食品のカラクリと食べ物語

食品の安全・安心が総崩れし、成分不明な食材・商品ばかりです。
その酷さやマヤカシ、危険性・不健全さに迫ります!

餃子の王将社長が射殺されてから手間が掛かる餃子の両面焼きの依頼は遠慮/オヤジの辛口投稿

2017年05月16日 | オヤジの辛口|記事
Sind9950153b オヤジの辛口投稿シリーズ
餃子の王将社長が射殺されてから手間が掛かる餃子の両面焼きの依頼は遠慮

■餃子の裏表ともパリパリが好みの方は犯人が逮捕されたら依頼を!
「餃子の王将」の大東社長が京都市山科区の本社前で射殺されたのは、2013年12月19日のことだった。殺害後、犯人はバイクで逃走し未だに捕まっていない。従業員も、ショックだったでしょう。当初は創業者が起こした資金トラブルではないかと報道されたので、すぐ解決すると思っていた。その後、九州方面の暴力団員が犯人?の情報も流れた。私の家族は、時々、王将の餃子を食べることもあり、またかなり前に1年半ほど山科区に住んでいたので、関心を持っている。早い逮捕を望む。

気の毒なので社長死亡後は、私の家族は王将の店で、手間が掛かる餃子の裏表を焼く「両面(りゃんめん)焼き」の注文は遠慮している。一般的に餃子は、パリパリに焼けた面としっとりモチモチした面の食感が相俟って美味しい。しかし我が家の家族は、皮の両面をパリパリにした餃子が好みのようだ。注文時に頼めば、両面を焼いてくれる。それを知ったきっかけは、TVのグルメ番組だった。王将に限らず大手飲食チェーンで、ひと言頼めば無料(一部、有料)で一手間掛けてくれるそうだ。残念ながら王将以外は失念してしまったので、検索したら「有名チェーン店の裏メニューまとめ」というサイトがあったのでご参考に!(下記参照) 王将は基本的にどの店でもやってくれるが、喜んでやってくれる店と、手間が掛かるので嫌々ながらの店がある。犯人が逮捕された暁には、“堂々”と復活依頼したい。餃子の両面パリパリが好みの方は、できたら犯人が逮捕された以降に依頼を!

Sankoua_2
有名チェーン店の裏メニューまとめ
ジャンケン餃子って知ってますか?店名でもなく新製品の餃子でもない (当ブログ)

TOPページへ  オヤジの辛口投稿/他の記事を読む(目次に移る)
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 回転寿司ネタには中国養殖魚... | トップ | 豊洲市場の安全宣言は欺瞞、... »
最近の画像もっと見る

オヤジの辛口|記事」カテゴリの最新記事