暮らしの裏側

社会の矛盾や理不尽さ、認知症や介護問題、家庭用品が及ぼす
有害物質、医療費控除の申告などを分かりやすく説明します!

東京五輪ホテル不足の奇策!国がラブホから一般ホテルへの改装を促進/少数派

2017年10月30日 | 社会問題 1
Nminoritytp 少数派シリーズ/社会問題 (オヤジ風短文)
東京五輪ホテル不足の奇策!国がラブホから一般ホテルへの改装を促進

外国人の訪日増加から、現時点でもホテル不足が深刻のようです
その影響を受け、全国のビジネスマンが東京へ出張の際はホテル探しに苦難
さらには高騰する料金も頭痛のタネ

こんな状態で、東京オリンピックを迎えることに国は、
やれホテル増設だ民泊だと、ホテル不足を解消することに躍起

そこで出てきた厚労省の策が、何と~ラブホテルを一般ホテルに改装する奇策
日本政策金融公庫を通じ、改装融資を行い促進するそうです


ラブホテルといえば、かつて雨後の筍にように乱立したが、その後の経済と同様に
国民の「下半身」も元気がなくなり? 需要は停滞・下降しているようです

そこで業者と国両者の思惑が一致したのが、ラブホテルの活用
現在の仕様のままではNG(笑)なので、シングルベッドや食堂を設けるなどが条件

突飛と思えるが、国の策以前にホテル業者の一部はラブホテルに見切りを付け、
外国人向けに、こうした形態が既に存在し、かつ増加している


日本人の意識とは異なり、特殊な空間やデザイン・色彩に外国人は大喜び
この手のものは外国にはないので、子供を喜ばすために家族連れで来るそうだ

部屋はあえてそのままの形を残し、
“お二人様”以上でも泊まれる仕様(従来の隣室と合体)に変えている
あのラブホテルがファミリーホテルになるとは、想像にも及ばなかった

この際いっそのこと
全国の“ラブホ”を、国民の健康促進?と経済発展のために国営にしたら?
これこそ、「愛」がある政策だ

N573308tp 少数派シリーズ/他の記事を読む(目次に移る)
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 私は「ハンザキスト」(半崎... | トップ | 少数派シリーズ/分野別リン... »
最近の画像もっと見る

社会問題 1」カテゴリの最新記事