万年B級バドミントンプレイヤーによる保育士向上委員会

働く保育士や保育士試験で保育を目指す人、子育ての参考になる話と障害児支援、たまにバドミントンなど

養育環境に恵まれなかった子ども支援の問題点って、、2

2017年01月04日 | 保育士の向上

社会的養護の必要な子ども支援には、

 

この国では施設養護が基本ってことになっている

 

そこで家庭的養護のもと養育されることって、、

 

でもアメリカでは子どもは基本親の元で養育される必要があるので、

 

それが叶わない場合は、

 

他人の大人が代わって養育するべきだという考えで、

 

養父母による養育が一般的で、

 

施設養護は一時的な緊急避難場所としての機能と限定している

 

子どもの最善の利益を考えると、

 

社会的養護=養父母が理想とするのがいいんじゃないかって、、

 

海外の芸能人が養父母になってたりしているけど、

 

日本でももっとあっていい

 

日本で養子を育てるとなるとほとんどが、

 

不妊であるって理由が多いが、

 

それももちろんあっていいけれど、

 

本質的な考えとして、親と同じような継続的に養育する大人を必要としている子どもが居るから

 

って理由がもっとあっていいって、、

 

有名人によって社会全体にそういうことを考えさせるきっかけになるんじゃないかって、、、

 

偽善や売名行為とかって意見は全く気にしなくていい!

 

今や児童養護施設は満員で、

 

施設職員も足りずに疲弊しているような状態で、

 

家庭的養護が可能かどうか、、

 

それよりも、

 

親の代わりが可能である、

 

養子縁組が理想という基本的な考えになることが必要かなって

 

養子が物心ついたころにどう感じているか

 

この自己肯定感の高さは世の中全体に共通理解にしなくちゃって、

 

保育関係者だけじゃなく、

 

みんなの永久保存版として!

 

実際の子どもの気持ちとして重く受け止めなきゃいけないなって、、、

 

関連記事

養育環境に恵まれなかった子ども支援の問題点って、、

児童虐待はどうやって防ぐか?

 

 

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年初打ちバドミントン! | トップ | ネット監視社会は住みよいのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

保育士の向上」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL