気まま釣行記

サーフキャスティングが大好きで投げキスやルアーゲームがメインです。
釣行記だけでなくタックルの紹介などもしてます。

津風呂湖でワカサギ釣り ('Д')

2018年01月11日 | 釣行記 ワカサギ釣り

昨日の1月10日(水)は奈良県吉野町の津風呂湖までワカサギ釣りに行って来ました。

奈良県は海がないので今まで釣りに行ったことが無いので今回が初めてとなりますね。

上が津風呂湖の釣り場になりますが結構広い湖で景色のいいところですね。

そして午前8時丁度に受付を済ませさっそく釣り開始です。

ちなみに釣り座は上の写真の左側の大きいほうのドームにしました。

中は結構広くてゆったりと釣りができそうです。

また昨日は午前中は私一人しか釣り客が居なかったので貸し切り状態でしたよ。

それとタックルは下のような感じです。

ちなみに津風呂湖は水深が深くここで約20mほどありました。

なので重たい錘が背負える胴調子の穂先を選択しました。

それで左側がワカサギマチックDDM-TにレイクマスターM03Sの組み合わせ

そして右側がレイクマスターCT-TとレイクマスターM02Sの組み合わせです。

 

また釣りのほうですが魚探には時々群れの魚影は映るのですがなかなかアタリが来ません。(-_-;) ウーン

そして開始から2時間ほど経ってようやく乗せることができ巻き上げてる時です。

突然仕掛けが急に走り出して仕掛けが切れてしまいました。( ;∀;) アアア

津風呂湖はブラックバスのフィールドでも有名ですしバスが途中でワカサギにアタックしてきたようです。

そしてその後お昼前になって再びアタリがきて今度こそ釣りあげることが出来ました。

しかし魚影が10cmを超えてたのでオイカワかとちょっとがっくりします。

しかしよく見入るとワカサギでサイズは12cmもある大物です。( ゚Д゚) デカッ!

ちなみに前回の釣りではボウスだったのでこれが今年初めての釣果になります。

その後もなかなか食ってこずに午後に10cmのワカサギを1尾追加で納竿となりました。

それと最後に係の人と話をしましたが津風呂湖では12cmでも大きいほうでは無いそうです。(゜o゜) ホントニ?

それにしても昨日は渋かったですね。

魚探で映ってる群れの中に仕掛けを通して誘いをかけてもアタリが全くと言っていいほど来なかったんですよ。

だいたい7時間ほどの間でアタリが在ったのは5回ほどでしたしね。

また群れの回遊レンジもまちまちでしたので魚探がないと釣るのは難しい所です。

ただしサイズは大きく大きいものだと15cmクラスも釣れるそうです。

なので津風呂湖で釣りをするなら硬めの穂先で重めの錘を使うのが良いように思います。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煙樹ヶ浜まで初釣り

2018年01月06日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

1月4日(木)に和歌山の煙樹ヶ浜まで今年の初釣りに行ってきましたよ。

でも本当はワカサギ釣りにしようかと思ってたんですよ。

しかしネットで調べてみたら今の時期でもカツオなどが釣れるみたいなので運試しに行くことにしたんです。

それで当日は早朝3時前に出発し現地到着が5時過ぎでした。

すると私以外にも釣り人が結構来てましたよ。

それで朝食のコンビニ弁当を食べてさっそく準備をして浜辺に向かって歩いていきます。

しかしすでに場所取りしてる人が多く空いてるポイントで釣り座を構えます。

この時点で6時でしたが上のようにまだ暗い状態の中で釣りを開始です。

それでまずはグロー系のメタルジグから始めることに。

しかし1時間ほど経っても反応がありません。(-_-;) ウーム

でも夜が明けてからが本番かと思いとにかくキャストを続けます。

またこの日の夜明けは上のように朝陽が雲に当り紅く染まって奇麗でしたね。('◇')ゞ キレイダナー

その後はメタルジグだけでなくプラグや弓角を投げたりしますが反応はなし・・・

またレンジも表層から中層にボトム付近と色々変えていきますがそれでもダメ (>_<) ダメダー

どうも魚が回遊して無いようで50人ほどいる周りのアングラーの方もつれてない様子です。

そうそうちなみにこの日のタックルはコルトスナイパーS1000MH-3とストラディックC5000XGです。

それとラインはPE2号でリーダーはナイロン40lbでルアーはメタルジグ60gをメインです。

それにしてもこの日は反応がなく9時を回ったころに2度ほど単発ボイルが出てようやく時合化と期待が膨らみます!

しかし結局その後も変化なしで気が付くと11時近くになってます。

それでこの場は諦めて少し早めの昼食をとることにしました。

昼食後は浜の東に移動してきましたよ。

またここまで重めのルアーを投げてたので疲れが出てきたので軽めのルアーの変更です。

またタックルはネッサCI4+とストラディックCI4+4000MXGに変更です。

そして狙いはヒラメに変えてシンキングミノーをメインにして狙っていきます。

いつもは遠浅なところがメインですがここは急深なのでシンキング系がいい感じです。

しかし反応は何もない状況が続きます。(*´Д`) ココモダメカー

それでここでも2時間ほど粘りましたが結局バイトもないまま納竿となりました。

まあ初めから厳しいだろうとは思ってましたがここまでダメだとは予想外でしたね。

というわけで新春早々の運試しショアジギングは撃沈でした。(-_-)/~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年 明けましておめでとうございます。

2018年01月01日 | 日記

ブログをご覧の皆様明けましておめでとうございます。

お陰様で当ブログも6度目の新年を迎えることができました。

昨年は投げ釣りでは数はそこそこ釣りましたが悲願の尺キスは釣ることはできませんでした。

またルアー釣りでは本命ターゲットはマゴチとシーバスが各1尾という散々な結果に終わってしましました。( ;∀;) 

この様に昨年は悔いの残る結果になりましたので今年は満足できる結果が残せるようにしたいですね。

特に今年はウェーディングでのシーバスに力を入れようと思ってまます。

また投げ釣りでは8色オーバーの悲願を達成できるようになりたいですね。

そして何より安全第一で釣りを続けていけるようにしたいと思っております。

それでは本年も当ブログをよろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雪で釣りを断念しました ( ;∀;)

2017年12月27日 | 日記

今日は今年最後の休日でしたのでワカサギ釣りで最後を締めようと思ってました。

それで朝家を出ると山が雪で白くなってて嫌な予感がします。

それでも道には雪などないし大丈夫かと思い佐仲ダムに向かって出発です。

しかし篠山市内に入った途端下のような状況です。

この様に一面雪景色です。

それと大きな道は大丈夫でしたが脇道は下のように雪が結構積もってます。

このような状況ではノーマルタイヤではちょっと危険です。

それに佐仲ダムは少し高いところにあり車もほとんど通らない所なのでここ以上に雪が積もってる可能性が高いです。

そして今年の2月に佐仲ダム手前の坂道で立ち往生したことが頭をよぎります。

それで安全のために釣りは中止して引き返してきました。

それにしても今年最後の釣りができなくなったのは残念ですね。

正月明けにまた行く予定をしてますが雪が降らないことを祈るしか無いですね。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安濃川河口でウェーディングしてきました

2017年12月25日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

記事を書くのがだいぶ遅れましたが12月20日(水)に釣りにいってたんですよ。

場所は三重県津市の安濃川河口でここは前回の釣行時に下見して良さそうだなと思いチェックしてたんですよね。

また河口の右岸側には下の様に公園が整備されてて無料の駐車場やトイレなどもあり便利な所です。

またこの日は1時間ほど寝坊したのと途中の高速道路で事故渋滞が有り到着したのが12時過ぎと少し出遅れました。

それで到着後は早速準備をして釣りを開始です。

そしてまずは駐車場横の少し上流側から対岸に向けてキャストしてきます。

それと思った以上に水が綺麗で良かったですよ。(;・∀・) イイキブンデス

しかし魚の反応は無くベイトも見えません。

それで少しずつ河口側に移動していきます。

そして河口部に着いた時には丁度干潮で上の様に浅瀬が広がってました。

それでこれなら沖にある浅瀬にも渡れるかと思い慎重に沖に向かって歩いて行きます。

そして無事に100mほど沖合の浅瀬に上陸できましたよ。

ちなみに深い所でも身長175cmの私の股下くらいでしたので成人男性で有れば問題なさそうです。

それにしても海の真ん中に立って釣りをするのは気分が良いもんです。\(^o^)/ キブンソウカイ!

また周りが海なので360度にキャスト出来るのも楽しかったです。

しかしあまり浮かれてると潮が上げてきて戻れなくなるといけないの注意は必要です。

それでここでは40分ほどで切り上げて浜に戻ることにしましたよ。

ちなみに先ほど立ってた場所は上の写真の中央部のやや左側になります。

その後は浜を南に下がりながらキャストを続けて行きますが何の反応も有りません。(-_-;) ウーン

それにしても海鳥の越冬地みたいで鳥はたくさんいて時々潜ってたのでベイトが居ない訳ではないと思うんですけどね。

そして後半は上の様な貝の養殖でもしてるのか細い棒が立ってる周りを狙って行きます。

しかしここでも反応が無いまま納竿となりました。

この様にアタリも無いまま終わってしまいましたが快晴の中でキャストするのは気分が良いもんです。

それに前回に続き良さそうなポイントを見つけられたのは収穫でしたしね。

ただこれから益々寒くなり海での釣りは大変になるので次回からはワカサギにチェンジです。

それで来年の春にはまたここでシーバス狙いにでも来るつもりですよ。

(^.^)/~~~ デハマタネー

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリアのスライスとフラペンを買って来ました。

2017年12月17日 | 釣りグッズ ソルトルアーゲーム

この前の釣行でバイブレーションをロストしたので補充しようと釣具屋に行って来ました。

それでロストした物と同じ物にしようかと思ってたんですがマリア製で気に成るものが有ったので買ってみました。

それとその近くには1ヶ月ほど前にロストしたフラペンも有ったので一緒に購入しましたよ。

上が買って来た物で1番上がバイブレーションのスライス70 15gです。

このカラーはボラグローで一見ナチュラル系のカラーですがグロー発光するので夜間でも効果のある物らしいです。

そして下の2つがシンキングペンシルのフラペンです。

フラペンは以前にも紹介したかもしれませんが後方についてるフラップが特徴でシャッドの様な波動を出すのが特徴ですね。

また今年唯一ヒットしたヒラメはこれと同じフラペンでしたよ。

それで真ん中がフラペンS65のグリキングロー11gです。

そして1番したがフラペンS85のモザイクチャート15gです。

次回の釣行ではこれらとフローティングミノーのローテーションでシーバス狙いに行って来ますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

櫛田川河口まで行って来ました

2017年12月14日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

ここ最近はウェーディングでシャローエリアを狙うのがマイブームなんですよ。

それで新たに良い所は無いかとグーグルマップで探してると大きな干潟を見つけたので行ってみることにしました。

場所は三重県松阪市の櫛田川で河口部に大きな干潟がある所です。

そして昨日に釣り友のI君と行って来ました。

上は櫛田川左岸で公園が有り駐車場に綺麗なトイレもある良い所でしたよ。

ただし到着した時は午前6時過ぎで気温が0度ほどで強風が吹いててとても寒かったです。((((;゚Д゚)))) サムスギルー

それでこの寒さの中でのウェーディングは流石にきついのでブーツだけで沖に出ることにしましたよ。

上の写真はちょっとピンボケですが先ほどのものより左に振って写したものです。

それで左側には愛宕川有りますが満潮時には黒っぽい地面の所は櫛田川と繋がってるようです。

また画面中央部に草が生えてる所は満潮時には小島になる所のようですね。

そして釣りの方ですがまずは駐車場近くから始めますがやはり強風でとても寒くてやってられません。(>_<) ヤッパムリ

また風向きは画面の左から右に向かって吹いてたので小島状の所では風が避けれそうなので移動します。

すると予想通りにここでは風が避けれてそれほど寒くはなかったのでしばらく粘ることに。

しかし何の反応も無いまま時間が過ぎて行きます。(^_^;) シカタナイカナ

そして暫く経つと更に沖の方でナブラらしきものが立ってるのを発見します!

上の写真は小島状の所から更に沖に向かって写したものでこれの先端部でナブラが出てたんです。

それで急いで走っていきますが近ずいてみるとナブラではなく浅瀬部分に波が当たって水飛沫が出てるだけでした。(´Д`) ナンダカナー

でも折角移動したのでしばらく探ってみますが反応がなくおまけに何かゴミに掛ったみたいでルアーをロストです。( ;∀;) アアア

それにしてもこの場所は沖合600-700mほどの所になるので日本海では歩いて行くなど不可能な所ですよね。

しかし潮が満ちてくると戻れなくなるので潮が上げだした10時過ぎには撤収することにしました。

その後は更に風が強くなり釣りは諦めて他に良い場所は無いかを探しながらのドライブです。

上は櫛田川の右岸でがら埼という小さな半島が沖まで伸びてて先端部に干潟が広がってる所です。

上は櫛田川から堤防沿いに進んだところで鳥の大群が居ましたよ。

それにしてもこれほどの鳥の大群を実際に見るのは初めてなので少し感動しました。(;゚Д゚) スゴイナー

また一斉に飛び立つ姿は圧巻でしたね。

他にも津市の雲出川や安濃川などいくつかポイントを確認してきましたよ。

また更に伊勢の方だと宮川や外城川なども有るみたいなのでいつか行ってみたいですね。

という訳で昨日は釣果は無かったですがいくつか良いポイントを見つけられたので満足してます。(^.^)/~~~ マタネー

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の釣りはノーバイトでした (;_:)

2017年12月07日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

記事を書くのが遅れましたが12月4日(月)に釣りに行ってたんですよ。

場所は三重県津市にある町屋海岸です。

ここは先週行った阿漕浦海岸の少し北になり同じく遠浅のサーフですね。

またここは阿漕浦とは違い散歩をされる方が余り居なくて静かに釣りが出来る所でしたね。

それと今回のタックルはラブラックスAGS106MLとXファイア2510PE-Hの組み合わせです。

前回はネッサCI4+とストラディックCI4+でしたが少し腕が疲れたので軽いタックルにしてみました。

それとこのルアーは前の記事で紹介したフローティングペンシルのクー130Fです。

そして釣りの方ですが開始した時は下げ8部くらいの潮止まりが始まる時間帯でしたよ。

それでまずはウェーディングで30-40mほど沖合に出て始めますがベイトが全く見えません。(・_・;) イナイナー

それでも200mほど沖では鳥が結構群れいたのでベイトが寄って来るのを期待して続けます。

しかし何の反応もないので次はルアーを変えてボトム付近を探ることに。

それでしばらくすると何か引っ掛けたみたいでベイトがスレ掛りしたのかと少し期待して巻いてきます。

それで上げてみたら上の様にベイトではなくハマグリでした。(^_^;) チガッタカ

それとルアーはビーチウォーカーのアフレイドです。

ちなみにこのアフレイドの動きは若干ローリングする感じでウォブリングはほとんどしない直線的な感じでしたね。

どうも動きではなくリアに付いてるブレードのフラッシングと波動で誘うルアーのようです。

その後良く海を観察してると少し海面がざわつてる所が有るのを発見します。

それで近ずいてみると下の様に流れ込みがある所でしたよ。

初めは単なる堤防かと思ってましたが下に流れ込みがありそれが潮とぶつかって水面がざわつてたようです。

それで今度はこの流れ込みを中心に探って行きますがここでも何の反応も有りません。(´Д`) ココモダメダ

あとはもう上げ潮に乗ってベイトが寄って来るのを期待して粘ることにしました。

しかし結局16時過ぎの夕マヅメになっても何も変わることなく終わってしまいました。

という訳で今週は良いことのない釣行となっちゃいました。(;_;)/~~~

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいシャロー用ルアーを買って来ました

2017年12月03日 | 釣りグッズ ソルトルアーゲーム

私がルアーゲームをするときは殆どが遠浅サーフでやってます。

それでシマノのスピンブリーズやDUOのファルクラムなどのシンキングミノーでは海底を擦ってしまうので使いずらいんですよ。

また最近釣果を上げてるルアーは何れもシャロー用の物でしたので新しい物を買ってみました。

それで買ったのが↑の物でまず上側はシマノのクー130Fトウゴロウブルー 15gでフローティングペンシルになります。

特徴としてはレンジが10~30cmと非常に浅いことですね。

次に下側はDUOのビーチウォーカー アフレイド ラメピン27gです。

これはカテゴリーがよく分かりませんがシンキングペンシルになるのかな?

特徴としては頭の所にプロペラの様なプロップとお尻側にブレードが付いてる事ですね。

それで明日はまたサーフゲームに行く予定なので早速使ってきますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウェーディングでシーバスゲット

2017年11月28日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

昨日の11月27日(月)は先週に続き三重県津市の阿漕浦海岸までルアーゲームに行って来ましたよ。

ここを選んだ理由は先週マゴチが釣れたのと遠浅なのでウェーディングをしてみたいと思ったからです。

そして昨日の阿漕浦海岸は下の様に良い天気でベタ凪でしたよ。

それにしても伊勢湾は波が穏やかな日が多くて良いですね。

またここは東向きの浜なので向かい風になることも少なくキャストするのにも良いのでルアーゲームには良い所です。

それとタックルは何時もは数種類用意しますが昨日はネッサCI4+S1008MMHとストラディックCI4+4000MXGの1セットのみです。

またウェーディングするために当然ウェーダーは履きますし安全の為にゲームベストも装着します。

それと携行できるルアーも数が限られるのでどれを持って行くか選別したりと準備に時間が掛ります。(´・ω・) ドレニシヨウカナ?

それで到着したのは10時20分頃でしたが実際に釣りを開始したのは11時と遅くなっちゃいました。

そしていよいよ釣りを始めますがウェーダーの下にはタイツを履いてましたし厚手のソックスにしてたので余り冷たくはなかったですよ。

上の写真は水深が膝の所くらいだったので約50cmほどの所で波打ち際からは20mほどです。

20mといえばルアーでは大きなアドバンテージですのでオカッパリでは差が出ますね。

それでまずはフローティングミノーを中心に広範囲を探りながら南に向かって歩いて行きます。

そして1時間ほど経ったお昼前に水面をバシャっと跳ねるバイトが有りフッキングも決まります。(゚∀゚) キター!

釣れたのは約43cmと少し小型でようやくハネサイズのシーバスです。

それにしてもシーバスを釣ったのは昨年の8月末以来になるのでずいぶん久しぶりです。

ちなみにヒットルアーはシマノ エスクリムシャロー119Fのパールキスカラーです。

しかしこの時期にサーフでのデイゲームでシーバスが釣れるとは思いませんでしたよ。

やはり釣りでは何が起こるか分からないので自分の底力を信じないとダメですね。

となんかシマノの宣伝文句みたいの事言ってますがやはりその通りですよね。(/・ω・)/ マネカヨ!

その後は13時頃に沖の方で瞬間的に何度かナブラが出たりしましたが反応は無く時間が過ぎて行きます。

そして日没間際の17時まで粘りましたが結局はシーバス1尾で終わっちゃいました。

ホントは先週以上のマゴチが釣りたかったですがそうそう思い通りには行かないもんですね。

でもまあワンチャンスをものにして1尾だけですが釣り上げることが出来たので満足してます。(^.^)/~~~ マタネー

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加