北翔大学 教育文化学部 教育学科

本学科は保育士資格、小学校、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、養護教諭、中学・高校(音楽)の一種教員免許などが取得できます。

北海道教育大学附属札幌小学校の教育研究大会に参加

2015年07月26日 | 高校生のみなさんへ
 7月11日(土)に初等教育コースの2年生は、北海道教育大学附属札幌小学校の教育研究大会に参加し、国語、算数、理科、社会、英語、道徳、体育、図画工作、音楽の公開授業をみてきました。学生は各教科の指導法を学んでいる最中なので、とても勉強になりました。(木下教子)

北翔大学教育学科のロゴ

2015年07月08日 | 高校生のみなさんへ
教育学科のロゴができました。

オープンキャンパス 盛況に終わる

2015年06月17日 | 高校生のみなさんへ
 6月13日の「オープンキャンパス」は例年よりも多くの方々に参加いただき、確かな手応えを感じました。たいへん感謝しています。
 北翔大学のオープンキャンパスに来て、入学への意思を決める率が高いのも本学の特色です。やはり、実際に見て、聞いて、感じて、考えて決めていただくのが何よりです。


↑ 学科相談の様子です。ここでは、パンフレットなどではわからないことなど、実際に納得いくまで聞くことが出来ます。大学への進学を決めた人にとってどの大学を選ぶか、それは、とても重要です。よりよい判断をするために、ぜひぜひオープンキャンパスへの参加をおすすめします。


↑大学を出て卒業生がどのようにしているか、とても気になると思います。今回のオープンキャンパスでは実際に卒業生の話しを聞ける場もつくりました。もちろん、参加するみなさんもいろいろな質問が出来ますから、学科相談とはまた別の形で、北翔大学教育学科のよさを理解できます。
オープンキャンパスでは高校1,2年生の参加もありました。はやめに自分の進路や生き方を考えるのはとてもよいことだと思います。

次回のオープンキャンパスは2日間あります。お待ちしています!

音楽科指導法1 オペレッタ

2015年06月12日 | 高校生のみなさんへ
 音楽科指導法の中でオペレッタに取り組んでいます。オペレッタは7月16日(木)に学内で一般公開します。
写真は6月18日の模擬授業の様子です。






5月25日に授業指導案を書きあげ、その都度、授業反省も行いながら、6月18日を迎えました。
今後、学内発表、学外発表を行いっていきます。





北翔大学 幼児教育コース 通信

2015年06月12日 | 高校生のみなさんへ


ひだか吹奏楽クリニック&スプリングコンサート2015

2015年06月09日 | 高校生のみなさんへ
日高管内吹奏楽団体の技術的向上を主たる目的として、5月5日から2日間、
ひだか吹奏楽クリニック及びコンサートが行われました。
クリニックには、北翔大学教育文化学科教育学科音楽コース20名が講師となり、
中高校生を熱心に指導しました。
合奏講座及びスプリングコンサートにおいては、
中高校生リーダーとして合奏に参加し、
来場した約250人の聴衆を魅了し、修了することができ、確かな手応えがありました。





教育学科音楽コース学生が熱心に中高校生の指導にあたった。(参加生徒13校、約260名)






参加者と北翔大学生との大合奏によるスプリングコンサート。最後に「ふるさと」を演奏し、来場された方は、演奏に合わせて歌いコンサートは幕を閉じました。

(今井 敏勝)


幼児教育コース宿泊研修終わる!

2015年06月08日 | 高校生のみなさんへ
幼児教育コースの宿泊研修が終わりました。
場所はネイパル深川です。2日目午後はアルテピアッツア美唄に。
1年生から4年生が参加して行われます。
2年生が企画・運営、教育実習を控えた3年生が、幼児教育に関する研修担当、4年生が昨年の幼稚園での教育実習の参加報告とキャンプファイヤーを担当しました。
内容の濃い研修になりました。



すぐれた文化に触れる

2015年05月21日 | 学びを広げる
 教師を目指す人が、若いうちに優れた文化に触れておくこは、教師として大きなアドバンテージになる。いや、それだけではない、自分の人生を豊かにしてくれる手助けをしてくれるだろう。

 日常の生活を豊かにしていくことへの提案がある。例えば、谷川俊太郎 「うつくしい!」。



 ただし、youtubeでの公開は著作権の関係から、一定期間の公開になるそうです。

グローバルな視点で学ぶ

2015年05月21日 | 学びを広げる
北翔大学には「国際交流室」とういう機関があります。次代を担う国際人の育成を目指してのことです。様々な事業をおこなっていますが、北翔大学企画の「海外研修旅行」もその一つです。
写真は「海外研修」に興味を持った学生が「国際交流室」で説明を受けているところです。







昨年の海外研修はフィンランドでした。その研修の様子をブログでも紹介しています。

《関連記事》


 ☆北翔大学海外研修旅行参加報告 フィンランド

6月13日(土)は北翔大学オープンキャンパス 11:00~15:30 当日参加OK

2015年05月21日 | オープンキャンパス
大学選びは、慎重に決めたいもの。ぜひ北翔大学のオープンキャンパスにいらしてください!





高校生のみなさん「北翔大学ニュースレター」を ぜひ御覧ください

2015年05月21日 | 高校生のみなさんへ
 北翔大学 教育文化学部 教育学科では 「ニュースレター」を発行しています。各高等学校へ送付させていただいていますので、廊下などに掲載されたときは、ぜひ御覧ください。第1号は5月25日(月)から発送いたします。




幼稚園でワークショップ

2015年05月21日 | 高校生のみなさんへ
 幼児教育コース4年生のゼミ活動のひとつとして、幼稚園に実際に出かけて幼児を対象に造形ワークショップ「アルテの森」というのもを実施しています。先日は第2大麻幼稚園に伺っての活動でした。







幼児教育について深く学ぶために、実際の幼児に触れながら学ぶことはとても勉強になります。理論と実践の間をいったりきたりしながら学びを深めています。

大学1,2年で基礎的な力を身につけ、3年時で教育実習を経験し、ゼミ活動にも力を入れていく。4年生は、これまでの大学での学びをもとに、自分が深めていきたいものにじっくり取り組める。


 ワークショップに向けての指導案作成、時間をかけてねりこんでいく。それでも実際にやってみると課題がたくさん見つかる。
工夫すれば幼児の学びが深まるということを知ってしまった今は指導案づくりがおもしろいようだ。
 受験や試験があるから学ぶのではない、探究心が学びたい気持ちを生み出している。創造的に活動をつくっていくが、同時に先行研究も気になりだす。いつのまにか、文献も読んでいる。

 
(山崎正明)



《関連記事》

北翔大学「あるての森」

幼稚園教育実習に向けて

2015年05月19日 | 高校生のみなさんへ
 現在3年生は、「幼稚園教育研究1」という講義では、8月からはじまる幼稚園での教育実習に向けて模擬授業をしています。



 授業のあり方は、どうであったか 協議をしています。模擬授業をする側も、意見を言う側も勉強になります。真剣そのものです。

(山崎正明)

大事な大事な食生活

2015年05月17日 | 高校生のみなさんへ

豊かな教育資源としての野幌森林公園

2015年05月17日 | 高校生のみなさんへ
 北翔大学のすぐ近くにこんな自然豊かな森が存在することは、本当にありがたい。さらに、その野幌森林公園の中の「自然ふれあい交流館」の存在も大きい。将来、教職を目指すものにとって、素晴らしい学習環境といえるだろう。













 自然にかかわることで子供が学ぶこと、あるいは育まれるもの、そんなことを実際の自然の中に見を置き、体感しながら考えることは、大きな意味を持つにちがいない。

(山崎正明)


《関連記事》

 ☆講義「保育内容(環境)」センス・オブ・ワンダー