ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2017/04/25

2017-04-25 17:20:00 | ガメラ
 本日五本目の更新です。
一本目「 アグレッサー・ガメラ /04/25 」はこちら
二本目「 等身大ガメラだらけ /04/25 」にはこちらから。
三本目「 ゲーム情報 /04/25 」は、こちらより。
四本目「 海ガメラ 17/04 」には、こちらからとなります。

前回更新の「 湯浅版視聴記 /04/18 」に続きまして、
「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介致します。


 Twitter発、大怪獣決闘、公開時新聞資料&考案: 
黒木鉄也‏ @Tetsuya_Kuroki
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/
さん、4月17日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/853725070379831296
 51年前の1966年4月17日は、全国の大映系劇場で『大怪獣決闘』と『大魔神』が二本立てでの公開日だった。
 これを記念して、記念読売新聞夕刊1966年3月23日付けの新聞広告を転載。
「 当時の大映社長だった永田雅一氏の「日本映画は必ず復興する」を上に載せるなど、気合の入った広告だ。 」
  4月17日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/853733207451119616
 同じく1966年4月5日付けの朝日新聞夕刊記事より、
『怪獣映画 東宝に挑む大映・日活』の記事を転載。
「 当時の日本映画界は観客動員の低下で不況の足音も近づいているが、1ドルが360円に固定された時代に「海外市場を目指す特撮映画なら政府の長期金融が借りやすい」という理由で、翌年の'67年にかけて特撮映画を量産。怪獣ブームを盛り上げる。 」
  4月17日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/853756395572781056
 続きましては、大怪獣決闘の映画評記事を転載。
「 公開2日前の読売新聞夕刊(1966年4月15日)では、『#ガメラ対バルゴン』の評を掲載。特撮技術への辛口な評は分からないでもないが…。「この種の映画に必要なのは、社会性や政治性」と断じているのが驚きで、こういう評が50年後に『#シン・ゴジラ』を作らせたのかな?と、悪い意味で納得。 」
  4月17日のTweet より、
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/854166482661425152
「 当時は左翼的なイデオロギーに基づいた映画評が全盛で、大衆向けの娯楽作品でも政治や社会批判を描かないと「大人の鑑賞に耐えない駄作」という評が、当時のインテリ層の共通認識でした。当時の作り手も、娯楽作品への偏見や芸術作品への劣等感などに踊らされた面が、多々あると思いますね。 」

  4月18日のTweet より、
https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/853756395572781056
 上記Tweetからの応答のなかから、
「 『ガメラ対バルゴン』における「物欲の戒め」は、いつの時代でも通用する普遍的な視点で「人間の業」を描いていますが、左翼的な政治闘争が盛んだった頃のインテリ層は「当時の政治や社会体制への批判」がないと気が済まなかったようで、件の記事は当時の空気もストレートに伝えた歴史的資料でしょうw 」
 朝日ならともかく、読売の批評だってところは非常に興味深いですねえ。やはり「時代の空気」ってものがあるんでしょうか。貴重な資料かと思われます。


 Twitter発、昭和ガメラのご感想:
ヒヨケムシ・コミティアN25a‏ @hiyokemusi2015
https://twitter.com/hiyokemusi2015/
さん、4月18日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/hiyokemusi2015/status/854284849795825664
 公式ポスターの写真1枚を掲載して、
「 ガメラ対バルゴンは正直怪獣戦闘シーンより、人間同士の取っ組み合いの喧嘩シーンの方が遥かに迫力があるよ。
ガキの頃見た時、あの喧嘩シーンが凄〜く怖かったね。長さはゼイリブ並み!しかもゼイリブのように途中疲れてプチ休憩を挟まず、お互いブチギレてひたすら取っ組み合い喧嘩するからリアル! 」
  4月18日のTweet より、
https://twitter.com/hiyokemusi2015/status/854302874896957440
「 バルゴンは喧嘩場面、サソリの場面とか、怪獣に関係ない妙なところが怖かったです。
クソガキ出てくるガメラも好きです(^_^;)
ジグラとバイラスが苦手ですけどね。 」
  4月18日のTweet より、
https://twitter.com/hiyokemusi2015/status/854307723453661184
「 子供の見るものだから子供メインはある意味仕方ない感じもしますが、ギロン、ジャイガー、ギャオスは今も大好きなクソガキ回ですね。今も頭空っぽにして見られるのと、それぞれトラウマシーンがあるのが思い出深いです。 」
  4月18日のTweet より、
https://twitter.com/hiyokemusi2015/status/854314337875353600
「 特にガメラシリーズだと、ギロンのギャオス解体ショーが良かったです(^ω^)
ギャオスの人間捕食シーン、ジャイガーの象の鼻…楽しい! 」


 「 第4週のフィギュア情報(その2) 」での「フィギュア棚のGⅢ」ご紹介に続いて、
Twitter発、大魔獣が好きだ!: 
さるタジラ‏ @sarutajira
https://twitter.com/sarutajira/
さん、4月18日のTweet より、
https://twitter.com/sarutajira/status/854315125586526208
「 最初実は大したことないだろとなめてかかったら意外とテンポ良くストーリーも面白くて・・・そして透明ガメラとジャイガーの多彩な技のインパクトが [〓] でもジャイガー自体が格好良いかというと・・・微妙(--;) 」
(文中の絵文字を、[〓] で代用しました @ガメラ医師)
  4月18日のTweet より、
https://twitter.com/sarutajira/status/854319185547083777
「 アイツ滅茶苦茶強いのに!実績だけなら昭和最強クラスなのに・・・あの目のせいで・・・眠そうな目のせいで・・・どうしてもギャオスやバルゴンと比べると顔がかっちょ悪く感じてしまう(--;) 」
  4月18日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/sarutajira/status/854330016791801858
「 ジャイガー・・・お前はなんでいつもそんな眠そうな目をしているんだ。だから俺はお前を「格好良い」とは思えないんだ・・・他のヤツを見ろ、ギロンとギャオス(特にギャオス)は鋭い目つき、バルゴンの目はパッチリしてるのが逆に不気味で格好良いんだ。なのにお前は死ぬまで眠そうにしやがって・・・ 」
 と云う訳で、大魔獣、大悪獣、超音波怪獣、冷凍怪獣のお顔をアップで並べてみたり。


 前回の「GⅠレビュー」ご紹介は、「 金子版視聴記 /03/17 」にて。
大怪獣決闘、詳細レビュー:
けむーる映画日記
https://blogs.yahoo.co.jp/neounbalancezone/
さん、4月19日の更新。
「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」(2016/12/28)、
https://blogs.yahoo.co.jp/neounbalancezone/64936749.html
「 監督は田中重雄、特技監督は湯浅憲明。主演は本郷功次郎と江波杏子、藤岡琢也や北原義郎らが脇を固めた一作である。
昭和ガメラシリーズはゴジラシリーズと異なり、最初から子どもをターゲットとして制作された映画だったが、本作ではその方向性がまだ確立されておらず、そのためシリーズで唯一、子どもの登場しない大人向けのドラマが描かれている。また1966年作品ということもあり、話の発端が第二次大戦中のニューギニア戦線でのエピソードという、時代を感じさせるものになっている。 」
 以後、ストーリー紹介とバルゴンの造形評中心のご感想が続きます。


 昭和ガメラの思い出: 
QT Lab.品質・技術研究室
http://blog.goo.ne.jp/buddaeye/
さん、4月20日の更新。
なにか、甘酸っぱい思い出
http://blog.goo.ne.jp/buddaeye/e/feb3b21b17c14a7ac123c1216bb8ad7a
 小学生のころ、近所の友達(女の子)と映画を見に行った思い出話。 ^^)
「 『ガメラ』、『大魔神』、『ワタリ』、『ガメラ対バルゴン』、『大魔神怒る』、
『大魔神の逆襲』など大映系の映画を、よく一緒に見に行きました。
(東宝の『ゴジラ』系は男の子と一緒に行くことが多かったです)
1965年から1966年のころです。
『ガメラ』を一緒に見たとき、映画が始まるとすぐ、彼女、
「えぇ!白黒っ!」と、目を丸くして私のほうを見たのを今でも
おぼえています。
また、『ガメラ対バルゴン』でバルゴンが放射する虹色光線を
「きれいぃぃ!」といっていたことも・・・ 」
 60年前の甘酸っぱいお話、でございました。いいなあこう云う思い出って。


 前回「 /04/07 」での「大怪獣見た」ご紹介に続き、
Twitter発、大怪獣決闘を見たんだ: 
シン・カズヤ㌠改二‏ @M87thunderflash
https://twitter.com/M87thunderflash/
さん、4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855320320269352960
「 1作目ではどうにも中途半端な立ち位置だったガメラを今作では良いも悪いもなくただバルゴンの放つエネルギーを狙っているだけとしたのは評価したい。問題はそのガメラの出番が異常に少ない点。人間だけで話の都合がつけられなくなったのでトドメを刺しに来たような印象しかない。 」
  4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855320929747861504
「 あの話からガメラを取り除き、人間の作戦のみでバルゴンを撃退する映画に作り替えようとしたら簡単にやれてしまうのでは?と思ってしまう。 」
  4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855321877773930497
「 今作にいっさい子供が出てこないのは前作のがあまりにもウザ過ぎたからだろうというのは容易に推察できるんだが、今度は小野寺達のくだりが多すぎて冗長な印象を受ける。 」
  4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855379630831747073
「 しっかしまぁ大阪決戦のあとガメラは凍りついたまま出てこないんじゃと本気で心配になったけどね…………とにかくガメラの出番が短かった。 」
  4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855323269863428096
「 昭和ガメラを順に見てきてるけど、もう心折れそうです╭( ๐_๐)╮ 」
  4月21日のTweet より、
https://twitter.com/M87thunderflash/status/855324634622775296
「 次作がギャオスだっけ…………。ここまでは観ておくべきなのだろうか………… 」
 ギャオスは見て欲しいですね。多少持ち直すと思うので。
その勢いでシリーズ後半を視聴して、ヂゴクを味わってほしい… ヘ(^^;ヘ ノ^^;)ノ


 Twitter発、名前は公募で決まったんだよね:
ネオ・マニ教手動bot(金妄日)‏ @guru_dogs_II
https://twitter.com/guru_dogs_II/
さん、4月21日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/guru_dogs_II/status/855413499949850625
「 大昔の怪獣映画で、ガメラ?の敵がイカのお化けのような異星人で、同じような形をした小柄な子分どもと一緒に暴れ回るが、戦いが不利になると、お前らの命をくれ〜とか叫んで泣き叫ぶ子分どもをどんどん体内に吸収して強大化する、しかし最後はもちろん倒されるというのがあったと思ったが、何だっけ? 」
 倍々に増えるから…


 Twitter発、湯浅版の敵怪獣を語る: 
わたべまさひこ‏ @kaijukichi
https://twitter.com/kaijukichi/
さん、4月22日のTweet より 【写真あり】
https://twitter.com/kaijukichi/status/855746168185249792
「 昭和ガメラ系はすっかり超音波怪獣が一強なんだよね、大悪獣は偏っててマニア支持、後は更に更に辛い状況。怪獣好き多いですよってよく言われるけど好きの種類は千差万別だからなあ。尻すぼみ感はあるけどどれも楽しい怪獣映画なんだけどなあ。 」
  4月22日のTweet より、
https://twitter.com/kaijukichi/status/855749200646086656
「 一強と言ってもガメラの中でだからねえ。
今はガメラ枠マイナーと言えなくも無いのだよなあ…そんな事ないでしょう!って意見もあるだろうけどある意味の数字はそれ以上にレッドデータなのだよね、どうにかならないかなあ。 」


 Twitter発、大怪獣って凄い!:
GUN@カメラおじさん‏ @GUN_PV
https://twitter.com/GUN_PV/
さん、4月24日のTweet より、
https://twitter.com/GUN_PV/status/856522886382628865
「 たぶん初代だったと思うんだけど
ガメラやべーよどうしよう!そうだ!ロケットに乗っけて宇宙に飛ばしてやれ!シュボオオオオオオオオオオ
で本当に終わって驚愕したおじさんです 」
  4月24日のTweet より、
https://twitter.com/GUN_PV/status/856523098245390336
「 ガメラが収まるロケットでかすぎだろ!ってなりました。 」
 身長60mのガメラをすっぽり覆うドーム構造、が弾頭となる細長いロケットなので、ロケットの全長はすくなくとも数百メートル、ひょっとすると1km以上あるかもしれません。
人類史上最大の宇宙ロケット、サターンVの全長が110m、しかも先端10mは脱出用ロケットで本体の長さは100mであることを考えると… 凄いなZ計画!
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:海ガメラ 2017/04 | トップ | ガメラ:平成(金子)版視聴記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。