回転寿司の真相と偽装魚の実態

回転寿司は偽装魚・深海魚だらけ・・・
レーンから下げたネタも使い回す不衛生さ
知ったら2度と店に行けなくなる!?

山葵にはホースラディッシュ・香辛料・着色料などいろいろ混ぜられている/回転寿司の真相117皿目

2017年04月18日 | 少なめにしたい食材
Nshinsoutp

回転寿司の真相シリーズ117皿目 第1部/恐ろしい?回転寿司編
ROUND7 注意すべき点があるため少なめにしたい食材
山葵にはホースラディッシュ・香辛料・着色料などいろいろ混ぜられている

Sushib117

注意ネタ12品目・業務用の山葵(わさび)/寿司(握り)に使われる山葵は少量なので、身体には影響ないものの“混ぜ物”であることを知っておきましょう。山葵といっても、驚くほど様々な食品添加物が入れられています。詳しくは、参考ページにリンクしてみて下さい。

回転寿司店の山葵には、かなりの割合で“西洋ワサビ”が混ぜられています。西洋ワサビとはホースラディッシュ・ワサビダイコン種で、山葵とは関係のない野菜です。色が白く粘り気がないために、緑色に着色して食品添加物を混ぜ込んでいます。見るからにくどい緑色をして、粉っぽいのも否めません。嵩(かさ)を稼ぐ、辛さが持続するように、様々な副原料や添加物が多いのです。他にも植物油脂・香辛料抽出物・環状オリゴ糖・香料などが入っています。自分で山葵を付けるファミリー店では、できるだけ少量にしましょう。

一方、本物の山葵は舌触りも辛さも爽やかです。一般寿司店では、白身ネタの握りに比べ鮪(まぐろ)などの赤身は、ネタに付ける山葵の量を若干多くしています。赤身は脂が多いため、感じる辛みが減ることを調節するためです。また刺身で食べる場合、ほとんどの方が山葵を醤油に溶きます。本来は、山葵を刺身に付けます。これも山葵(本物であれば)の香りと、刺身と調和したスッキリした辛みを味わうためです。

Sankoua_2 同じ管理人の「食品のカラクリと食べ物語ブログ」 (詳しい内容)
チューブ入りの生わさびと本わさびはどう違うの?

酷い実態は全ての回転寿司店を示すものではありませんが
多くの店で横行しているのも事実です。

Npoint1 カテゴリの第1部/目次から、恐ろしい?回転寿司編の記事が
ご覧になれます。
 第1部/目次に移る

Ntodairetop
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 回転寿司店ではネタの旨みが... | トップ | 鰹の偽装魚はアロツナス/回... »

少なめにしたい食材」カテゴリの最新記事