若妻印

いぶし銀の若妻のおいしい日常
食べることしか考えてません。

タイのお菓子

2007年12月30日 19時17分24秒 | 捕まえた!
今年もさしせまってまいりました。
正月物の買出し途中、タイ人街に踏み込みましたよ。
新しい生菓子発見!らっちー!

上の白と緑のは、「ウン・カテイ」かな?
けっこう固い、寒天。
白はもちろんココナッツミルク。
あれ?やしの果肉も入ってましたよ。
緑はバイトーイというか、まぁ食紅でしょうが、けっこう好きなお味。
当たり!

下の茶色いのは
「モーケーング・トア・プアク」
一見してバナナケーキ。
が、ぺろっと舐めてみたら、炒め玉ねぎの味がする!?
プリンみたいだけれど、一口食べてみれば
揚げてないコロッケの味だ。
じゃがいもの舌触りだよぉ。
これお菓子だよね?
おかずじゃないよね?
一応かなり甘いけど。
うーん、謎。
材料は
青豆、砂糖、ココナッツミルクとな。

バーン・カノム・タイの品なり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロースハム

2007年12月28日 00時59分31秒 | 食べ物作りました

憧れのロースハム、高級品を作りますよ。
カナダ産豚ロースを89円でゲット。

7日間塩漬けした肉の図。
とんかつにするロースが、なぜ真ん丸いハムになるの?
長年の謎をついに解明!
ロース肉はブミョブニョ柔らかいから、縦横に変形がきくのね。

ぶにょぶにょ柔らかいから、丸くなるように、ガーゼできっちり巻いた上から、輪ゴムで縛りましたよ。


塩出しの後
サクラのチップでスモーク開始。
ずっしり重いです。


太っちょさんだから、じっくり2時間スモーク。


さらにトロ火で30分ボイル。


ゆで汁の中で、そのまま冷まして完成。


まさにハムです、いぇい!
味も香りも高級品。

生肉→スモーク後→ボイル後
909g→755g→670g
911g→790g→725g


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古代米

2007年12月27日 00時42分40秒 | 食べ物作りました

古代米というものをいただきましたよ。
静岡で作っているらしいです。
もち米玄米なんですね。
真っ黒でゴマみたいです。


白米と同じ水加減で、そのまま炊き込めば良いということで
一割ほど混ぜてみましたよ。
白黒で花崗岩みたいですね。
おや?
研いでいると、チョコレートの香りがして来ました。
ポリフェノールですかね。


炊き上がりの図。
まさに赤飯です。


ほぐしましたの図。
おいしそう。

さて食感は
まさにもち米の赤飯。
目をつぶって食べたら、小豆バージョンと区別がつきません。
しみじみおいしい!
ごま塩振って、おかずなしで、これだけを食べ続けたい感じ。

これは使える!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り込めた

2007年12月26日 22時01分20秒 | 闘ってます
今日は魚座が1位だぜ、いぇい!

朝の「とくダネ!」でオヅラさんが、銀行で昨日の若妻と同じ目に逢ったと怒ってましたよ。
やはり、テロ対策とか言って、善良な市民に厳しいシステムが間違っておるのだ。

振り込み雪辱戦、朝イチでTMUFJ銀行へ出動しましたよ。
ダンナの身分を証明するパスポートと、印鑑も持ちましたよ。

昨日の混み様は、給料日だったからなのね。
今朝は余裕で空いていたので、番号札取る前に、書類に記入と。

そこへお客様相談係のおじさん登場。
「あら?これならATMで送れますよ。」
???
「10万越えてるんですけど。」
「一旦、口座に預けていただければ、口座間なら制限ないんです。

知らなかったよぉ!
10万以上はATM×というのは、現金で振り込むときだけなんだって。

「これ窓口通したら、手数料840円かかります。」
ありがとう、おじさん!
半分の手数料で無事ATM出来たよ。

愛のないシステムの中で、一片の心を見た思い。
見直したぜ、TMUFJ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り込めない

2007年12月25日 19時03分29秒 | 闘ってます
俺を怒らせるのはいつも銀行である。

ダンナがずっと先延ばしにしていた支払い、若妻が振込みに行くことにしましたよ。
すぱっと爽やかに新年迎えたいじゃない。
やっぱり俺が動かにゃいかんのだ。

10万円ちょっと
ATMでは送れない、ビミョーな金額である。
窓口に行けばいいんでしょ?
現ナマを持って、振込口座のあるMS銀行へ。

年末の金融、混んでます。
振込用紙に記入し、30人待ちましたよ。

さてと順番が来て、窓口に書類を出したらば。
「当行の口座はお持ちですか?」
いーえ。
相手方の銀行に来たんですもの。

「その場合、まず振込みご本人様の身元照会が必要になります。」
へっ?
ダンナの免許証持ち歩いている女房がいるわけないだろ?
こちらはお金をもらうんじゃなくて、払うんだぜ。
どっちかっていうと、振込みの照会をして欲しいもんだわ。
...なんて訴えてみたところで、窓口嬢は哀しい”システムの犬”である。

他の銀行のダンナの通帳ならあるんだけどなぁ...
「それでは、こちらではお振込みはお受け出来ませんので、お口座のある銀行の窓口へどうぞ。」
使えねぇ!

しかたなく、ダンナの口座のあるTMUFJ銀行へ移動。
が、
3時で窓口閉まっちゃったぜ。
使えねぇ!!

明日もう一度ご足労しろってか!?
これで振込み手数料まで取ろうって言うんでしょ!?
10万以下に小分けして、ATMで送ったりしたら、手数料倍かかるしな。

あんたらは椅子に座ってて、何が手数だ!
こちとらお客様は、交通費かけて、わざわざ出向いてるんだぞ!
こちらがお車料でもいただきたいところだわ。

どこの銀行でも同じ決まりだというけどね
まったく、愛のないシステムだわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加