おれはここで生きている

死ぬまで生きる のらりくらりのなんでもありのガクさん
今日は、どこへ行くやら

「味乃家 魚野川」ホームページはブックマークから!

パソコンは左サイドバー、スマホは画面を下にスクロールしていくと「ブックマーク」があります

ハマグリ採りの秘密兵器

2010-03-30 23:55:51 | Weblog


相変わらず朝も弱い。
やっと起きてまだ除雪隊の朝食作り。
夜中の雪は今度こそ最後。
気温が下がったぶん白くなった。



店も鳶沢もまっしろになった。




マキ婆の道から店を望む。
青空が広がったら瞬時に消えた雪。



青空と越後三山を見ていたら只見線の鉄橋を写しに行く事にした。
電車と鉄橋、越後三山、時間を間違えたのかいくら待っても汽車はやってこなかった。




春になったがまだ水は冷たい。
素足で蛤を探すのは年寄りの冷や水。
でも採りたい一心でフォークに爪を足して試作してもらった。
間隔が広く使えるだろうか。
満月を見ながら海の中でハマグリ採りを考えてたら、星野さんたちが飲みにきた。
一緒になって試験は後回し。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

今日の刺身は自然薯の磯辺巻き

2010-03-29 21:18:06 | Weblog

昨晩はまた同じく雪が降り、お客さんが盛り上がってたがもう十一時に近くなったから終わりにしてと閉会にしてもらった。
それから各自の自宅まで送った。
まだラーメンを食べるとラーメンショップに降りる人もいた。
もう一組は川口の人。
早く帰りたい僕と、酔って気分のいい人の進む時間のもどかしさ。
妻が遅いから帰ってくるなと電話してきた。
もう疲れて夕飯を作るのも面倒と言うか、
店屋物じゃと思う気持ちがあったので帰ることにした。
おかず六品。
後おかゆ。
塩納豆、お新香二種、さんまと野菜の煮付け、ナスと玉葱の炒め味噌、
ぜんまいと身欠きにしんの煮物、もう一品は思い出せない。
当然朝はつらい。
高い山の上は白い花盛り。
時折雪が舞ってるが、地面には積もらない。
お昼に老人会の会食。
カラオケをがんがん。
お昼を食べてた人たちはどう感じたのだろう。
送りは各部落一人一人。
一時間半は十分掛かる。
商売とボランテアがミックスしている。
昼寝して起こされたらもう夕方。
雪雲と北風が踊ってた。


ガソリンスタンドの外灯が輝きだした。



眠気覚ましに店の周りをぐるり。
雪が溶けて越冬ニンジンが顔を出した。



冬がこいの山椒も出てきた。
立木の窪みに小鳥が蒔いた奇跡の木の芽。
薪作りのとき発見した。
10センチぐらいしかなかったのだがもう三年になった。



軒下にはオオイヌノフグリが。
北風と夕方で水色の可憐な花は閉じられていた。





夜の予約はイタリア料理店の御家族。
もっと予算を頂戴と言ったのに小母ちゃんは予算を削った。
仕方ないのと在庫処理を兼ね、自然薯をすりおろし海苔で巻いて、ピザ釜の木灰で作った刺身コンニャク、エゴ練をつけて、今日のお造りとした。
案外好評だった。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

十割山菜天ぷら月見蕎麦

2010-03-28 21:11:51 | Weblog


昨晩の最後の送りは守門岳のしたの最後の部落二分だった。
昔は岩魚釣に通った部落。
その時は遠いと思わなかったが、雪が降る夜中は出来れば行きたくない遠さであった。
後で距離計を見たら片道29キロだった。
栃尾の分岐点辺りに来たら路面は乾いた雪が宝石のように光っていた。
大物を釣り上げた淵や、渓流に掛かる橋の懐かしいこと。
後ろに乗ってるお客さんの恨めしい事。
たった4人の送迎。
一番遠い人達が帰り、ほかの人たちは二次会に流れた。
夜が明けてみたら木沢の山が白くなってる程度だった。
気温も上がり野良猫達がマキ婆に挨拶に来た。



白黒は警戒心が強くマキ婆が居ないと姿を見せない。
二階より望遠で写す。



気の良いみつげ猫はちょっとメタボ。




魚野川の土手は南向き、もう土が見え始めた。



柳の向こうは権現堂が見える。



宇賀地小学校を覗き見。


お昼はセリとふきのとうの天ぷらを揚げ、海老も追加して月見蕎麦が自分のお昼。




明日のお昼の老人会用にエゴを練った。
明日でやっと忙しいのが終わる。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

淡雪とけて流るる

2010-03-27 23:14:21 | Weblog


昨晩、送迎を始める頃には本格的な降雪になった。
遠くに見えるオレンジの街灯の光に浮き上がった雪が三角のスカートのように見えた。
橋の外灯にも三角が連なっていた。
スノータイヤを外したお客さんは明日どうしょうと言うほど白くなりだした。
お祝いで三国峠を越えていくのにと心配の声が聞こえた。
除雪隊も凍結予防に塩を散布していた。
夕食を食べ始めたらもう今日になっていた。
夜中に雪が滑り落ちる音が屋根から聞こえていた。
気がつけば明るい朝を迎えていた。
寝過ぎたかと思ったが目覚ましのなる前だった。
雪明りの明るさを思い出した。
雪が止み、青空が広がり、和南津の高い峰は朝日が当たり始めていた。
いつもはのろのろ起きるのが飛び起き店に向かった。
日はすでに出たが久しぶりの絶景だった。
低い霧が漂い、春の空気はいろんな希望を抱え込み、それが朝日に厚みを持たせていた。
川岸の木々は最後の礼服。
冬の神様の離任式。


大沢川にも春の朝日が



新道島の新雪


魚野川の流れ
満開の雪の花。
関東の桜にも負けないぞ。

マキ婆の山小屋に行く道から



店も春の装い。
駒ケ岳に傘雲が、一瞬の輝きであること教えていた。
昼から雨になりやがてまた雪が降る。
もう春の雪。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

野良猫の婚活

2010-03-26 17:33:07 | Weblog


朝方までちらついた雪が高い峰や山を霞が掛かったように覆ってた。
でも西から青空が広がり皆消えうせてしまった。
薪小屋に木を取りに行くと三匹のうちみつげ猫しかいなかった。
マキ婆のやまの小屋に戻ったのかなあーと、お茶の時間に聞くと、
マキ婆はそうじゃなくて今あの時期、もしかして恋人探しと言うとうなづいた。
猫も婚活なのだとお茶話になった。



予報はこの後雪。
信じられない青空。
花金で仕込がいっぱい。



ある雑誌の取材を受けた。
ゴルゴンゾーラ付け麺。



温かいゴルゴンゾーララーメン。
メニューにはおすすめではありませんと書いておいた。
それが受けたかもしれない。



今日の昼定食は海老と山菜の天ぷら。
自分のは残り物の煮物と失敗した豚ロースみそ漬石ガマ焼を刻み、その上にセリ炒め荷を乗せぶっ掛けご飯。
夜の予約は西と東の人、手分けして送迎。
夜は本格的に雪が降ってきた。
また新雪の景色に感動のため息が出るだろう。
新雪の美しさで心も洗おう。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント (2)

小学校の卒業式

2010-03-25 23:06:18 | Weblog


毎日酔っ払いを送って夕飯にありつく頃は、明日が無いと言ってる明日が消滅して現実の今日になり、明日が今日になりまた新しい明日が現れている。
飲んで帰ってきてブログを書き始めた。
今日できることを一生懸命にやろうと考えてたのに、一生考えてればいいのかと天邪鬼が見え隠れ。
頭は意味不明な考えが発酵している。
店にとってはいつも感動する日。
小学校の卒業式。
卒業生と父兄、先生も集まって会食。
清水の舞台から飛び降りて地鯛を買ってきた。
店からの贈り物、お祝いの鯛。



塩釜にして出した。
ローストビーフも芯怨60度。
休ませたけど少し血がにじんでた。
当然食べ残った。
お子様料理から大人の料理にと思ったのだが。
一言足りなかったようだ。
星野さんの孫がスキーにやって来て、家族でピザを食べにきてくれた。
仲間になって一緒にビールを飲んだ。
後、町に出てたまにはいいさ酒を飲んだ。
相棒はソウル仲間。
次の計画を話し出した。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

ゴルゴンゾーララーメン

2010-03-24 16:47:54 | Weblog

春のメニューつくりが遅れている。
原因はソウルに行った事ともう一つ丼の名前を決めるふんぎりがつかないから。
人目を気にする年でもないのにまだ考えている。
ラーメンもゴルゴンゾーラのラーメンともう一つ考えている。
本来三月からやる予定だったが。
そして今日新人が入った。
この春高校卒業した。
各高校校長の連名で書簡が届き、ハローワークからも要望が来た。
経理に相談したら無理と言われたが、やりくりすれば、自分の所得を減らせば何とかなるといって求人を出した。
災害で地域のお世話になり、地域の事業所としての責任を感じたから。
余った人手は夜の営業延長で何とか夏ごろにはめどをつけたいと思ってる。
あまり早い閉店はお客さんの為ではないと常々考えていたから。
本人には悪かったが簡単な初日だった。


何もしないが季節だけは進み、随分雪が少なくなった。
自宅に帰る道端に土筆が車のライトに陰絵になっていた。


新道島のブナの根元もかなり雪が消えてきた。
予報が悪く、除雪隊の夕飯も作らなくてはいけない。
今日の予約は二組。
一組は米粉の料理を作れといってきた。
ニョッキ、米粉のホワイトソース、チジミでも作ろうか。


卵に海老にホタテ、ネギと米粉。
付けダレはアミの塩からごま油出汁に塩砂糖米粉を入れて、キムヨナソース。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

医療費増でエンゲル係数下がった

2010-03-23 15:16:05 | Weblog


日本に生まれてほっとしてる。
大国アメリカがやっと国民保険にとり組み始めた。
我が家は家族全員医者掛り。
老化と肥満が原因。
当然医療費がうなぎのぼり。
食費を表す係数が下がったと思う。
国民保険がなければオバマさんが言ったように何かを切り捨てなくてはいけない。
昔の姥捨て山になっていたかも知れない。
裏の大沢川にエンゲル係数など関係ない鷺助が食事中。
ほとんどの時間を自分食事のために費やしている。
莫大な経費がかかりまた世界経済が混乱するかもしれない。


生ヒジキが買ってあったので定食のお供に作った。
でも本音は自分で食べて食事バランスを取る為。
言い訳はお客さんの健康のために。

今日の一品セリ。
自宅の裏のオニぐるみのローストが乗っている。


日本海のバイガイのうま煮。
貝は鮮度が勝負、旨みたっぷり、プルプル。


牛肉と玉葱のマリネ、パセリを散らして盛り付ける。


去年収穫した自家畑のコンニャクイモ。
一番の大物、春を感じて芽が伸びてきた。
すりおろして木灰汁で刺身コンニャク。
キムヨナ辛しドレッシングと茹でた山菜をあしらって、魚野川風春のカルパッチョ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

キムヨナドレッシング

2010-03-22 21:56:02 | Weblog


昨晩も遅くなり、疲れのせいか寝つけられなくて遅くなってしまった。
やはり朝はきびしくやっと布団を脱出、ミッキにもオハヨウで挨拶だけ。
晴れた割りに人では少なく、安い100円ソフトクリームが売れる。
震災のお礼を兼ねて一年間安くしたがもうもとの値段に戻そうと思う。
板前兼女将が休みで調理室は大忙し。
忙しさが過ぎて西に日が傾いた頃外を見た。
穏やかな魚沼が横たわっていた。
予約のお客さんが歩いてやってきた。


きっと尾瀬も雪の中に横たわってる。

権現堂の若ブナ林もはっきりしてきた。

ふきのとうもいっぱい取れだしたのでパック詰めにして200円で売った。
儲けは無いがお客様サービス。
まとめ買いしていく人が多くいた。
また明日採ってもらおう。

夜の宴会の人に出す生野菜用ドレッシング。
ソウルの市場で求めた熟成アミの塩漬けと南蛮の調味料を入れて酢とサラダオイルで作ったピリ韓ドレッシング。
韓国の人に怒られそうだが知名度のある有名人の名を付けた。
ごま油を入れればもっと本格的。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント

黄砂

2010-03-21 22:12:56 | Weblog

昨日は温かかった。
でも黄砂と低気圧の情報が届いていた。
11時に最後のお客さんが帰り、それから看板とソフトクリーム看板を片付けた。
飛ぶと困るのでソフトのは車の中に入れた。
夜中に凄い雷、大風、大雨、娘も速く起きて睡眠の邪魔をしてくれた。
魚野川は増水して雪の塊やごみが流されていた。
太陽は黄砂にかすみ、目がしょぼしょぼする感じだった。
風と雨、予約が三つと一般客も雨の中来てくれた。
女将が休みでてんてこ舞い、大声を上げてしまった。


ソフトクリームの機械が調子が悪く作れるのはふきのとうのソフトだけ。
魚のあらが一杯出たのでピザ窯で焼いてにゃんこのご飯。
夜は予約が二つと一般客。
雪がちらつき、最後のお客さんを送る時はあられで道路が白くなっていた。
少し高い所に送ったら吹雪になっていた。
店に戻るとさっきの雪は嘘のように消えて、上限の月と星が雲の切れ間より輝いてきた。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングを楽しみに書いてます、一押しをお願いします。
コメント