気まま釣行記

サーフキャスティングが大好きで投げキスやルアーゲームがメインです。
釣行記だけでなくタックルの紹介などもしてます。

力糸を自作してみたよ (・∀・)b

2017年06月17日 | 釣りグッズ 投げ釣り

投げ釣りで必需品の力糸ですがPEだとだいたい1本辺り1000円ほどしますよね。

これが1日で何本も根掛りでロストしてしまうと結構な出費になり大変です。

話は少し飛びますが私はショアジギングの時にPE3号のメインラインと70lbのリーダーの間にPE6号のスペーサーを入れてるんですよ。

またライン同士の結束はFGノットにしてますがPEどうしでも結構強度が有るんですよね。

それでこれは力糸にも応用できるのではないかと思いたったんです。

とういう訳で必要になるものが下になります。

上側は舟用PEラインの6号と3号下側は同じくPE1号そしてFGノットをするときに使うノットアシストです。

ノットアシストは無くても良いですがこれが有ると現場でも簡単に強度の強いFGノットが組めますので便利ですよ。

あとは空スプールが有ると力糸を保存するのに便利ですね。

それで作り方はまずは6号ラインを10mほど空スプールに巻きます。

そして3号ライン1mくらいをFGノットで結束し次に1号ライン1mを更にFGノットで結束するだけです。

またこれらのラインは100m1000円ほどの物なので1本あたりの単価は約120円ですので市販の物に比べて大幅にコストダウンできますよ。

あと心配なのはキャスト時に結束部がガイドに絡む原因になるかもしれませんね。

それで対策としては通常のFGノットの半分ほどの編み込み回数にしてるんですよ。

とにかく次の釣行でテストを兼ねて使ってきますのね!

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香良洲海岸でスピンパワーの... | トップ | 御殿場海岸で投げ釣り (・.・;) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL