暮らしの裏側

社会の矛盾や理不尽さ、認知症や介護問題、家庭用品が及ぼす
有害物質、医療費控除の申告などを分かりやすく説明します!

医療費の明細書に書き切れない時はExcelの内訳書を添付する/医療費控除R4-6

2014年07月22日 | 医療費の明細書作成編
S2taxtp 郵送で済ませる医療費控除(還付申告)シリーズ

医療費の明細書作成(手書き)編 R4-6 ■還付申告には医療費の明細書が必要です
医療費の明細書に書き切れない時はExcelの内訳書を添付する
一度内訳書を作れば毎年の申告に活用できて簡単・便利

Tax321570122

Tax8545076 当シリーズ5年連続!アクセスNO.1記事

■C案/Excelで内訳書を作成し毎年使う
前号に続き、領収書の内容を「医療費の明細書」に書き切れない時の対処、C案です。まず、2つの図表をご覧下さい。左側の「医療費の明細書」に、「内訳書の通り」と1行だけ記入するだけで済ませます。そして右側のPC(Excel)で作成した「内訳書」を添付(同封)する方法です。

でも「内訳書」を作成しても、結局は領収書の内容を転記する訳で、却って余計に手間が掛かって面倒では?と思われるかも知れません。しかし我が家(ブログ者)の家族を見ていると、各人の体質や病性から毎年~①同じ病気で ②同じ病院へ通っています。実は、それが「内訳書」を作るミソです。

恐らく領収書(医療費)が多い家庭は、毎年「医療費控除(還付申告)」をしていると思われます。そのようなことから、1度PC(Excel)で「内訳書」を作ってしまえば、毎年、同じ病院・同じ病気ごとの「小計額」欄を変えるだけ(修正入力)で済むからです。

[そっとアドバイス] 確かに初年度は手間が掛かりますが、「医療費控除(還付申告)」本当の作業の省略化は、「内訳書」をPCで作成することです。

▽医療費の明細書(内訳表同封記入例) ▽内訳表の様式・記入例/図表
Taxh25b         Taxh26
 ↑ どちらの図表もクリックすると画面が大きくなり、もう1度クリックすると拡大します。
(注)「内訳書」の記入費目に限り、今まで紹介した山田さん一家の一連の内容と異なります。

国税庁のHPに直接入力する方法でも、当「内訳表の様式」のような『医療費集計フォーム』が新設されました。しかし、案外、手間が掛かり、使いづらいと思います。

■毎年の還付申告は「内訳表」の金額だけ変えるだけでOK
図表はある年の我が家の医療状態を、山田太郎さんの家庭に置き換えて作成したものです。経験上、毎年概ね8~9割が同じ病院・同じ病気項目です。繰り返しますが税務署への提出にあたり「内訳書」の項目ごとの金額を変えるだけで済みます。もちろん新しい病院へ行った時は追記、行かなかったら削除します。毎年、そう大きな変化はありません。

皆様のご家庭でも、領収書が多い・概ね毎年「医療費控除(還付申告)」される方は、これを参考にExcelでフォーマットを作りお試し下さい。この場合も前号のB案のように領収書を1枚ずつ書くのではなく、同じ病気ごとに合計額を出して記入件数を減らします。

■A~C案は税務署公認?1度もクレームはありません
[そっとアドバイス] 現に我が家では、10年以上もこの方法で申告しております。しかし今まで、1度も税務署からクレームが付いたことはありません。今回のシリーズ投稿に際し、あらためてA~Cの3案について税務署に記入方法の是非を確認したところ、『特に問題ない』との回答を得ております。皆様のご家庭に応じて、ご紹介したアイディアや皆様独自の方法などを使い分けたらいかがでしょうか。

Sankoub
前号/A・B案・領収書枚数が多く医療費の明細書に書き切れない時は小計表示をする
(2行書き/家族・病院・病気ごとに小計額を記入する方法)
補てん金が医療費より多く引き切れない時はどうするのか

Ntaxtop2c 医療費控除シリーズ/他の記事を読む(目次に移る)
『節約』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 郵送で済ませる医療費控除(... | トップ | ぜんそく原因の解決3・解熱... »
最近の画像もっと見る

医療費の明細書作成編」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事