ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:「隔週刊:大映特撮映画DVDコレクション」関連情報 2015/06/25

2015-06-25 16:20:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「 ライヴガメラ /06/25 」はこちら

前回更新分の「 /06/12」に続きまして、
昨年9月より、デアゴスティーニ(GeAGOSTINI)から発行中の分冊DVD集、
隔週刊:大映特撮映画DVDコレクション」に関する、レビュー記事など関連情報のまとめです。
http://deagostini.jp/det/


 前回の「 /05/18 」では、「第18号Get」をご紹介。
第8号 を てにいれた:
集めています…
http://kumax15.hamazo.tv/
さん、6月14日の更新。
ガメラ対バルゴン 【写真あり】
http://kumax15.hamazo.tv/e6172750.html
 発売時年末年始だったので買い逃して、なかなかお目にかかれなかった第8号をやっと見つけた。
本体カバーのお写真1枚を掲載して、
「 「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」です。
以前買った中で見ていないものがあるので、今から見ようと思います。 」


 「 金子版視聴記 /06/23 」での「 ガメラ4 Chapter31 」ご紹介、と前後しましたが、
第21号のご紹介記事:
フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所
http://blogs.yahoo.co.jp/hukuromusi1017/
さん、6月16日の更新。
透明人間と蝿男 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/hukuromusi1017/65069900.html
 行きつけの本屋さんで偶然発見して、「虹男」と同じく東宝の怪奇人間シリーズとイメージがダブったので好奇心でGET。
「 ガメラシリーズによく出演されてた北原義郎さんが主役の若林捜査一課長役、のちのTV時代劇「素浪人月影兵庫」の人気者焼津の半次の品川隆二さんが二枚目の月岡博士役で活躍してます
また悪代官の代名詞みたいな伊澤一郎氏が蝿男の黒幕楠木を演じています
まあ、めっちゃクラシックではありますが、当時の時代風俗や昭和30年代初頭の東京の雰囲気がよく伝わって、それだけで懐かしい気持ちにさせてくれる作品デッス 」
 作品自体は突っ込みどころ満載だけど、細かいことには目を瞑って昭和30年代の空気感を楽しむ作品かな、との由。^^)ノシ


 こちらのご紹介は、「 14/12/13 」以来となります。
第22号が届いたよ:
Pochi's Diary
http://green.ap.teacup.com/pochi/
さん、6月22日の更新。
赤胴鈴之助 新月塔の妖鬼 【写真あり】
http://green.ap.teacup.com/pochi/779.html
 本体カバーのお写真1枚に、あらすじ紹介と主要スタッフ・キャストのリストを掲載。
シリーズ5作目にして初のカラー作品、なんだそうで、
「 同シリーズには第3作「赤胴鈴之助 鬼面党退治」、第4作「赤胴鈴之助 飛鳥流真空斬り」があり、これらに登場した鬼面党との決戦を描いています。何故か第3作と第4作は、本DVDコレクションにラインナップされておりません。 」
との由。


 前回ご紹介 の「 第21号レビュー 」に続き、
第22号を詳細レビュー:
ぬるい特オタの備忘録
http://blogs.yahoo.co.jp/hknnwj/
さん、6月24日の更新。
大映特撮映画DVDコレクション22 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/hknnwj/20132616.html
 第22号の作品は1957年(昭和32年)公開の「赤胴鈴之助・新月塔の妖鬼」。
本体カバー&ブックレットの表紙写真から、折り込みポスターの表裏を含めた全頁のお写真を見開きで掲載、の構成はこれまでと同じ。
「 表紙を開くと公開当時のポスターが折り込まれて、その裏(3~5ページ)に鈴之助、鈴之助を助ける白頭巾、雷之進、鬼首一門の紹介、変化屋敷の解説、この5作目が実際には「第3話」になること、今作の見どころなどが掲載されてます。 」
この「赤胴鈴之助」シリーズ、ほぼ1ヶ月1本のペースで製作されていたんだそうで、シリーズを通してみるとセットや殺陣・映像効果・音響などいたるところが一作ごとに改善されているのがよくわかるんですって。


ちなみに公式サイトの既刊・次号予告(創刊-20号分、21-40号分) による発行リストは、
 9月02日  創刊号;大怪獣ガメラ ('65)
 9月16日  第2号;大魔神 ('66)
 9月30日  第3号;ガメラ 大怪獣空中決戦 ('95)
 10月14日  第4号;ガメラ2 レギオン襲来('96)
 10月28日  第5号;大魔神 怒る('66)
 11月04日  第6号;ガメラ対ギャオス 大怪獣空中戦('95)
 11月18日  第7号;ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(‘99)
 12月02日  第8号;ガメラ対バルゴン 大怪獣決闘('66)
 12月16日  第9号;大魔神逆襲('66)
 12月30日  第10号;妖怪大戦争(昭和版) ('68)
 1月13日  第11号;ガメラ対大悪獣ギロン('68)
 1月27日  第12号:小さき勇者たち~GAMERA~(‘06)
 2月10日  第13号:宇宙人東京に現わる(‘56)
 2月24日  第14号:ガメラ対宇宙怪獣バイラス(‘69)
 3月17日  第15号:首都消失(‘87)
 3月31日  第16号:ガメラ対大魔獣ジャイガー(‘70)
 4月14日  第17号:妖怪百物語(‘68)
 4月28日  第18号:ガメラ対深海怪獣ジグラ(‘70)
 5月12日  第19号:赤胴鈴之助 第一部 赤胴鈴之助/第二部 月夜の怪人(‘57)
 6月09日  第21号:透明人間と蝿男(‘57)
 6月23日  第22号:赤胴鈴之助 新月塔の妖鬼(‘57)
http://deagostini.jp/det/backnumber.php?id=44832&issue=22

今後の刊行予定は、
 7月07日  第23号:日蓮と蒙古大襲来(‘58)
http://deagostini.jp/det/backnumber.php?id=44832&issue=23


 本日は、あと2本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:ライヴなガメラたち... | トップ | ガメラ:特撮リボルテック関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。