おれはここで生きている

死ぬまで生きる のらりくらりのなんでもありのガクさん
今日は、どこへ行くやら

「味乃家 魚野川」ホームページはブックマークから!

パソコンは左サイドバー、スマホは画面を下にスクロールしていくと「ブックマーク」があります

もう少しで魚沼コシヒカリ新米が食べれる。

2013-08-31 16:07:43 | Weblog



気温が34度になって曇り空。
湿度が高く気温も高い。
人を駅まで送ったけどあまりの暑さで水が恋しくなり魚野川の川原ににサボりに行った。
友人が9月10日頃には新米が出来そうと言われてあったがも最後の30キロをあけてしまった。
もう一週間もすれば刈り始められそうだ。


大沢川の橋の上から流れを覗き込んだ。
少ないが石が黒くなって鮎が住み着いてた。
小さな石に矢羽のような鮎の歯のあとが見えた。
やはり秋は避けて通れない。
秋が嫌いじゃ無いけど、季節が変わるのは避けられない。
年をとってしまうと言う事。
冬が控えてること。




大沢川に山から注いでる放水路がある。
小魚が集まって昆虫を捕食して跳ねてる。
水面下の世界が想像出来る。
川鵜にやられて沈黙の世界、うれしい光景。



堤防の工事に伴い、道を仮設した。
当初、あゆ釣りが行けないと困るから何とかしてくれと言われた道も、鮎が釣れないから誰も利用しない。
簗場の遺跡が見える。
鮎つりの夢は誰もいない何万年前にタイムマシンで行き大きな鮎を釣ってみたいこと。
日本三大鮎の川は破間川も名を残してる。
昔の人たちがこの土地から竿を担いで釣りに行ったらしい。
大さばほどの鮎を釣る為に。
先輩漁師が語ってくれた。
ダムが出来て川は死んでしまった。


hiyo_please/}にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします
コメント

8月30日(金)のつぶやき

2013-08-31 02:22:47 | Weblog
コメント

岩魚の焼き枯らし

2013-08-30 19:17:19 | Weblog

昨日の宴会は鮎尽くしと言われたが魚野川の鮎が不漁で活鮎が手に入らなかった。
生簀を用意して対応すれば何とかなったかもしれないが捕れるのが浦佐より上流でここまで生かして運ぶのが難しかった。
弱った鮎はその後で死ぬことが多い。
それで瀬越が出来なかった。
瀬越しとはうろこを引いた鮎を薄く輪切りにして刺身で食べるようにしたやり方。
フナもしたから切り口がそろばん玉の形になった為にフナのそろばんとも言った。

釣りためた岩魚を塩水に軽く漬け、下味を付けてから遠火で焼きからした岩魚を出した。
時間をある程度置いて熟成を促す。
焦げないように焼くというより暖める程度。
岩魚の素朴のうまみに一味深みと塩味の塩梅が絶妙。
これは某新聞社の社長の受け売り。

鮎の塩焼きの身をほぐしてたたき、フライパンにパルミジャーのを粉にして敷き、
その上に鮎の身を載せてなおかつパルミジャーのを振り掛ける。
弱火で焼いて固まったらひっくり返して焼く。
チーズのうまみと香ばしさとが混ざって結構おいしい。
アユミジャーノレッジャーのと命名。
ちょっとおふざけかな。


予報どおり雨だったが大雨にならないでよかった。
hiyo_please/}にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします
コメント

8月29日(木)のつぶやき

2013-08-30 02:24:19 | Weblog
コメント

地鮎の甘露煮を作った。

2013-08-29 16:04:22 | Weblog



今日は十日町から電車に乗って鮎を食べに来る人たちがいる。
落ち鮎を焼いてちょっと干して煮た。
粒山椒を入れて煮ること8時間。
仕上げに水あめを入れて照りを出す。
かぼちゃのソースにかにの剥き身を入れてグラタンにする。
もぞくの酢の物煮もかにが入ってダブってる。
昼定食は天ぷらにマグロの山掛けをつけて680円。
これが結構出た。




マキ婆の夏野菜。
この頃遅いなすがなり始めた。
仲間がもらいに来てたが飽きてこなくなった。
それで50個ぐらい持って来る。
ありがたく戴いてなす漬にして定食につけてる。



カワラケツメイが干しあがり、トマトも干した。



台風が日本に向かってくるらしい。
熱いが嵐の前の静けさ。
カモ達ものんびりしてる。
hiyo_please/}にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします
コメント

8月28日(水)のつぶやき

2013-08-29 02:36:01 | Weblog
コメント (2)

青春切符で日帰り 2

2013-08-28 20:24:06 | Weblog



直江津駅で長野までの電車に乗り換えた。
水飲みの娘の消費量が判った。
大き目のボトル一本が一時間。
乗り換え時間が少なくてホームに有った販売機で4本買った。
先客がいたのではらはら。
駅弁売りがいたのでたら弁当も一個買った。
最後の客が自分達であのおばさんも乗ってた。
トイレの横の座席が空いてるのでそこに座って娘にたら弁当を渡す。
あまり早く食べてカメラに収められなかった。
一時半に長野に到着。
長野も暑かった。
長野東急に入り涼んだ。
善光寺にも行けたけど、仏より団子の娘が優先。
お土産屋大好きの娘をあっちこっちに案内。
蕎麦を食べようといったら嫌だと言い出す。
長野まで来てそばを食べないのはと思って、立ち食い蕎麦。


妙高で横にいた人がビールを飲んでいた。
二本も並べて、凄くうらやましかったので長野駅で自分も買った。
三時四分発、飯山線に乗り込んだ。
稲やりんご畑を眺めながらビール。
つまみは東急で買った硬いパン。
わざと西日の当たる場所に座った。
両方の景色を楽しむためとカーテンを引かれないため。



途中三両のうち最後の車両が切り離された。

どこまで千曲川なのかわからないが信濃川の沿線をゆっくり走った。
カーブは40キロぐらいしかないような速度、これも良かった。

もう新潟県に入り見慣れた風景が。



変わる雲で同じ景色は無い。
山本山に日が沈み、魚野川を渡り越後川口駅。
列車の乗客ウオッチングも楽しかった。
反対に見られてたけど。

乗ってきた飯山線はまた長野まで戻る。
讃岐から来た老人と上越線のぼりホームで。
やはり青春切符2日目で、大糸線を乗ってきてその日は湯沢だそうだ。
6時25分北堀之内に到着。
夜はすし屋さん達と小出の清水屋さんに、二次会は堀の内のすし屋さんに。
今日は板長が休み。
二日酔いをぐっと抑えて仕事。

ソウルちゃんぽんラーメンの試作は続く。
確かムール貝が入ってたことを思い出して。
市場で要らない要らないと言いながら値切って買った。
本当は欲しかったのだ。
売れるかどうかは判らないが凄くうまくて自分では好きだ。
もっと磨いて9月には売り出したい。

hiyo_please/}にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします
コメント (2)

8月27日(火)のつぶやき

2013-08-28 02:20:21 | Weblog
コメント

青春切符で日帰り

2013-08-27 18:44:42 | Weblog

休めるチャンスは昨日と今日。
9月になってから考えてたら片貝祭りの花火の桟敷のスケジュールを忘れてた。
それに家族で一泊でかけると10万ぐらいは必要と思うとやっぱり日帰りにした。
神社のパック料理を急いでつくり、家族に声をかけたら妻は用があるという。
娘と出かけることにしたがあては無かった。


飯山線はもう間に合わないので上越線を下ることにした。
北堀之内駅に付いたらくだり電車がやってきた。
反対ホームまで階段を駆け上った。
やっと間に合って足元を見たらサンダルが作業用で粉だらけだった。
トンネルを抜けるとすぐ魚野川。
自宅は反対側にあったが人がいて動けなかった。
時刻表で確認したら直江津を通って長野に行き、飯山線で何とか帰れそうだった。
宮内駅で乗り換えてお茶を買った。
娘が水が必要なので。

ちょっとぼけてしまった。
お茶は駅の外まで行かないとなく、また階段で足ががくがく。



緊張してる娘はきしゃぽっぽはどこに行くと言うから周りの乗客はドン引き。
隣のおばあちゃんに挨拶したら奥さんですかと言われてしまった。
障害があることを説明。
青春切符の話をしたり、自分の正体を言ったり。
出かける前に蕎麦を打った。
それを揚げて蕎麦せんべいにして持っていった。
おすそ分けしたらバックから取り出した枝豆をくれた。
どうも生豆みたいと思ったが食べたら生。
これ生だよといったら固ゆでだよと返ってきた。
でもやっぱり生。
お互いに食べていた。
ちょっと変な人だった。
鯨波から海が見える。
娘は佐渡はどこと言うから向こうにあるよと指差すと、周りの人たちもいっせいに見出した。
海のおかげかみんなの緊張が解け、僕達は普通の乗客になった。

出かけるときスタッフに応援を頼んだ。
二人前の弁当。
残り物で良いからと言って。
なす味噌や鮎の甘露煮まであってなす漬や、トマトが4個入ってた。
これがおいしかった。
続く。

hiyo_please/}にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします
コメント

8月26日(月)のつぶやき

2013-08-27 02:22:55 | Weblog
コメント