドスラムを覚えたのはでかいけど。

 ルメールのうまさが目立ったヴィクトリアマイルの結果。大外れ。

  1. アドマイヤリード
  2. デンコウアンジュ
  3. ジュールポレール
  4. スマートレイアー (○)
  5. ソルヴェイグ

 直線に入ってどれが抜け出すかと思われたのだが、最後の最後でアドマイヤリードが抜け出してG1のビックタイトルをゲット。アドマイヤ軍団は8年ぶりのG1.勝因はほかの馬が外枠を回っていたときに内枠でロスがすくなかったこと、さらに馬場が少し重かったことも要因だろう。重賞初制覇がG1。大種牡馬といってもいいステゴは以外にも久しぶりの平地G1産駒誕生。次回はオークスの予定。

 問題の先輩をうったら確かに何らかの枷をはめられることはできそうだが、2年前の話だからなあ>ここから。(いじめあり。閲覧注意)内容は娘の様子がおかしく一日一食になってしまったとのこと。そこでカウンセラーの相談をしたところ娘のバイト先で先輩にいじめられていることが発覚。今までバレなかったのは娘自身の精神的なものが普通の人よりも容量が大きかったこと。なのでカウンセラーの診断書を持たせていったところその先輩が診断書を破ってしまったとのことで、投稿者が直接という形でバイト先に相談。そこでバイトに行かなくていいとのことになった。(ちなみにこの段階で問題の先輩はクビ)親としてはとりあえずのことはやっているので、今の状況に比べればましだろう。ただ後半の話はスレの住民が余計なことを言い過ぎだと思う。そこから新しい事実が出てきたのでよしだとはしても、親が負担になっているとかかかわり過ぎとか言っているけれど、最終的にそれを判断するのは医者であってスレの住人ではない。親が負担になるというのであれば悪いけれど、そのことがかえって娘の存在自体が親の負担につながるという指摘だってあり得るといってようなもんだと思う。親がバイト先の上と話したのだって結果的に言ってしまえばいじめっ子が妨害をしたから出ざる負えなくなっただけにしか見えないし。

 この問題の先輩を訴えれば(いじめによる傷害・名誉棄損に文書破壊に脅迫)間違いなく賠償金は取れるだろうし、ケースによっては刑務所の中に行ってください(むしろセットだこれ)というレベルだろう。悪質さが極端に目立つ。はっきり言ってしまえばこういう勘違いマウンティング野郎は、何らかの形で強大なレベルの痛い目に合わせなければまず治る気配はない。(ただしこういう連中の頭の中はやれば傷つくからではなくバレなければいいということなんだろうし)おまけに自分のしでかしたことの意味が全く理解できていないし、そのために首になったって当たり前のことなのにそれが全く理解できていない。はっきり言ってしまえばこのままの頭の中で社会復帰させても意味がないレベル。いじめなんかやっていれば今の世の中コネでもない限りは首を切られるのは当たり前だし、それによって投稿者の娘を責め立てるのも大きな間違い。結局は自分で自分の首を絞めただけ。むしろこのいじめっ子のほうには最初から心療内科ではなく精神科に行ってそのまま帰ってくるなというレベルの話。そこでなんかの病名が付いてしまえば賠償金が取れなくなる可能性もあるが……


 ある医者のパワハラまがいの言葉から、医者の言う健康に対する信用というのは消えた>7月の都議選に受動喫煙規制としての店内での喫煙禁止などが持ち上がってきた。これは東京おりんっピックなどに合わせたルールを今回も当てはめるようとする厚生労働省ともとからたばこ規制をしたがっている間違った健康志向を推進しようとしているW(A)HOと、それに対して店の売り上げが落ちると言い張っている自民党との争いになっている。厚生労働大臣が役所の側に立って擁護をしているものの、つるし上げを食らいまくっていることから次の厚生労働大臣は後退するんじゃないかという勘繰りまでなされている。受動喫煙の問題というのは確かに差し迫った問題であることには間違いがない。事実として駅の前のしかも喫煙所の隣で自分の頭よりも高いところに挙げたまま歩いているばあさんの姿を見た時には、ある種の殺意がわいてきてしまう。それ故に歩きたばこの規制をもっと徹底しろというけれど、実のところ過去のオリンピックの都市においては歩きたばこの規制なんかしていないという話もちらほら。徹底的にやるのであればオリンピック・パラリンピックの期間中はたばこの販売自体を禁止にすればいいだけのこと(単純所持も含む)だし、禁煙する人間に対して国が保証金をつけることも必須になってくる。だからこそ言いたいのだが、いつか厚生労働省と生産者保護のために普段の品を無理やりに上げたいとほざき始めた農水省(そこまで言うのであれば自分達だけでその値段での生活を年間288万円でやってみろ)、さらに消費税アップをもくろみ過ぎて悪人の中の悪人になっている財務省のトップクラスの人間が恨みを盛った連中に刺殺されたっておかしくないと思ってしまう。

 そこまで言うんだったら形上だけの健康至上主義に等しいW(A)HOのような考えも規制対象に入れてほしい。前にも何度も言っているけれど、健康に気を遣うあまりそれがストレスになって逆に自分の寿命が縮んでしまうなんて言うことはよくある話だし、日本においてはみのもんた症候群とかあるある大事典騒動のように大ごとにしてしまう連中が多数いるために、何が本当において健康でいられる要素というのはつかめない。なおさら厚生労働省ぐるみでトクホというある意味詐欺行為に等しいともいわれることもちらほら。健康であるのは一番だが、何をもって健康とするのか健康的な生活というのはどういうものなのかというのを実践して実際に見せない限りはいくら何を言っても信用するに値しないと断ぜられるのが目に見えている。(実際信用できないんだけど)W(A)HOも同じ。SARSの時に頑張った医者を除くと、少なくとも医者の不養生を地でいっているような連中が明らかに多いような気がするんだけど。あとジュースの中の糖分を角砂糖何倍分ということをやっている連中も、それ抜きの生活をしたければご飯類は食べれないのですがといいたい(好みの問題で缶コーヒーはたいていは微糖だが)し、週刊ヒュンダイに出てくる今の医療を疑え的な医者なんかいずれ糾弾対象にされるのが目に見えているんだけど。(むしろそのタイトルをもじって言えば、その出版社の中にしょうもない犯罪を数年間の間に一人でも犯した人間がいればその会社自体の雑誌を疑えといってもいいんだけど)


この記事をはてなブックマークに追加

安全管理と情報管理

2017年05月14日 | 世の中あれこれ

 さんざん言われているのにやらかしてしまうというのは相変わらずいるようで、それが閲覧注意レベルだと余計に増えてきているような気がする。ブラジルで16歳の少女が飼っているモルモットを電子レンジで公開処刑したところを動画に出して予想通りの大炎上。幸いモルモット自体は命は助かったものの、本人は動画を孤介して有頂天になった挙句に大炎上のさなかに逃げ出してしまっている。これ公開した段階で周辺からうける者に対して何も考えていなかったんかということと、こういうのが典型的な「無知は罪」といわれる行為の一つだと思うんだけど。

 今日の艦これ。新規海防艦の中では1-5で択捉を育成中。更にルーチンワーク組の中にガンちゃんと春日丸を入れてこっちも育成を開始。

 今日の城。時間的タイミング被害を受ける格好に。一応強化自体はある程度進んではいるが……

 今日の血。あれから26回中級を繰り返したがロキが出てこない。これは現在のステージを回る→紫玉回復用の玉を手に入れるということもしなければいけないのかなあ。意外に期間が短い。

 今日のサガ。ランク10エッグルートが激ムズのために一回撤退。ほぼ全滅状態になりかけた。ので、しばらくはアイテム集めを兼ねてのイベント。運よくメインドロップの将軍扱いと、前にそれよりもドロップ率のいい戦士がいるのでそれを活用するつもり。さらにここでガチャも使用。(ほとんどが新戦力にならないと判断)このメンバーを回収に充てて一気にアクセサリー工房のランクを5に。できるのは月曜日。orz

 墓穴>トランプが自分の疑惑を払しょくしようとしたら余計に深まってしまった件。選挙の件でロシアとのつながりを指摘されたトランプがFBIの長官を買い越してしまったという話になり大騒動になっている。あのニクソンでさえFBI長官を解雇することがしなかっただけに、この話は衝撃というよりもどうしようもないレベルの笑い話としか言いようがなくなってきている。沈静化していたと思われるトランプやめろデモもこれで復活。さらに言い訳がましいことを平気でのたまっている段階でますます自分の疑惑が深まっているとことになってしまっている。傍若無人といえば聞こえはいいかもしれないが、下手するとアメリカの憲法を超えた動きといわれだしているだけに、素人が本当の意味の馬脚を現したという指摘をする人まで出てくるほど。

 まだ今のFBIがこの状態だからいいとしても、もしフーヴァーがこの世に生きていたとしたら間違いなくトランプレベルの人間だと大統領になある前に確実につぶされて終わっているということぐらいは頭の中で描けないほどなんだろうなあと思ってしまう。ちょうど生きていた時期がフーヴァーの晩年にあたっているだけに、もし資料が残っていてトランプファミリーに関して重大な過去が残っていたとしたらおそらく今でのたたかれる要因になっていると思う。おまけにロシアとの関係をしょっちゅう疑われている状態だし、ロシアがフランスの大統領選に無理やり割り込んだのではという疑惑までたってしまっている。(可能性としては低いとは言えないレベルでありだとは思う)ただでさえマスコミを敵に回しているトランプで、この疑惑がさらに深まるようであるならば健康問題を潜在的に抱えている状態での8年というのはさらに遠い峰だと思わざる負えない。下手すると中間選挙終了の段階で共和党自体が大崩壊をしてもおかしくない段階にまでなってきた。いくら共闘の中の支持者が**すぎるとはいえ、こんなものをいただいている限りは自分たちにとっても上がり目は薄くなってくるんだし。


 これは作ったところは土下座レベルの話ではないよなあ>世界各地でランサムウェアによる攻撃が行われいてその規模が世界最悪レベルだという話。攻撃を受けた国は100にも上り日本の会社の現地の会社なども被害を受けたもの。イギリスでは医療システムに直撃して手術ができなくなるほど。マイクとソフトが臨時的にXP用のパッチを用意するかもという報道が流れるほどになっている。今現在世界中で経路を解析して犯人探しをしているものの、経緯が明らかになるにつれアメリカの安全保障に対する不信感というのが増してくるレベルになっている。というのも今回の問題の発端とされるのは、アメリカ国家安全保障局が作ったハッキングツールが、ハッカー集団にハッキングされて盗まれてさらにそれを公開した事から一気に広まったもの。あるいみこのハッキング集団をいち早く探し当てるのもそうなのだが、このハッキングツールの管理方法に大きな疑問符を残ることをやらかした安全保障局にも当然ながら批判の対象になるのは間違いがない。FBIの一件で窮地に陥っているトランプにとっては格好の叩き直しのネタになるだろうというレベル。そういう意味で言えば安全を管理するところが安全を軽視しているのはどういうことなんだというのを当事者たちに聞いてみたいところ。

 なにせこの問題、一番怖いのはハッキングされたパソコンを管理する人間が何を考えているのかわからないレベルの行動をとっているということ。システム上の管理は立派であっても、それを管理する人間にそんな意識がなければとんでもない事態を引き起こしたというのは逗子のストーカー殺人で明らかなっている。(いくらガンガンに口で言っても、コンピューターを扱う人間が面倒くさがって情報閲覧をできるようにしてしまっているのでは意味がない)恐らく本当の犯人探しと同時にやらかした職員を探すということも同時にやらなくてはいけないレベルの話だろう。すでに損害だけで言えば相当の金額に上っているだけに、ただ単に盗まれましたごめんなさいというレベルではなくなってきている。ビットコインの問題もまた急浮上(身代金をビットコインで要求しているため。はっきり言ってしまえば金を払ったところで元に戻る保証がないし、その金額であれば代わりの低価格帯のパソコンを買ったほうがましというレベル)している今、改めて普通に使う時の対処というのを思い出してほしいのだが……少なくともアメリカのトップクラスの組織の中にも(しかもセキュリティをつかさどるところ)安全意識がないというのは発覚してしまったんだし。


この記事をはてなブックマークに追加

子供だからといって許せるものではないもの

2017年05月13日 | 世の中あれこれ

 今日の艦これはもう少ししたら再開。今リザルトの編集中。公式4コマは5月についての小話集。ガーデニング姿のウォースパイトにGJ。ニコニコのほうは節分会。鬼怒がここでも鬼に。そしてオチは地獄金剛。

 今日の城。特殊ステージはマルボルクがいるおかげでかなり楽に。足止め+完全巨大化すると近接の防御無効というのは大きい。

 今日の血。とりあえず8回分はたまったので久しぶりに虹灯明祭り。ただこのところの傾向を考えるとシャレにならない予感が。で、その結果。新入りはアメノワカヒコ。(赤金の巫覡)メンバーだけを見るなら悪くはないんだけど。もう一人新人がほしかった。そしてメンテ明け。ロキが手に入るそうなんだけど、果たして確率はどれぐらいになるのか。とりあえず16回分やって出てこない。

 今日のサガ。とりあえず3周目の3章に突入。たぶんエッグルート。一応ノエルを撃破。(シナリオランク10)今回ためた分に使うガチャに関しては、強大な特典が出るまでは待つという方向で。いずれ1000ちょっとたまるのは時間の問題だろうし。ただとにかくカバが嫌すぎるところにいるのが一番の問題かと。やっとアクセサリー工房のレベルが3に。(魔法は4)

 ヴィクトリアマイルの予想。本命はミッキークイーン。なかなか勝てなかったが阪神牝馬Sでようやく勝利。その余勢をかって乗り込んでくるのだが、スタミナ勝負なった時に若干の不安が残るのが難点か。ただそれなりの状況でも掲示板には乗っかってくれるので本命に。対抗はスマートレイアー。京都記念2着という実績がある通り能力とスタミナに関してはミッキークインとはそう大差がないとみる。ただ年齢的なことも見て考えると今がピークなのかそれとも衰えているのかがつかめないのが難点。穴は評価を落としているクイーンズリング。抑えとしてレッツゴードンキとルージュバック。今年はそれなりのメンバーが来たことでそこそこのレースは期待できそうだ。

 一番の問題は脂の乗りきる時期を前にしての切り捨て問題>日本のあるテレビ局が出してきてフリップが大統領選が済んだ韓国のネットの間でちょっとした話題になっている。フリップに書かれていて言葉は「ヘル朝鮮」。一見すると某巨大掲示板の連中が作ったのではと思う人もいるかもしれないが、この言葉を作ったのは向こうの人たち。意味で言ってしまえばいくら頑張っても韓国の場合はそれを拒むようなとんでもない事情が隠されている。しかもこの言葉は日本で言うプロ市民と同じく本来の意味とは全く違う意味で転化されてしまった言葉。この世代が今回の選挙においてノムヒョンの親友(果たしてどういうあだ名をつけてやろうかと)に票が流れたという話なんだけど、はっきり言ってしまえばヘル朝鮮という言葉がそう簡単に改善ざれるかどうかというのは実のところこれから一年ぐらいしか時間がないと思っている。この言葉の最大の裏にはコネ問題とか財閥が無駄に力を持ち過ぎたとかいろいろな問題がある。そういう意味で言ってしまえばクネクネたちがやらかしたおかげで一部財閥がぐらぐら揺らめいているのだから正常化に戻すとすれば数少ないチャンスだろう。それでもたぶん無理なんじゃないかと思うのは砂糖に群がるアリのような不正を働いて足を引っ張ることしか考えていないような連中の存在。少なくともノムヒョンの友人であるということを考えるとその可能性だって否定はできないとは思うんだけど。

 ある作家はヘル朝鮮は世界的にも起きているといって批判されているけれど、韓国ほどそれがバカのようになっている国というのはそうそうないと思う。大学を出たといってもソウル大学のようなところ以外の大学を出たというのでは話にもならないし、それを勝ち抜いてきたとしても簡単に就職ができる状況ではない、さらに38歳になるとリストラされる傾向が強くなるために38歳の壁(38度線ではない)なんて言葉も存在する。そういうことを考えると確かに最近の企業文化というものは昔に比べるとシビアになった分おかしい部分も目立ち始めているのだが、できる出来ないというだけでここまで人を区別とするという国民性はさすがにどうかと思わなくてはいけない。だからそこから強制的に排除してしまった人間の中に、天才レベルの人間がいたとしてもおかしくはない。つまりが現状のシステムを作った人間の付けがこういう言葉になっているということ。そういう意味で言えばこういう動きをするのは当たり前のことだとは思うのだが、いかんせん韓国の新大統領もトランプもこっち側に近い人間じゃないということは理解していないんじゃないかと思う。

 フランスの選挙でもそうなんだけど、どうも大統領選の支持を見ると砂上の楼閣の予感が。もし決選投票があって、だれ一人この候補を支援しないとしたら間違いなく負けていたという感じが。


  矯正も効かないだろうしいなあ>大阪。コンビニの菓子棚に放火しようとした小学生が補導される。すこし燃えたもののすぐに消化できたので大ごとにはならなかったものの、この小学生この年で放火に染まるということは、ある意味これから一生こういう衝動と戦う気がないんだろうなあという感じが最初にしてしまう。この手の話は一度どういう形でやってしまえば、次の可能性を本人以外の周辺は考えなくてはいけないということ。しかも変に目撃をされてスルーされてしまったケースの場合は連続放火という形もあるほどだし。ある意味最初の段階で止まってよかったともいえるのだが、この小学生の扱いをどうするべきなのかというのを考えると同時に、こいつの親の顔が見てみたいという感じがする。年齢的に言えば矯正が聞かくなるなる可能性だって高いと思われるし。

 当然な話なんだけど、下手すると大火事になりかねない要因なんだから小学生といってもはいそうですかといって済ませることではない。むしろ小学生だからこそ言い聞かせるないし、雷親父よりも怖い警察官集団の中でみっちり説教を食らわせるとかの処置が必要になってくると思う。単純に学術的な要素からくる矯正というのはこのケースにおいても役には立たないと思われる。矯正をするのであれば痛い目に合わせるという因果応報的な処置が必要になってくるケースだってあると思う。それができなかったのか神戸の連続幼児殺害事件だと思っているし、おそらくこれからも似たようなことが起こると思う。だからこそ矯正と同時に罰を考えるといけないケースだって同時に出てくると思う。神戸の場合だって矯正が終わったと確認された段階でしかるべきに入れておくべきだったと思う。(少なくとも大人の世界だったら死刑相当なんだし)そういう意味で言ってしまうと子供に対しての考え方というのも考え直さなくてはいけないと思う。


この記事をはてなブックマークに追加