ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:07年9月上旬のケヅメリクガメ関連情報

2007-09-10 17:15:53 | ケヅメリクガメ
 本日二本目の更新です。一本目「らき☆すたにてイリスネタ 09/10」はこちら

 本項では、映画『小さき勇者たち~GAMERA~』にガメラの幼体として登場したケヅメリクガメに関するBlog記事をまとめております。

 前回の「8月中旬のケヅメ関連情報」はこちらから。
「アンディランド関連情報 」はこちら
「志摩マリンランド関連情報 」はこちらから。
07年9月初めの小ネタ」には、茶臼山動物園のケヅメ、コタロー君遭遇記録がございます。


 首都圏へのご転居も、無事終了されたご様子。
日常のガメラとカメ
http://oncorhync2.exblog.jp/
さん、9月3日の更新。
キャロラインのお引越し【写真あり】
http://oncorhync2.exblog.jp/6868917/
「今回は新幹線で移動しました。
キャロラインには移動中、オムツをしてシェルタ代わりのゴミ箱に入って貰い、さらにすっぽり脱衣かごに入れ、カートに固定します。さらに上からタオルをかけて場合によってはホッカイロをかごに貼り付けます。
暗くしてやると眠ることが多いので概ね静かですが、やはり出たがったりエサを求めて暴れ始めることがあります。かごからニュッと首を出してカートごとガタゴトと揺れだすと、周囲の乗客の皆さんは大抵笑い出してしまいます。」
 お写真は、自宅裏庭にて寛ぐキャロラインの図。糧食用に植えたクワの木がケヅメキーパーさんのご苦労を物語っています。
所謂「卍寝」の御姿もあり。可愛いな。


 ギリシャリクガメ関連:
双頭カメの写真付きニュースです。特に気持ち悪くはないと思いますが、そーゆーの苦手な方は見ないほうが良いかも。
Reuter
http://jp.reuters.com/
ニュース
世界のこぼれ話
スイスの双頭カメ「ヤヌス」が10歳の誕生日【写真あり】
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-27748620070906
 ジュネーブ発ロイター伝。スイスはジュネーブの自然史博物館で飼育されている、双頭のギリシャリクガメ「ヤヌス」が5日、めでたく10歳の誕生日を迎えたそうです。
 写真は双頭の姿を模した誕生ケーキを前にポーズを取る「ヤヌス」。
http://jp.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20070906&t=2&i=1660845&w=450
ヤヌスの双頭は、本来片方が青年、もう一方が老人なのが一般的なんですけど、さすがに同じ顔つきですな。
 というより、よく10歳まで生き延びたものだと感心。管理が良いんでしょうね。


 ケヅメ遭遇記:
*空と風* ~稀少難病エーラスダンロス症候群
http://blog.so-net.ne.jp/soratokaze/
さん、9月7日の更新。
散歩していた カメ【写真あり】
http://blog.so-net.ne.jp/soratokaze/2007-09-08
「写真では小さく見えるが12キロもあるケヅメリクガメのルパン君です。
さわらせてもらいましたが、柔らかい手と硬い甲羅と、とてもかわいい。
頭もなでなでさせてくれ、噛んだりはしないようだ。
ルパン君はまだ5歳で、もっともっと大きくなるらしい。
   ↓
電動車イスより早く歩く。
windy(私の電動車イスの愛称)がカメに負けるとは・・・・
でも、ぐんぐん前に歩いていく姿はとても勇気付けられた。
ゆっくりでも、一生懸命がんばろう。
そう思った。」


「ガメラ医師」のお勉強コーナー:
エーラスダンロス症候群(Ehlers-Danlos Syndrome)とは、
「皮膚、血管、関節、内臓などの結合組織の生まれつきの“もろさ”により、さまざまな症状を生じる病気で、コラーゲンそのものやコラーゲンを修飾する酵素の遺伝子の変化により生じます。
 主な症状は、皮膚や関節が伸びやすく、切れやすい、皮膚や血管がもろく、出血しやすい、などがありますが、症状は病型によって、また同じ病型でも個人によって異なるのだそうです。」
 参照:
日本エーラスダンロス症候群協会(友の会)
http://ehlersdanlos-jp.net/modules/EDS2/
◆ エーラスダンロス症候群とは ◆
http://ehlersdanlos-jp.net/modules/EDS1/


かめとあいぼ
http://aibokanon.blog.drecom.jp/
さん、9月9日の更新。
素敵写真【写真あり】
http://aibokanon.blog.drecom.jp/archive/321
「今日、お友達から写真付きメールが来た。
   ↓
「前を走っている車に亀が!」
うわあ、スッゴイ!!
ぜひ私も生で見てみたい!羨ましい♪
この、カメラ目線なカメという構図が素敵だ!」
 トラックの荷台にケヅメ君が。
8月中旬のケヅメ関連情報」でご紹介した、
『ナチュラルトリップ』さんの「ガメラ」
と同じ個体かな?


 実はガメラ医師、先日路上で「脱走ケヅメリクガメ」に遭遇しました。
早朝の散歩中、いつも朝に行き逢う女子中学生二人がなにやら歩道で大騒ぎしております。何事かと近づいて見ると、歩道に巨大な黄色い物体が…
なんと、そこに居たのは甲長40cmほどのケヅメリクガメではありませんか!
 女の子達の話によると、ご近所で飼われているケヅメ君(居たんだ!)が脱走しているのを見つけたのだが、玄関のチャイムを押しても返事が無くどうしたらよいのか判らない、との由。ケヅメ君は何がどう気に入ったのか、歩道をどんどん進行中でしてそれはもう大変な事態に。
このままにはして置けないので、なんとかケヅメ君を持ち上げて飼い主のお宅へ。チャイムを押してもらったのですがやはり返事がありません。
玄関の扉が開いてましたのでそのまま押し込んで鍵を閉め、無事にお帰り頂きました。
ケヅメリクガメを持ったのは始めての経験でした。大きさの割りには大人一人で持ち運べる重さでよかったです。
 それにしてもまさか、我が家の近くにケヅメキーパーさんがおいでになるとは…
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:『らき☆すた』にてイ... | トップ | ガメラ:渋谷の名画座にて10... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご近所にケヅメ! (oncorhynchus0144)
2007-09-11 21:52:40
ご紹介戴き有難うございます。相変わらず「会」やその周辺の観察記録更新も滞っておりまして汗顔の至りです。

ご近所に脱走ケヅメですか! ケヅメは力も強くて好奇心も旺盛なんですよね。
ケヅメに限らず人間の手で世話をしてやらなければ命にかかわる動物のキーパーにとって、脱走は最大の悪夢です。大事に至る前に見つけて貰ってよかったですね。

トマトやキュウリや梨や小松菜チンゲン菜桑っ葉etc.を手土産にケヅメ君(とその飼い主)をお訪ねになると、大歓迎されること間違いなしです。
これまで遭遇記は多数ご紹介してきましたが、 (ガメラ医師)
2007-09-13 18:09:42
 実際に路上で脱走ケヅメ君に遭遇してみると、物凄いインパクトがありました。
 充分な知識を持っているガメラ医師にしてこの衝撃ですから、なにも知らない一般の方がいきなり出合ったらさぞかしびっくりされることでしょう。発見した中学生が大騒ぎしていたのも宜なるかな、であります。
 今度、小松菜でも持ってお邪魔してみましょう。
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。