回転寿司の真相と偽装魚の実態

回転寿司は偽装魚・深海魚だらけ・・・
レーンから下げたネタも使い回す不衛生さ
知ったら2度と店に行けなくなる!?

偽装魚の実態シリーズ/リンク表紙 [偽装魚ファイル・赤身魚]

2017年04月20日 | 赤身魚|偽装魚の実態
Ngisougyojittaitp

偽装魚の実態シリーズ 偽装魚ファイル・赤身魚/リンク表紙
赤身の王様 鮪・ネギトロや鰹も信用してはいけません!
赤身魚の代表・鮪(まぐろ)も偽装が頻繁化しています 食品添加物
着色料、さらには植物油などを塗って誤魔化しているのです


Cf06b_2

いつも偽装魚の実態シリーズにお越し頂き、誠にありがとうございます。
「偽装魚ファイル/赤身魚」の内容は、リンクインデックスから記事にリン
クされるか、このカテゴリをページダウンするとご覧になれます。

Nindex

Maguro_2

▽鰹(かつお)の偽装魚の実態 |アロツナス (簡易投稿)

▽鮭(さけ)の偽装魚の実態 |ニジマス(サーモントラウト) (簡易投稿)

▽鮪(まぐろ)・ネギトロの偽装魚の実態 |アロツナス・ガストロ・アカマンボウ
 鮪にも偽ネタがあり南半球にいるアロツナス・ガストロが使われる
 ◇ネギトロにはアカマンボウや赤く着色した白身魚が混ぜられる

一般的な寿司ネタの便宜的な区分であり、魚介類等の分類とは異なります。

Npoint3 誠に勝手ながらコメントのやりとりは致しておりません

Ngisougyotop1
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 鰹の偽装魚はアロツナス/回... | トップ | 回転寿司店の紙パック入りの... »

あわせて読む