暮らしの裏側

社会の矛盾や理不尽さ、認知症や介護問題、家庭用品が及ぼす
有害物質、医療費控除の申告などを分かりやすく説明します!

ジョブ・クリエイターになれ(一流ビジネス・パーソンへの道)/智恵を使うビジネス・基礎編6

2017年03月08日 | ビジネス講座|入門・基礎
Businesstp
ビジネスも智恵を使えばデキル奴シリーズ ビジネス講座感覚/基礎編6
ジョブ・クリエイターになれ (一流ビジネス・パーソンへの道)

ビジネス・パーソンの成長過程を考えると、まず「タスクをがっちりとこなせる必須のステップ」があり、次第に「ジョブができる」ようになるプロセスをとる。ビジネス世界の先輩から見ると、このプロセスに、最近の若手から中堅社員が気付いていない(あるいは気付き方の浅い)問題点がある。すなわち仕事とは、誰かが与えてくれるものだ、やることは明確に定義されているものだ、やり方は教えてくれるものだといった、仕事に対する『受け身』の姿勢から脱却できない人が多いことである。言わば、「タスク処理屋」に終わっている人だ。

「伸びる人」と「伸びない人」の差が、ここにある。タスク処理屋のままでは、いつまで経ってもビジネス・パーソンとして大成することはないと自覚して欲しい。ジョブを自ら創り出していく「ジョブ・クリエイター」になることが大切なのだ。こう言い切ってしまえば簡単だが、現実には難しい。現に上司のお伺いをたてるという名目の下に、実はタスクを与えてもらって仕事をしようとする人々だってザラにいるのだから。

因みにタスク処理屋からジョブ・クリエイターへ脱却する第一歩は、「タスクの処理の仕方を工夫する」ところから始まる。工夫することを始めれば、必然的にタスクの目的や方法論、自分なりの進め方へと「意識が拡大」していくものだ。是非そうあって欲しい。与えられたタスクをこなしたから自分は仕事をした、という自己満足に陥ったままでは、高級ロボットの月給取りでしかない。タスク処理屋に終わらず、ジョブ・クリエイターに「自分を変革させる」ことこそ、「一流ビジネス・パーソンへの道」だと認識して欲しいものだ。

Odayakatoptp ビジネスも智恵を使えばデキル奴/他の記事を読む(目次に移る)
ジャンル:
スキル
この記事についてブログを書く
« 豊洲新市場の危険性を私は2... | トップ | 豊洲新市場からは将来に渡り... »
最近の画像もっと見る

ビジネス講座|入門・基礎」カテゴリの最新記事