回転寿司の真相と偽装魚の実態

回転寿司は偽装魚・深海魚だらけ・・・
レーンから下げたネタも使い回す不衛生さ
知ったら2度と店に行けなくなる!?

回転寿司店の業務用マヨネーズは卵や油脂の質が悪いものが使われる/回転寿司の真相114皿目

2017年03月21日 | 少なめにしたい食材
Nshinsoutp

回転寿司の真相シリーズ114皿目 第1部/恐ろしい?回転寿司編
ROUND7 注意すべき点があるため少なめにしたい食材
回転寿司店の業務用マヨネーズは卵や油脂の質が悪いものが使われる

Sushib114

回転寿司の注意ネタ9品目・業務用マヨネーズ/海鮮マヨサラダなどのマヨネーズ和えは、レーンから下げて古くなったネタを使い回したものです。非常に不衛生なので、散々、皿を取るなと申し上げました。かつて“マヨラー”という言葉があったように、特に若い方はマヨネーズが好きです。しかし問題点も多いので、食べ過ぎに気をつけたいものです。

マヨネーズはカロリーが高く、70%が油脂なので100g単位で700kcal・大さじ1杯15gでも100kcalもあります。卵が沢山入っているイメージとは裏腹に、容器当たり1~2個しか卵が入っていません。言わば、脂の塊を食べているようなものです。回転寿司のマヨネーズは業務用なので、卵や油脂の質は遥かに悪いものが使われています。業務用玉子焼きと同じく、2年前の冷凍液卵かも知れません。油脂を摂り過ぎないためにも、家庭用・業務用を問わずマヨネーズは少なめにしましょう。

因みに両者のマヨネーズを販売しているキューピーの正式社名は、キーピー(株)です。小さなではなく、大きい字のです。Canonも、キノン(株)です。バランスや強調の意味があるようです。商品名・ブランドは、小さなです。人は表示を見ているようで、見ていないようです。

Sankoua_2 同じ管理人の「食品のカラクリと食べ物語ブログ」(詳しい内容)
キューピーハーフはカロリーを半分にした結果、無くなった旨みを添加物で誤魔化す
有名店の厚焼き玉子やオムレツは2年前の冷凍液卵で作る

酷い実態は全ての回転寿司店を示すものではありませんが
多くの店で横行しているのも事実です。

Npoint1 カテゴリの第1部/目次から、恐ろしい?回転寿司編の記事が
ご覧になれます。
 第1部/目次に移る

Ntodairetop
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 納豆巻きを始め現実には遺伝... | トップ | 中小の回転寿司店・弁当チェ... »

少なめにしたい食材」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事