ひまわり博士のウンチク

読書・映画・沖縄・脱原発・その他世の中のこと

アジア記者クラブ3月定例会

2017年03月15日 | 昭和史




アイコンクリックで原寸大チラシ

 田中宏さんは、一橋大名誉教授で経済学者。在日外国人問題にくわしい。現在の、極右によるヘイトスピーチなど、在日外国人差別の根源は、明治時代からの侵略政策にもとづく朝鮮・中国蔑視に始まったと説く。
 今年、2017年は、1937年の盧溝橋事件(7月)、南京大虐殺(12月)から80年にあたる。日本政府がいまだに背を向けたまま解決することを拒んでいる、戦争責任・戦後責任について語っていく。
 
〈著書〉
『虚妄の国際国家・日本 アジアの視点から』風媒社 1990年7月
『Q&A外国人の地方参政権』五月書房 1996年3月
『戦後60年を考える 補償裁判・国籍差別・歴史認識』創史社 2005年8月
『在日外国人 法の壁、心の溝 第3版』(岩波新書)岩波書店 2013年5月
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 哀悼、鈴木清順監督 | トップ | 「クジラ」を通してみる、人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。