うるせーオヤジだ!ブログ

少年老い易くガクッと成り易し~めっきり思考力が落ちたオジサンでも、無節操・不条理な世の中に怒っているゾー!

憲法改正に850億円を使うより改正せずにできる「教育無償化」に充てろ

2017年05月17日 | 政治情勢
先日、TVの国会中継を見ていて、安倍首相の野党や国民を舐め切った態度に
腹が立ちました。
唐突に憲法改正、それも具体的な内容や日程(2020年)までも言い出したからです。
野党が追及すると、詳しくは「読売新聞を熟読しろ!」の一点張りに呆れて物が言えません。

総裁の立場として言っているとしているが、
熟読しろと言った読売新聞のインタビュー記事には、ハッキリ「安倍首相」と書かれています。
また改憲ビデオメッセージの収録場所も、首相官邸と判明。
実質、「首相の立場」で主張を行っており、詭弁の連続です。

そもそも憲法第99条に、首相(国務大臣)は「憲法尊重擁護の義務」が定められています。
憲法審査会が物を言うならともかく、それを無視した首相発言に当の自民党もお冠だ。
首相の憲正の“私物化”は、甚だしい。

第9条の他に、大学の高等教育無償化をセットで憲法改正をするとしています。
9条は国民の抵抗があるから、
賛同を得やすい教育無償化の「オトリ作戦」はミエミエ。

笑ってしまうのは、大学の無償化と言っているが、その前に高校の無償化ができていない。
そもそも憲法を改正しなくても、法律を変えれば大学の無償化ができるそうです。

憲法改正(国民投票)に、850億円も掛かると聞きます。
投票の他に、事前の案内TV/CMやパンフレット配布なども含む。

そんなことなら憲法を改正せずに、850億円丸々を高等教育無償化に使う、
あるいは奨学金に回したほうが、役に立つというものだ。
税金は政治家の強欲に使うものではなく、国民の生活のために使うものだ。

このオヤジ!たまには良いことを言う・・・

 TOPページへ
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 童謡「シャボン玉」って“屋根... | トップ | 森友・加計学園疑惑はそば屋... »

あわせて読む