北翔大学 教育文化学部 教育学科

本学科は保育士資格、小学校、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、養護教諭、中学・高校(音楽)の一種教員免許などが取得できます。

講義「図画工作指導法供

2015年04月17日 | 高校生のみなさんへ
 講義「図画工作指導法1」は教職の必修ですが、兇蓮△茲蠖爾学びたい学生が選択します。この兇任蓮⊆尊櫃梁慮海鯆未靴銅業のつくり方を学んでいきます。
 

写真はアートカードゲームを取り入れた鑑賞の授業について体験的に学んでいる様子。ちなみにアートカードゲームを用いた鑑賞は比較的新しい方法です。ゲームをしながら、いつのまにか、美術作品を身近に感じてもらえるところが入門としてよいからでしょう。育てたい力によって、カードの使い方も様々な展開例が研究されています。





 このあと「対話による美術鑑賞」について学習していきます。現在鑑賞教育の中で最も注目されているといってよいでしょう。北翔大学の学生は「学習コーチング」を学んでいますが、この方法と共通する点も多いので、興味深いことでしょう。



「小学校学習指導要領 図画工作編」より「鑑賞」に関する解説から一部を抜粋します。

「児童は,幼いころから,身近なものを見つめたり,手にしたりするなど,自ら対象 に働きかけることを通して身の回りの世界をとらえている。それは感じたことを組み 立てたり,組み直したりしながらその子なりに理解を深めていく営みである。その営 みの中で,児童は対象に面白さを感じたり,周りの人と共有できるよさなどを見付け たりしながら自分なりに意味や価値をつくりだしている。それは,見ることとつくる ことを繰り返しながら表現を高めたり,感じたことを話し合いながら文化の違いを理 解したりする活動などの基盤になっている。
ここで発揮されているのが鑑賞の能力である。これを伸ばし,身の回りの生活や社 会に能動的にかかわるとともに,伝統を継承し文化を創造する力の基礎を培う活動が 「作品などを鑑賞する」内容である。」


 実際の体験的な活動を通して、学習指導要領の理解が深まっていきます。
(山崎正明)

すぐれた文化に触れる

2015年04月17日 | 学びを広げる
 教師を目指す人が、若いうちに優れた文化に触れておくこは、教師として大きなアドバンテージになる。いや、それだけではない、自分の人生を豊かにしてくれる手助けをしてくれるだろう。

 日常の生活を豊かにしていくことへの提案がある。例えば、谷川俊太郎 「うつくしい!」。



 ただし、youtubeでの公開は著作権の関係から、一定期間の公開になるそうです。

大学生のメンタルヘルス

2015年04月16日 | 北翔大学 教育学科の日常
 新入生のみなさんは、これまでの環境とガラリと変わって不安に思っている人も多いでしょう。そん中で、教育学科の1年生を全員を対象として「メンタルヘルス」についての、講義がありました。本学の職員による内容ですから、北翔大学の学生のみなさんをよく知っていての講演ですから、心強いと思います。

 実は、この講義「基礎教育セミナー」という大学生あるいは人としての学び方についての特別講義ですが、その中に早い段階でこの「メンタルヘルス」についての講義をいれました。
 大学生活を送っていて悩み、心配、困り事などについてしっかりサポートを得られるという安心感のもと思い切り学んでほしいと願ってのことです。



 実は教職を目指す学生のみなさんにとって、子供が意欲的に学ぶためには安心感が大切であるということを学ぶことにもなります。

(山崎正明)

北翔大学 幼児教育コースミーティング

2015年04月16日 | 北翔大学 教育学科の日常
 幼児教育コースの1年生から4年生までが、集まってのミーティングが行われました。
まず教育文化学部の部長でもある浅尾先生から、北翔大学の幼児教育コースの学生が就職に向けて、いま 何が大切なのかを話していただきましたが、非常に真剣な目で話を聞いていたのが印象的です。
 






コース代表の伏見先生からは、幼児教育コースの学生の意識が高まってきていることを実感されているお話しとともに、この一年の見通が説明されました。
山崎先生から宿泊研修は幼児教育の実践力を高める事と学生が交流しながら人間関係をつくりあげる力などを身につけて行く場であるというねらいと昨年の活動の成果と反省があって今回があるという話をされました。

 幼児教育コースの学生の意識が年々高まりつつある、こうしたことが大学での一人一人の学びを高めていきます。

たくさんの学科があるおもしろさ

2015年04月10日 | 高校生のみなさんへ
 北翔大学には教育文化学部と生涯スポーツ学部があって、それぞれ教育学科、芸術学科、心理カウンセリング学科とスポーツ教育学科、健康福祉学科があります。


 
講義は学部ごとが基本ですが、例えば「現代生活と芸術」のように、どの学科の学生も受けることができる講義があります。このような講義での他学科の学生とも考え方の違いや共通点を発見するなどの面白さがあります。これも北翔大学のよさの一つです。


教育学科 幼児教育コースの宿泊研修

2015年04月08日 | 北翔大学 教育学科の日常

ボランティア活動の募集

2015年04月08日 | 学びを広げる
 北翔大学の学生のみなさんは様々なボランティア活動をしています。
どのようなボランティアをするか、そのきっかけとして、エクステンションセンターの取り組みを紹介します。


教育学科スタート!

2015年04月06日 | 高校生のみなさんへ
 教育学科1年生のオリエンテーション。真剣に話を聞いている姿がとても頼もしく思えました。
しっかり学び、自らの人生を、社会をより豊かにしていくためにも価値ある4年間にしていきましょう。



自分で道をひらいていく

2015年04月06日 | 高校生のみなさんへ
 1年生のみなさん、入学おめでとうございます。まずは、オリエンテーションですね。高校の時は自分のクラスに行けば、そこにいながら次々と情報が入ってきました。大学では、まず、いつ、どの講義を、どの教室で受けるのか?そんなことも、一人ひとりで違ってきます。

 大学では自律、自立、両方が大切になってきます。そうして自分で道をひらいていきます。

祝入学

2015年04月04日 | 高校生のみなさんへ

 西村学長による式辞。建学の精神、自立と自律を大切にしながら、学びを豊かに、自らをつくりあげていくことへの期待が語られました。

 
江別市の月田健二教育長からは、江別市のよさと北翔大学との連携にこめた願いなどをお話いただきました。江別だからこそできること、そのようなヒントがちりばめられていました。


北翔大学OGの北風沙織さん(ハイテクAC)からは、決断することの大切さを、これまでのオリンピック出場の経験などから具体的に話していただきました。
 入学生宣誓からは、これからの大学生活を充実さていくことへの強い意思を感じました。











新入生のみなさん!待っていました!

2015年04月04日 | 高校生のみなさんへ

 会場を飾る花々、これは北翔大学の新入生への祝福と励ましの表現です。

 様々な教育機関や企業様から多数の祝電をいただいています。こうして北翔大学の学生を応援いただくことのなんとありがたいことか。


 先輩たちも入学式を心待ちにしていました。部活動はもちろん、自治会でも新入生を迎え入れるために様々な準備をしています。

 入学式終了後は保護者の皆様もまじえて 教育文化学部で、さらに教育学科でのごあいさつ。



 教育学科では、さらに新入生とGTとの顔合わせ。3年生でゼミに入るまではGTが学生をサポートします。

 せっかく大学にはいったのに、もう、就職の話?皆さんの夢をかなえるためには、大学の教員はもちろん、組織としての「キャリア支援センター」は強い味方です。

就職ガイダンス

2015年04月03日 | 高校生のみなさんへ
 各学年で就職ガイダンスを実施しています。株式会社「マイナビ」の就職情報事業本部 キャリアサポート課に講師をお願いして、学年に応じたお話をいただきました。


 2年生の今日から、もう意識つことの大切さを話していただきました。
 


 さすが就職についてのプロフェッショナルのお話は、わかりやすく、ひきつけられます。担当の柳内さん、ありがとうございます。


この写真のブログ掲載については「マイナナビ」さんから了解を得ています。

 マイナビさんの講演のあとは、キャリア支援センターからのお話です。大学生にとっては非常に頼りになる存在です。

新年度スタート!

2015年04月03日 | 高校生のみなさんへ

 佐々木学科長から今年度の方針についてのお話。

 教育学科は新たに4名の先生を加えてスタートしました。

 教員の話を真剣に聞いています。こうしたことも、自分自身のよさをつくりあげることにつながっています。

 


<活躍する先輩たち> 2回目の卒園児を送り出しました。

2015年04月03日 | 活躍する卒業生
 本学(幼稚園コース)の卒業生から写真付きの嬉しい便りがありました。
札幌市内の私立幼稚園に勤務するゆり先生です。



「お久しぶりです。伏見先生、お元気ですか?今日、卒園式があって無事に2回目の卒園児を送り出しました。
来年度は年少の担任です。」



 ゆり先生の学生時代は、キャンプや幼児を対象としたボランティアに大変熱心に取り組み、幼稚園、小学校、特別支援学校教諭と3種の教員免許を取得したバイタリティーの持ち主ですが、新卒1年目から単独で年長児の担任を務め、苦しい時もあったようです。
 しかし、子ども達への愛情と仕事への責任感を支えに過ごした2年間で子どもと共に大きく成長した様子が、晴れやかな表情に表れており、とても嬉しく、誇らしく思いました。
 誰でも社会人1年目は苦しい。けれど、子どもの日々の成長の瞬間に立ち会い、多くの感動や幸せを得られるやりがいのある仕事です。ゆり先生の輝く笑顔が、それを物語っているのではないでしょうか。
頼もしい先輩達の姿も随時紹介していきますので、どうぞ楽しみにしていてください。」

(伏見 千悦子)

《学生レポート 》北翔大学海外研修(フィンランド)参加報告

2015年04月02日 | 学生レポート
 大学生の海外研修のレポートです。お読みください。


「ブログをご覧の皆さん、こんにちは。北翔大学の4年生 植野です。
現在は幼稚園コースに所属し、幼稚園教諭一種免許取得に向け学んでいます。
 さて、北翔大学には『国際交流センター』という教室があります。
そこでは国際理解に関するセミナーを開催したり、本学に通う留学生たちが自国のことばを教えてくれたりと、学生のために様々な活動を行っています。

 私は今年の2月23〜28の6日間、この国際交流センターの主催するフィンランドへの研修旅行に参加し てきました。普通の観光旅行では絶対に体験できない「現地の小学校訪問」や「老人ホームでの交流」「大学の授業体験」等を体験し、“福祉国家フィンランド”を身をもって体験しました。
(もちろん、観光や自由行動の時間もありますよ!夕飯はほとんど自分たちで調達でした。現地のスーパーや市場を巡って、覚えたてのフィンランド語とカタコトの英語でのコミュニケーションは、とってもドキドキしましたがよい思い出です)


↑聖堂(実際にミサもしています)

↑フィンランドの朝市(写真はすべてイモ)

↑ヘルシンキ大学(日本で言う東大みたいな感じの大学だそうです)

現地に生きる人々の想いや願い、表情などを通し、より深くフィンランドという国を知る事が出来ました。
本やテレビなどでも気軽に知識を得る事は出来ますが、「実際に赴き、自分の目や耳で体験することこそが大切なのだ」と改めて実感する6日間でした。


↑ヘルシンキの小学校です、モデル校として最近できました。写真を公開することについては小学校の了解を得ています。
↑玄関です。コート掛け。
↑小学校2年生の教室。

↑白夜の国、日照時間が短いときに描いた絵です。近くの森に出かけて空を見上げると…というテーマで描いています。
↑小学校の給食です。

↑幼稚園卒園後、小学校にすぐに入学しません。プレスクールというのがあって、数ヶ月の間、そこに通い、小学校への入学への準備をしていきます。ここで小学校にはやくいきたい、という気持ちを高めるそうです。


海外 への研修旅行は年に2回ほど開催され、参加募集の案内は校内に広く掲示されます。
参加費も、自分でツアーを申し込んで行くよりは大変お得になっていますしローンもオッケー。
皆さんも、在学中に是非1度は体験されてみては如何でしょうか。」

以上植野さんのレポートでした。

(山崎正明)


《関連記事》

 ☆国際交流ニュース 新着情報 第30回海外研修旅行(フィンランド)に行ってきました