気まま釣行記

サーフキャスティングが大好きで投げキスやルアーゲームがメインです。
釣行記だけでなくタックルの紹介などもしてます。

ロックショア&サーフゲームしてきました 前編

2017年03月30日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

昨日3月29日(水)に人生初のロックショアゲームに行って来ましたよ。

それで前から楽しみにしてたことも有り前日はなかなか寝付けず遠足前の子供の様な感じでしたww

そのせいで起床時間は予定よりも1時間も遅れちゃいました。(^_^;) ヤッチャッタ

ただ荷物は前日に車に積み込んでいたのであたふたと着替えてすぐに出発です!

それと道中の京都縦貫道の終点が与謝天橋立から丹後大宮まで伸びてましたよ。

延伸距離は4キロほどですが時間的には15〜20分ほどの短縮になりましたし無料区間なのも良いですね。(^o^) ベンリニナッタヨ

その後はスキ屋で朝定食を食べてエネルギー補給をして現地に着いたのは6時過ぎでした。

なお釣り場はネットで見つけた犬ヶ岬という所です。

また犬ヶ岬の入り口付近には上のように無料で置ける駐車場が有りますよ。

そして下のように綺麗なトイレも有り自動販売機が有るのも良いですね。

到着後は早速タックルを準備し磯用シューズに履き替えランディングネットを付けたライフジャケットを着て現地に向かいます。

そして釣り場までの遊歩道を歩いていると釣りを終えられた人とすれ違います。(。´・ω・)? エラクハヤイナ

それで釣れましたかと聞いてみると足場が悪くて怖いので諦めましたとの事でしたよ。

よく見るとその人の靴はビジネス用の革靴みたいでしたし磯場をなめてはいけませんよね。

そして歩くこと約15分ほどで磯場に到着です。ただ私は高所恐怖症なので出来るだけ低い足場の所を探します。

打ち明けると私があまり堤防で釣りをしないのはこのためだったんですよ。

上が私が選んだ場所ですがここに行くまでは結構高低差がありますので気を付ける必要がありますね。

実際にこの場所の手前で滑って転倒してしまいましたしね。(・.・;) アブナカッター

ただ少ししゃがんだ状態からだったので怪我は有りませんでしたよ。

それにしても磯用シューズでも濡れた海藻などが生えてる所はやはり滑ります。

でもそれ以外の所ではよくグリップしてくれて安心感が有りましたよ。

そしていよいよ釣り開始ですが磯場の雰囲気は良いもんですね。

上は釣り場の左手になります。そして下が右手になります。

この様に荒々しい所でのごついタックルでのキャスティングゲームってまさに男の釣りって感じですよね。(`・ω・´) ヤルゼ!

そしてまずは16cmのダイビングペンシルから始めましたがこれが結構大変でした。

重さは65gでメタルジグと変わりは有りませんがルアーの大きさがデカいので空気抵抗も半端ないです。

それでキャストすると反動が大きく結構体が振られそうになります。

また初めての釣りで慣れても居ないので早々にルアーを交換することにしましたよ。

その後は色々と投げ比べてみましたがやはりシンペンが一番飛ぶので気持ち良かったですね。ヽ(^o^)/ タノシー

この様に気持ち良くキャストを続けてましたが魚からの反応は全くありません。

それで表層がだめならボトムから探ってみようと思い前日に買ったメタルジグに変更してみました。

そして数投目で着底からしゃくり上げた時にガツンと根掛りです。(´Д`) アーア

何かに思い切りフックが刺さったみたいで外れる様子もないのでラインとロッドを直線状にして思い切り引っ張ります。

そしてブチッと外れたのはリーダーの先に付けてるスイベルでしたよ。

このことから私のFGノットも上達してるなと確認できたのは怪我の功名かな?

この後も魚からの反応がないまま時間が過ぎていき10時を回った頃に目の前に大きな潮目がやって来ました!

それで潮目が離れるまでひたすらキャストしましたが結局は何の反応もなったです。(._.) ダメデシタ

また足場の悪い所でのキャストは結構足腰に負担が来るのでまだ体力に余裕のあるうちに終了することにしましたよ。

この様に結果は出ませんでしたがサーフとは違った魅力のロックショアゲームを味わってきましたよ。

(^_^)/~ 後編に続きますよ

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また新しいルアーを買っちゃ... | トップ | ロックショア&サーフゲーム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣行記 ソルトルアーゲーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL