GAKUPURAMO(紙飛び!)

紙飛行機、プラモデル、自転車のブログだよ!

九六艦戦、完成です。・・・オマケ付きだよ。

2016-09-18 10:27:08 | WW2 ;日本海軍機

ついに、完成!九六艦戦

ジュラルミンむき出しの眩しい日本海軍機・・・いいじゃおまへんか。

優雅だよね。

ふわりと舞い上がりそうな楕円翼

エンジンは、まだ星型単列だがカウルフラップを新たに装備している。

風防も密閉式となり飛行機は日進月歩の時代であります。

九六でお見せしたかったのが、このシーン。

ファインモールド万歳ってところかな。

製作中、なぜか?どうしたのかわかなかったのだが、分割式の風防機首部の

マスキングをはがしてみると・・・・なんじゃ、これは!

いつのまにか亀裂が走っていました。

パーツの再購入も検討しましたが、高い、時間がかかる。

一体式風防があまっているので前部のみを切り離して使用することにしました。

こつはカッターを垂直に入れることです。

そして、あわてずゆっくりときり進みむのです。

この作業で一時間費やしてしまいましたぞ。

さて、画面をそしらぬ顔で走っているブルトーザー。

コマツG40

ご存知の方も多いでしょーが、日本機械学会認定の機会遺産である。

といっても日本機械学会てのが奇怪でもある。(出たー、おやじぎゃぐ)

前回GAKUPURAMOでも取り上げてはいますが、今回はさらに汚し塗装が

進化していると思います。

 田宮製のこのキットは1/48なので48;日本海軍機の名脇役であります。

九六との2ショットでは、時代背景が合わないかも知れませんが、

九六艦戦のサイズを実感するのに、もってこいのアイテムでしょーね。

ただ、このミリタリー系、泥のような汚し塗装、(専門家はウェザリングって言うのかな?)

は、実際かすみ塗りが効果的です。

ので、けっこう筆塗りが多くてたいへんでした。

九六艦戦とオマケ付きは、これにて終了・・・・です。

 

 

 

ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やる気満々です。1/48九六艦... | トップ | ドラゴンキット、1/200 Tu-95... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。