GAKUPURAMO(紙飛び!)

紙飛行機、プラモデル、自転車のブログだよ!

GWはプラモデル;その3(まじめにやってみた)

2017-05-05 17:52:02 | プラモデル;ジェット機

最近は、くろがねみたいな自由製作のほうが好きなんですが・・・

本業もまじめにやらんといけんでしょー

「コルセア作ってます」どっち?

どっちもです。正確にはコルセア2は正月作品

かなりの力作ですぞ。

1/72タミヤのコルセア(バードゲージ)

以前も後期型製作していましたが、その頃でもちょっと違いのある72キットでした。

このキットでわかるのはコルセアに操縦席の床板って無いに等しいのです。

表現が難しいのですが、胴体下面の窓の視界を最大に確保するために

床面は最小限に設計されているのだ。

ここを忠実に再現している72のコクピットって凄いこだわりです。

アメリカ海軍機の青って難しいです。

かっこよく見せるにはカラーを調色しないといけません。

グレーをどのくらい混ぜるのか何度も試行錯誤いたしました。

ただ、それはあくまで個人的価値観なので、・・・

でもGAKUPURAMO的には「こうだっ!」て物作ります。

次はコルセア2の紹介です。

かつてコルセア2は模型界でブームだった頃がある。

だから、現在も秀作キット多いです。

これは、フジミの72ですが、実に秀作。

コルセア2は、アメリカ海軍スカイホークの後継機として開発された亜音速の攻撃機。

ベトナムから、その後も各地の紛争に出撃しており実戦運用が極めて多い機体である。

空軍でも重宝されたほど安価で運用効果の高い名機だった。

ただ、性能的に普通なので模型の世界では地味な存在でもある。

フジミ72の良いところは、このディテールで作りやすくウエポンがちゃんとついていること。

翼下にウエポンを満載しないとコルセア2らしくない。

ハイビジのアメリカ海軍機は、やっぱりコルセア2が一番かな~・

 

 

 

 

ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW特別企画 | トップ | いまや、名機フィアチャイル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プラモデル;ジェット機」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。