GAKUPURAMO(紙飛び!)

紙飛行機、プラモデル、自転車のブログだよ!

X-29架空モデル;飛行開発実験団

2017-09-17 12:43:59 | プラモデル;ジェット機

せっかくの連休、台風来てます。

そんな日は、おやじモデラーのブログでもご覧高原・・・ください。

最近は経済的理由もあるけど飛行機モデルには、少々熱意がもてない。

そういう時は、えっ何でこんな物買ったのかなって後悔します。

でも、私はちゃんと仕上げます。

まず、X-29購入理由は、白いツヤツヤボディーに塗装できるからでした。

ダム塗りに挑戦したかったんですね。

ブラシは、経歴長いので自由自在にこなせます。

しかし、しかし~ボディの下地処理が甘かった。

流し込みパテのふき取りあとは、ミリタリー系の半艶だと気にならない。

ただ、クリアーの厚塗りしてるとだんだんブツブツが目立ってきたんです。

コンパウンドだとこれもふき取り面倒なのでペーパーで修正いたしました。

X29は、グラマンが前進翼の研究機として2機のみ生産された飛行機

こういったマイナーな機体なのにハセガワ72のキット極めて上出来なんだよね。

模型メーカーの勘違いって以外に多い。

誰が、作るの?ユニコーンのシールが入ってればわかるけど。

そこにいるじゃないかって、作りますよ、作ります。

安心価格、上出来キットですから。

架空モデルなので基準は無い。

使用するデカールはF105から流用しますが、さてどこに何を貼ろうか。

キラキラディスプレイが、製作の基準なのであっさり少なめに、

ただ、配置はかなり構想しました。

グラマンの実機はかっこ悪い。

原因は、ストライプ塗装の線の配置だと思う。

ん~ん、ステキ!これだとF35よりこっちのほうがオヤジ的には、近未来って感じ。

夢をお届けするのもモデラーの使命なんだよな~。な~んちゃって。

いかがでしょうか!

ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近キットが高いよね~。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プラモデル;ジェット機」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。