ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:14年12月第五週のフィギュア関連情報

2015-01-05 16:00:00 | ガメラ
 先月27日更新の「 14年12月第4週の 」に続きまして、
昨年末に拝見したガメラ関連の各種フィギュアについての情報まとめをご紹介。

フィギュア関連で、
先月19日の更新、「特撮リボルテック情報 14/12 」はこちら
同じく昨年10月18日更新の「海洋堂フィギュアミュージアムレポ 14/10 」にはこちらから。


 「 11年2月第2週の(その2) 」での「3尺ガメラレビュー 」以来、拙Blogではほぼ4年ぶりのご紹介です。
M1号製、ガメラ3ヘッドのレビュー:
映画の中のおもちゃ?達を紹介します。
http://blogs.yahoo.co.jp/sctwc223/
さん、12月29日の更新。
M1号謹製!ガメラ3ギニョールヘッド・プロップレプリカ 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/sctwc223/39044034.html
 平成三部作の中では、ダークな雰囲気を纏ったGⅢがお気に入り。ガメラの造形においてもバランスのとれたGⅡ版は好みだが凶悪な面構えのGⅢ版も捨て難い。
「 ガメラ2の時まではかなりの造型物が発売されたと思うですが,3の時はこれといった造型物は発売されなかったように記憶しています。
唯一,海洋堂から発売された1/1ヘッドを買えなかったのが今でも心残り…。(誰か譲っていただける方がおられたら連絡してください~ご希望の金額で買わせていただきます!)
で,1/1にも負けない造型でM1号が世に送り出したのが今回紹介するギニョールヘッド。 」
 『ガメラ 生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX』の予約特典として配布された、M1号製の撮影用ギニョールヘッドのレプリカたる逸品をお写真付きでレビュー。子供の頭ほどもある1/2サイズのGⅢヘッドモデルです。格好イイ!


 前回の「バルゴンの虹を見た」は、「ガメラ雲 12/08 」にてご紹介
ガメラフィギュアが正月準備:
氷見二千石原で昼寝
http://blogs.yahoo.co.jp/k100rskai/
さん、12月30日の更新。
今年もあとわずか・・・ 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/k100rskai/12893219.html
 30日で仕事納め。来年はどんな年になるのかな?
お手持ちのGⅠガメラさんが、正月準備に入ったようです。 ^^)
「 私のガメラに、こんなモノを飾った人間が・・・!?
ま、正月を迎えるって事で(笑) 」
 お正月飾りを抱えたガメラさんを、背後から見守るカネゴンくん♪
のお写真が1枚。


 前回の「海洋堂フィギュアミュージアム情報 13/08/17 」では、「千歳空港ターミナルにて海洋堂特別展 」をご紹介しました。
バンダイ製ソフビの塗装について:
遊びをせんとや生まれけり
http://blue.ap.teacup.com/plamic/
さん、12月30日の更新。
北極生まれのデカい亀 【写真あり】
http://blue.ap.teacup.com/plamic/6397.html
 新規に購入した筆や塗料などについて、性能テストの実験台用に日々酷使されている怪獣ソフビたち。
「 こちら、バンダイからリリースされたスタンダードサイズ版の大怪獣ガメラもまた
現時点におけるそんな「立体パレット」の一体で、怪獣ソフビをリペイントするたび
手近なところにおいて、余った塗料などをチョチョッと塗りつけたり擦ったり、などを
かれこれ1ヶ月近く繰り返しておりまして、その結果――
現在、ここまで色が入りました。 」
 BANDAI製、大怪獣ガメラソフビをリペイント中(?)。比較用にオリジナルと現状を並べて掲載されてます。塗装自体はかなり進んでいる模様で、各方向からのお写真が6枚。表情もかなり印象が変わって良い雰囲気に仕上がってますね。
フィギュアの塗装でちょっと残った塗料を余さず使い切る目的にも使用されてるそうですが、ちょこちょこ色を入れている内にいい感じになってきたのでここらで一度ご紹介、との由。 ^^)ノシ


 本日は、あと4本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:14年12月後半の画像... | トップ | ガメラ:14年12月第五週の小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL