万年B級バドミントンプレイヤーによる保育士向上委員会

働く保育士や保育士試験で保育を目指す人、子育ての参考になる話と障害児支援、たまにバドミントンなど

長いラリーとか接戦とかあって粘れたバドミントン

2017年10月15日 | バドミントン練習

今日も雨の中練習へ

 

全体として平凡な出来、、

 

なんだろ、ピリッとしないというか、

 

ふわふわしていて集中できてなかったというか、

 

いつもの通り簡単なミスが多い涙

 

動けてるねって言われたけども、、

 

自分としては全然だった

 

先に当たることが多いんだよね

 

それで甘くなる これは嫌いなミス!

 

長いラリーが何度かできたり、

 

序盤リードして逆転され、

 

さらに逆転して勝つとか

 

24対26で勝つとかあって

 

粘れたりスタミナがなんとかもったっていうのは

 

収穫だったかな?

 

でもスマッシュの当たりが悪くて、

 

なんか体重が乗らない感じだった

 

あとは決まったと思って止まってたら

 

拾われてとか、、

 

最後まで集中しないとダメだな

 

もっと全体通してピリッとしたバドミントンがしたい

ジャンル:
バドミントン
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもの想いと親、支援者の思い | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (あき)
2017-10-19 18:49:33
民主党政権の悪夢を繰り返さぬよう
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、今回は22日に行われる衆院選において、ブログ主様に一度目に入れて頂きたい事があり、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。
こちらの成果を数字で見ても現政権を変えるべきと思うでしょうか
http://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/getthegear/entry-12317416701.html
国民として忘れてはならないのが2009年「一度やらせてみよう」と民主党政権が誕生しましたが、その3年間は公約をほぼ全て反故にし、80円株価8000円の超円高を進め、それにより多くの企業が倒産、失業者・自殺者が激増し日本経済は破綻寸前まで追い込まれた事は周知の通りです。
先日新たに結成した「希望の党」や「立憲民主党」(代表の枝野氏は犯罪集団革マル派から過去800万の献金を授受)はそのほとんどが看板を替えた民主党出身者です。
エスカレートする北朝鮮核危機を前に、すでにトランプ政権と信頼関係を確立した安倍自民党と、民主党の鞍替えである希望の党や立憲民主党のどちらに国の未来を託すかの選挙になると思います。
ブログ主様や皆様にも、是非投票によって、今回その大事な意志を示して頂けたらと思っております。
突然の書き込みと乱文、お詫び申し上げます。

コメントを投稿

バドミントン練習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL