ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:17年6月前半の文献関連情報

2017-06-16 16:20:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「 小さき勇者たち視聴記 /06/16 」はこちら

先月30日の更新「 5月後半の文献情報 」に続いて、
本項では、昭和(湯浅)版、平成(金子)版のガメラシリーズ12作品に関する、様々な資料系の情報を、まとめてご紹介しております。
 関連で、「 『いに怪することなく、獣じつしたひび』第一巻発売 16/09/23 」にはこちらから。


 こちらのご紹介は、「 5月23日は世界亀の日 2017/ 」以来となります。
Twitter発、GⅢ文献資料:
鮫順・てんつく工芸・化物係 @tensame
https://twitter.com/tensame/
さん、6月1日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/tensame/status/869949033464291328
 特撮雑誌『宇宙船 1998[夏]』号のガメラ特集ご紹介記事です。
表紙写真と、カラー特集頁内のGⅢガメラ2枚を掲載してコメント。
「 ガメラ3の撮影が始まった頃の号。こうしてみると3のガメラもかっこいい。ガメラ3は確か宇宙船では賛否両論だったのかな。ガメラ3公開後の号でエメゴジのキャッチコピーをもじって「東宝に打つ手はない」とかやってたのは覚えている…。 」


 「 第2週のフィギュア情報(その3) 」での「フルアクション版GⅢガメラ製作記、第2弾」ご紹介に続いて、
Twitter発、GⅢ関連文献のご紹介:
ヤオロズ@6/10 Nextgateジオ ‏@yorozoo30
https://twitter.com/yorozoo30/status/
さん、6月4日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/yorozoo30/status/871295937909477376
 今朝G3を鑑賞した勢いでかなり久しぶりに取り出してみた、「ガメラ・パーフェクトBOX」。BOXの外見と中身、帯のアオリ文句とお写真3枚を掲載して、
「シンゴジ公式本が10000円でしたが、こちらは倍です。でも、今は安価で中古本が買えます(泣)丸一冊、G3ガメラの接写した写真だけとか変に凝りすぎた素晴らしい本です(褒め言葉) 」


 町田康の「ギャオスの話」レビュー:
水蛇の背
http://www.mizuhebi.com/
さん、6月7日の更新。
ねえ!シン・ゴジラ観た後に町田康の「ギャオスの話」を読むとめっちゃ面白いからみんな読んで! 【写真あり】
http://www.mizuhebi.com/entry/2017/06/07/124500
 お写真は、講談社文庫のカバー写真(&Amazon.co.jpへのリンク)。
「 読んでたら、なんだかシン・ゴジラとシンクロしまくっていて、まるでシンゴジラパロディのようでとても面白く読め興奮しました!
物語は、JR中央線中野駅北口に面する公園に突如として全長65mの怪獣・ギャオスが登場するところから始まります。 」
 以下、小説からの引用文を挟みつつ、本小説とシン・ゴジラに通底する「ifの世界;もし現代の東京にいきなり怪獣が現れたら?」の面白さについて述解。


 前回の「BANDAIソフビで第十惑星」ご紹介は、「 5月第5週のフィギュア情報 」にて。
Twitter発、
アニメの集い @sicukaholoba
https://twitter.com/sicukaholoba/
さん、6月10日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/sicukaholoba/status/873317154547879937
 「ゴジラ対ガメラ」が、『怪獣もの知り大百科』(昭和59年2月、勁文社刊、大百科シリーズNo174、)の中で考案されてたりする件について。
カバー写真のほかに、「怪獣もし戦わば;ゴジラ対ガメラ」のコーナー表紙・内容でお写真が2枚。
「 結果は東京タワーをガメラの腹に突き刺したゴジラが勝ちました・・・(^^; 」


 書評集より:
麻朱麿の駄文
http://ameblo.jp/rainbowsentair0b1n/
さん、6月10日の更新。
最近買った特撮関係及びその周辺の本 【写真あり】
http://ameblo.jp/rainbowsentair0b1n/entry-12282506496.html
 ここ二~三ヶ月で読了した、特撮関係の書籍、コミック等7冊の書評集です。
うち一冊目が、昨年12月に刊行されてたのを長いこと買いそびれてた『 怪獣少年の〈復讐〉 70年代怪獣ブームの光と影』。
「 『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』が『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『帰ってきたウルトラマン』までの最初期ウルトラシリーズの脚本家のインタビュー記事を纏めた本なのに対し、本書『怪獣少年の〈復讐〉 70年代怪獣ブームの光と影』は『帰ってきたウルトラマン』以降の第2期ウルトラシリーズ脚本家のインタビューをメインに、同時期の特撮映画『ゴジラ』シリーズや『ガメラ』シリーズの脚本家のインタビュー記事も併載、公害問題で沸きオイルショックで終焉した、70年代前半の第2次怪獣ブームの特撮ドラマにこめられたメッセージについて、ひもといてゆく内容となってます。 」


 Twitter発、幻のガメラまんが:
D-HERO くろ @atchro
https://twitter.com/atchro/status/
さん、6月15日のTweet より、
https://twitter.com/atchro/status/875201052894789632
「 プラモ改造武闘伝ガン☆キッド大好きなんだけど連載されてた6ヶ月の間にコロコロ買ってた人にしか通じないのが辛い…
ゴジラやガメラをマクロス7のプラモと合体させる漫画なんですけどね… 」
コロコロコミック95年4月号~9月号で掲載された谷上俊夫さん作画の『プラモ改造武闘伝 ガン☆キッド』。
コミックボンボン連載の『プラモウォーズ』に対抗して、「ボンボンがガンダムに頑駄無で武装なら、怪獣にマクロスで武装して対抗だ!」というコミック作品だったとかなんとか。


 本日は、あと2本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:小さき勇者たち~GAM... | トップ | ガメラ:17年6月前半の日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。