独占!AKIRAの時間

今年もガンバ大阪 オリックスを応援していきます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

攻める気持ちが導いた予選突破

2007年05月23日 23時58分31秒 | ガンバ大阪
ご存知のとおり、ナビスコ予選最終節、ガンバが神戸を4-2で破り、グループ2位ながらも決勝トーナメント進出を決めました!

昨日のGメールにあった「勝てば何かが起こる」、この言葉、優勝を決めた一昨年の川崎でも語られた言葉ですよね。奇しくもアウェーの地でガンバらしいサッカーを見せて4-2という同じスコア。何か因縁めいたものも感じたりします。
結果論から言えば、今日ゴールラッシュせずに1-0で勝っていても決勝トーナメント進出は叶っていました。でも、1位通過のための条件(結果的にはなりませんでしたが)、2点差以上の勝利を目的にしたからこそ、この結果に結びついたと思います。
今日は会社を定時に(他の社員からの冷たい視線を浴びつつ)出て、神戸に向かった甲斐がありました。キックオフ5分過ぎになんとか着いて、バレーの先制ゴールも見れたし。しかし、今日のホムスタは完全にガンバのホーム化していましたね。サイドもそうだし、サポの数もガンバのほうが多かった気がしたし、何で、バレーやマグノのゴールの後にリプレーがないのか不思議に思ってたら、そこでアウェーなんだと思い出したくらいですw。帰りの地下鉄も青黒ばかりで、プチ電車ジャック状態でした。
さぁ、これで準々決勝の相手は浦和に決定。万博では7月14ないし15日に行われます。カップ戦とは言え、週末のレッズ戦と言うことでおそらく満員が予想され営業さんは大喜びではないでしょうかw。そのちょうど1ヵ月後にはリーグ戦でも5たびあいまみえる両チーム。ここで準決勝に進んだほうがリーグ戦でも優位に立てる気がします。でも、この頃アジアカップなんですよね?メンバー的には、互いにベストにはならないか・・・。
ジャンル:
サッカー
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 点を取って勝て! | トップ | 何のための引退勧告?何のた... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事後報告ですみません ()
2007-05-24 03:49:42
歌え!万博ブログの兄です。
こちらの記事が私の伝えたいことをあますところなく書いて頂いておりまして、勝手に直リンさせて頂きました。
すみません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL