ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:昭和(湯浅)版関連情報 2008/09/27

2008-09-27 17:00:00 | ガメラ
 前回の「湯浅版視聴記 09/19」はこちら


 ガメラ論議:
nanasukeのボヤキ書き
http://ameblo.jp/nebosuke-nanasuke/
さん、9月21日の更新。
ガメラ!
http://ameblo.jp/nebosuke-nanasuke/entry-10141850689.html
「おいら、ガメラが好きでヨ、たまんねえんだ。
ゴジラも好きだけどヨ、この歳になるとやっぱりガメラだナ。
ガメラのどこがいいって?
理屈抜きに子どもの味方ってとこかナ。
この地球、おいらたちの子どもや孫の世代に、いったいおいらたちはナニを遺してやれるのか…。
反面教師だけってぇことにはしたくねえ、でもなにができるのかナ?
そんな大人のおいらがヨ、ふとガメラを思い出すんだ。」
 ガメラ好きさんの、心の叫び。


 昭和(湯浅)版の思い出、その1:
Takasaki Printworks
http://blogs.yahoo.co.jp/dait22000/
さん、9月21日の更新。
高崎電気館【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/dait22000/1334319.html
 昭和時代の高崎5大映画館といえば、オリオン座、東宝映画劇場、東映映画館、高崎ピカデリー、そして高崎電気館だったそうで。
現在の「高崎電気館」近辺の様子を、お写真で紹介。
「私が見目麗しい小学校2年生の頃、母にねだって「ガメラ対バルゴン」を見に訪れたのが大映電気館(当時)。バルゴンが紫の血液を流すのにビビッていたら、併映の「大魔神」の恐ろしさったらないじゃありませんか!泣きながら映画館を飛び出したとの母の談に、そりゃ無理なかろうと、今になっても思う私なのである。」
 怖かったんでしょうねえ。^^


 昭和(湯浅)版の思い出、その2:
記憶の映画を探して
http://elleryqueen2.seesaa.net/
さん、9月26日の更新。
「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」「大魔人」(1966年) 【写真あり】
http://elleryqueen2.seesaa.net/article/107178576.html
「Wikiによると、2作の公開は1966年4月17日だそうだ。僕のデビューは4才ということになる。それにしては特撮物とは言え、我が子の「アンパンマン」の、言わば〈安心して子供に見せられる映画〉とはあまりに違うなぁと、子を持つ身になって改めて思ってしまう。とは言え、これは僕が親にせがんだのでも、親が連れて行ってくれたのでもない。単なる僥倖だった。」
 思いがけない初映画鑑賞の理由とか、東武東上線大山駅界隈の映画館についての回想とか、事もあろうに初映画で「対バルゴン」&「大魔人」を見てしまった4歳児の反応とか。
そりゃ、映画館の印象は強烈に残りますわ。^^;


 昭和(湯浅)版の思い出、その3:
A型のおっさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/chipatto/
さん、9月26日の更新。
カメの話・・・① 【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/chipatto/archives/335366.html
 30年ほど前、夏休みの暇つぶしにTVをみてました、
「おもしろい番組を探してチャンネルを回していると、
「大怪獣空中戦、ガメラ対ギャオス」という映画を放映していました。
特撮物が好きだったおっさんは、一目で画面に釘付けになり、
ウルトラマンや、ゴジラとは違う、カメという親近感のある小動物の
大怪獣ガメラに魅了されたのです。・・・・・・・・続く」
 次回はどんなお話が伺えるのかな?
写真はDVDのカバー。商品リンク付きです。


 本日は、あと三本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:調布市、角川大映撮... | トップ | ガメラレーダー関連情報 200... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガメラ! (nanasuke)
2008-09-27 18:59:16
『nanasukeのボヤキ書き』の管理人nanasukeと申します。このたびは拙ブログ記事を紹介いただきまことにありがとうございます。コメントも拙ブログにおける初コメントであったため、たいへん嬉しく思っています。
それにしても、なんとガメラ愛に溢れたブログ!このようなクオリティの高い記事の中にわたくしの「ボヤキ」を同列に並べていただいてよいのか、光栄の念と共に恐縮の感を抱いております。
お礼になるかはわかりませんが、中山忍さんのブログにときどきガメラが登場いたします。またコメントを投稿している人びとにも多くのガメラファンがおられます。もしご存知ないようでしたら、一度ご覧になってください。特に2008.7.17記事は必見です。ご存知でしたらお許しください。
http://www.office-muse.co.jp/blog/adiary/adiary.cgi

貴ブログのますますの繁栄をお祈りしております。ガメラとともに…。
nanasuke様、いらっしゃいませ。 (ガメラ医師)
2008-09-29 18:35:32
 ようこそ拙Blogへ。
 貴Blogでガメラについての熱い思いを拝読致しまして、ガメラファンの心根の深さを改めて感じ入った次第です。
貴重な情報をお教え頂き、誠にありがとうございました。
御紹介のBlog記事は全くノーマークでしたので、大変興味深く拝見いたしました。こんなところにガメラが…、
全然気付かなかったなあ。 orz
 何卒これからも宜しくご愛顧・ご贔屓の程、お願い申し上げます。m(_ _)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」「大魔神」(1966年) (記憶の映画を探して)
この夏に息子を映画館に連れていった。3才にして映画デビューだ。この初めての映画体験は彼の記憶に残るのだろうか。アンパンマンの劇場版だし、その後旧作の劇場版もレンタルビデオで借りて見せているので、我が子にとっては、いや、今の子供にとってはなかなか映画館...