金華考~森と音楽と数学と

金華山が教えてくれる哲学と人生と学問

生きる価値のない人間なんていない

2017年07月27日 | 日記
今日の中日新聞の記事は、ぜひ書いておきたいと思った。

いや、正確には写しておきたいではるのだけれど。

精神障害者を支援するNPO法人の理事を務める岩坂正人さん(66)の語るエピソードだ。

1975年に署名活動をしていたときに「高い金をかけて、障害者が生きるあるのか」と断られ

「辞めたい」と思っていた頃の話である。

当時十代だった女性に出会ったそうだ。

彼女は、岩坂さんがギターで童謡を弾き語りすると、笑顔で体を大きく左右に揺らした。

夜勤明けで疲れて和室で休んでいると、女性がどこかから毛布を持ってきて、いたわるように近くに座っていることもあった。

「自分にこれほどの優しさがあるかと考えさせられた。『生きる価値のない人間はいない』と身をもって示してくれた」

 実際、そうなのである。

 彼らは(実は私は一人しか知らないのだが)、

 純粋な思いやりを持っている。

 私たち凡人ならば、いいことをしようとしえさえも、ああ、なんかいいことをしようとしちゃがるなと思われたらどうしようなどと考えて、したい気持ちはあっても、躊躇したり、いざしたとしても、何も見返りをもとめないにしても、ぎこちなくなってしまう自分に嫌気がさしたりする。

 彼らの思いやりは、本当に純粋なのだ。何も求めてもいない。ある意味、神様に近い存在かもしれない。

 障害者施設は見方によっては、神社やお寺と同じだと思う。

 そこがあるだけで、人間の持っている善意がゼロではないことを信じられるではないか。

 かりに莫大なお金がかかるとしても、その思いやりが何らかの形で伝えられるならば、もっともっと知ってもらえるならば、それはただ黙って立っている仏像よりも、はるかに

 「ああ・・・」と思える存在になりうると思う。


 
 
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の金華山、雨上がりの新... | TOP | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記