ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:フランケンウィニー視聴記 2013/01/03

2013-01-05 16:00:00 | ガメラ
 ※) ロードショー公開後の映画作品に関する情報まとめ記事ですので、以下ネタバレ満開状態でございます。
そういうの苦手な方は、本項はスルーして下さいね。
現在公開中のディズニー最新作3D映画『フランケンウィニー』(ティム・バートン監督)に
http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/
ガメラが登場する件についての情報まとめです。
 12/12/31 」の続編で、元旦以降2日までの鑑賞記をご紹介。


 金子修介監督が、元旦早々からのご鑑賞:
金子修介の雑記 "Essay"
http://blog.livedoor.jp/kaneko_power009/
さん、1月1日の更新。
2013 謹賀新年 【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/kaneko_power009/archives/51377098.html
 新作『百年の時計』は、5月にテアトル新宿にて東京公開以後全国展開の予定。
「 ところで大晦日は『フランケンウィニー』を観て脳を刺激されていたらガメラみたいな奴というより殆どガメラが出て来て更にクラクラしてました。ティム…… 」
 あれは、やっぱりガメラなんですな。 ^^;)


 拙Blogでのご紹介は、「深海獣零号関連情報 08/12/09 」以来で丸4年ぶり。
bobby`s☆hiroのシネプラザ+α
http://blog.goo.ne.jp/bobbyshiro/
さん、1月1日の更新。
怪獣映画のノリで楽しめる「フランケンウィニー」 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/bobbyshiro/e/7828a3c9bd78c3bf9b0acba27b737308
 古風なモノクロに最新の3Dを盛った、古き良きな感覚の作品。
2D版で観たけど、3D吹き替え版でも楽しめそうだと久しぶりに思った由。
「 生き返ったウィニーは
やはり微妙に凶暴に?
   ↓
このあたりは「ペットセメタリー」やな~
後半まるで「ガメラ」が出る? 」
 「フランケンウィニー展」展示のガメラと、トレーラートトとの記念撮影と、お写真2枚が掲載されております。


 元旦でも1日は映画の日、って事で:
真壁の、のほほんblog
http://blogs.yahoo.co.jp/oohasikun/
さん、1月1日の更新。
「フランケンウィニー」を観た~☆ 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/oohasikun/7590732.html
 甥っ子さんの付きそいで映画館へ~
「 ディズニーだから、ああいうラストになっちゃったのかなぁ。
あの手前、涙流しながらのお別れで、綺麗に終わった方が良かったような気がするような。
まぁツッコミどころはラストだけではなく、まぁ至る所にツッコミどころはあるんですよ。
特に、あのガメラについては、マジで誰かに説明を求めたい‼(笑)
あのガメラが登場するまでは、微妙にコメディちっくでありながらもゴシックホラーテイストをまだ感じさせていたというのにね。
あのガメラの登場で一気にギャグに転落してしまった感が否めないと思ったのはアタシだけかい? 」
 ガメラはギャグじゃないお。^ω^


 映画の日だから:
GON53
http://blogs.yahoo.co.jp/fjrjt369/
さん、1月1日の更新。
妖怪VSフランケン? 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/fjrjt369/10412824.html
 「映画 妖怪人間べム」と「フランケンウィニー」を1000円で見てきたん。
榎本明の役のほうがべムっぽかった…
フランケンは 白黒やった。
「 いぬ やから こわない
そのぶん
出てくる 子供のほうが 
ちょっと 
こわいし 気持ち悪かったな~ぁ!
あっ 
それと
ガメラみたいなやつが でてきたな!
ちょっと 変な か・ん・じ やん! 」
 妖怪vs腐乱犬な一日、でしたとさ。^^)


 TOHOシネマズスカラ座にて、3D字幕版をご鑑賞:
新・快楽主義宣言
http://yowayowa.at.webry.info/
さん、1月1日の更新。
FRANKENWEENIE 【写真あり】
http://yowayowa.at.webry.info/201301/article_2.html
公式サイトから、キャスト集合図のお写真1枚を転載。
総合評価は、★★★☆。
「 いろんなモンスターや、怪獣(これは、ティム・バートンによる日本の怪獣映画『ガメラ』に対するオマージシュ)までもが登場し、街を大パニックに陥れるのだ。
あまり教訓めいた結末は古臭いという人もいるのかもしれないけれど、僕としては、やはりスパーキーの蘇りに“二度目”は無いと思う。 」
 ヴィクター&スパーキーのフィギュアやピンズを(楽天商店へのリンク付きで)ご紹介。


 Tweetまとめに鑑賞記:
ゆけゆけ僕らの人民解放軍 飛び出せ天使たち
http://barusukye.blog94.fc2.com/
さん、1月2日の更新。
01/01のツイートまとめ
http://barusukye.blog94.fc2.com/blog-entry-612.html
「 01-01 13:04
フランケンウィニーみに倉敷に
 01-01 14:47
倉敷イオンモールなう。すごいひと
 01-01 14:51
フランケンウィニーはガメラが出るらしい
(中略)
 01-01 17:12
フランケンウィニーみた。子供が怖いと叫ぶいい映画
 01-01 17:12
そこまでガメラじゃなかったフランケンウィニー
(中略)
 01-01 20:09
フランケンウィニーでツインテール体育教師の声が気になっていたが、芸人のハリセンボンとしってびっくりした
 01-01 20:15
フランケンウィニーのツインテール率の高さといったら 」
 ををっ実はツインテール愛こそが隠れたテーマだったのか! (マテ


 ネタ探し:
ナンバー921の叫び
http://wilee921.cocolog-nifty.com/cryingwilee921/
さん、1月2日の更新。
上機嫌ウィニー
http://wilee921.cocolog-nifty.com/cryingwilee921/2013/01/post-698f.html
「 日系人の少年トシアキの名はどこから来ているのかと「大怪獣ガメラ」の少年の名前を確かめたら、俊夫だった。 」
 大怪獣ではね。
ちなみに「大怪獣空中戦」では英一くん。 「対宇宙怪獣」では正夫くんとジム。
「対大悪獣」では明夫くんとトム。「対大魔獣」では弘くんにトミー&スーザン。「対深海怪獣」では健一くんとヘレン。「宇宙怪獣」の主人公は圭一くん。


 犬飼いは号泣必至だよ!:
No sweets,No life!
http://ameblo.jp/nanawo7/
さん、1月2日の更新。
今年はパッションフルーツ味。 【写真あり】
http://ameblo.jp/nanawo7/entry-11440699465.html
「 クラスメイトたちが色んなものを蘇らせようとするのだけど、ガメラみたいなのが出てくるのはやっぱりティム・バートン監督の趣味かなぁ。シーモンキーが気持ち悪かったー。そういえば、ももクリで六本木ヒルズに来たときはスパーキーがたくさんツリーに飾られてたのに、写真撮り損ねちゃったな。 」
 お写真は、帰り路に麻布十番の『パティスリー ル・ポミエ』でゲットした、毎年恒例の干支エクレア。^^)


 こちらは「深海獣雷牙視聴記 09/09/04 」以来のご紹介で、3年半のご無沙汰。
あらら… orz_ :
えじりん日記 映画その周辺
http://ejirin.blog.so-net.ne.jp/
さん、1月2日の更新。
すいません…懺悔 「フランケン・ウィニー」 【写真あり】
http://ejirin.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02
 2D版は吹替えしかなくて仕方なく鑑賞したせいか、3時間見たあとの疲れと風邪気味で薬飲んでたせいか、字幕を読まなくていい安堵感があったせいか判らないけど、
後半落ちしました。m(_ _;)m
「 気がついたら、いっぱい復活してた。それも邪悪系。ガメラはかわいかったけどねえ。なんであんなキャラが甦ったの? 誰か教えて。何かで見直さなくちゃあ。 」
 3D字幕版でもういっぺん観てきたら。ヾ(^^;


 長文のご感想:
りぶらりだいあり
http://plaza.rakuten.co.jp/radagast/diary/
さん、1月2日の更新。
『フランケンウィニー』を観た 【写真あり】
http://plaza.rakuten.co.jp/radagast/diary/201301020000/
 主人公ヴィクターの両親以外は,登場キャラクターもペットもどこか怖い顔をしており、見慣れればともかく最初はブキミで仕方ない。ところが、白黒映画、そしてアニメであることにより、刺激が見事に中和されていて愛らしく見える。この辺りは本当にうまく計算されている。
「 タイトルからしてホラー映画『フランケンシュタイン』のパロディーだ。内容は,雷撃による復活,つぎはぎだらけの身体,そして風車小屋での救出劇など,”犬版フランケン”というところ・・・現代的に言えばオマージュ。
今回のリメイクにより,それに加えて,『ノートルダムのせむし男』『ドラキュラ』『狼男』『グレムリン』『ガメラ』など,モンスターパニック映画へのオマージュが追加されている。これによりアクション要素がぐっと増えている。 」
 リメイク版は映画としての楽しみ所は増えたが、その分肝心の”死んでしまった愛犬にどうしても会いたい”というテーマが相対的に弱まっており,作品のチカラがそがれているように思えるし、ラストの展開もどうかと思う。
一番成長したのは実はトシアキではなかろうか?という意見が興味深いです。^^)


 本稿は、「 /01/05 」へと続きます。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:小さき勇者たち~GAM... | トップ | ガメラ:フランケンウィニー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL