万年B級バドミントンプレイヤーによる保育士向上委員会

働く保育士や保育士試験で保育を目指す人、子育ての参考になる話と障害児支援、たまにバドミントンなど

誰でも有名芸能人の人生を狂わせることができる世の中

2016年12月10日 | 保育の時事問題

今や誰かの人生を狂わせようと思ったら、簡単にできるようになってしまったなって、、

 

 

それは真実か虚偽がは関係がなく、

 

 

インパクトがあって、

 

 

人が食付いたらそれでよし!とするみたいなね

 

 

とても恐ろしい世の中だなって、、

 

 

ネットが普及して、

 

 

情報の内容や質よりも、

 

 

炎上で儲かるってことからも、

 

 

人を惹きつけることに成功さえすればいいって、、

 

 

結果、嘘でも真実でも人を傷つけて興味を惹き、

 

 

それがお金になり、

 

 

生活をする人がたくさん出てきた

 

 

それは誰もが被害者になりうるし、

 

 

簡単に加害者にもなれるっていう、

 

 

怖い世の中になったなって、、、

 

 

人の人生を狂わせたら、重罪になり、、

 

 

された方の名誉の回復を保障するシステムを作らないと、

 

 

大変なことになりそうって、、、

 

 

対策方法としては、

 

 

不確かな情報には社会全体がコミットしないって心構えをもって、

 

 

スルーする!ってことになるんだろうけど、

 

 

もはやかなり難しそうだなって、、、

 

関連記事

障害のある子ども支援を知ろう!

私の給料が低いわけ

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レディースバドミントン大会... | トップ | 誰でも有名芸能人の人生を狂... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-12-11 14:14:35
同感です。便利なネットですが使い方によっては凶器になる。
情報に振り回されないようにしたいですね!
みんなのブログからきました。
共感ありがとうございます! (えぷしろん)
2016-12-11 20:53:25
誰でも知らない間に何かを暴露される可能性があって、それが真実かどうかはどうでもいいって怖いなあと、、 自分にも降りかかる可能性があるし、防ぎようがないなって思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL