おれはここで生きている

死ぬまで生きる のらりくらりのなんでもありのガクさん
今日は、どこへ行くやら

「味乃家 魚野川」ホームページはブックマークから!

パソコンは左サイドバー、スマホは画面を下にスクロールしていくと「ブックマーク」があります

小原章介さんの日曜日

2008-11-30 09:14:44 | Weblog
昨晩はいつものようにトラブル発生。
能力を超えた予約を取らなければいいのだが、凍える冬と返済に追われて欲をかいてしまった。
スタッフとの意思疎通がうまくいかなかったり、きっとお客様の気持ちも巧く読み取れ無かったりした事だろう。
貧すれば窮する。
疲れて寝るのが先で風呂を省略した。
朝風呂にお湯を張りマキ婆が来る前に入った。
大きなラーメンの寸胴にスープを取ってたので市場に行かなくてもいいしスープが湧くのは一時間も掛かるしと。
雨雲に覆われて葉の落ちた山を眺めながら。
小原章介さんだねと呟いて。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

神様の贈り物がたっぷり

2008-11-29 23:20:04 | Weblog
昨日はだいぶ考えた末に、一人で雨の中きのこ採りに出かけた。
妻が調子が悪くミッキーの散歩が無くなってたのでつれてってやろうかと共思ったが濡れるのが大の苦手の犬に可哀想過ぎるとあきらめた。
いつもの所に行ったら時期が早いのかキノコはまだ小さくて取る気にならなく見るだけであった。
親方の奥さんに頼まれたカワラタケがまとまってあったのでたっぷり取った。
コンニャクを作り閉店。
朝きりの中市場に行った。
そこはもう霧が無く青空が広がっていた。
朝日に照らされ霧が流れ始め魚沼も光が当たり始め、大沢川の峰も残った霧が立ち上り始めた。
青空が広がり快晴。
キノコ名人もたっぷりキノコをしょってきた。
バイトの可愛い彼女もやってきた。
みんな神様の贈り物。
頼んでいたマダラのきもが来た。
醤油味で煮て、刻みネギに柚子醤油で味付けして肝に載せて出した。
金目ダイは一匹丸煮して出した。
七五三、金婚式も有った。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント (2)

雨の朝ちょっとだけ輝く朝日

2008-11-28 08:59:41 | Weblog
満天の星空を堪能したのは二三日前。
昨日のお客さんを送ってたら前の日も同じ部落に行った事を思い出し、恐縮しているお客さんの気持ちをやわらげようと、物忘れがひどくなりそういえば昨日もこの道を走っていましたと告げた。
引き換えしたらもう11時近くになり、妻から電話があった。
今日は帰らないのと機嫌が悪い。
夕飯のを出しておいて先寝てと答えた。
持病のせいで体調が悪く、叉目の手術も迫っている。
時間とともに視力が低下するだろう。
今のうちに美しいものを一杯見てもらいたいものだ。
長男以外は家族みな病人。
あんたこんな状態でなんとも思わないのと妻が責めるが、いつも返事はなんとも思わない、なるようにしかならない。
ご飯を食べられ温かい布団に寝れればそれが幸せ。
あきらめて、そうだねと和らぐ。
自分の人生はピザ屋の名前、アブラッチャ・トット。
すべてを抱きかかえる。
腕の中にはきっと善い事も気が付かないけど一杯あるんだろう。
スープを取って昨日のキノコ鍋の残りに、叉残り物のおにぎりを入れてきのこ雑炊を食べていたら、雨雲がさっと切れて朝日が光りだした。
あれほど僕が朝雑炊を作るからと言ってたキノコ鍋に十割蕎麦を入れて食べた残した守門の姫様の仕業に雨空みたいな気分だったが、食べ始めたら、朝日に虹のかかる豊かな魚沼のように意外な美味さに体が温まってきた。
今日は花金なのに予約が無い。
やることが一杯あるが超嬉しい。
多くの方にいまだ助けられているがお返しが出来るのだろうか。
時間が取れたらミッキーとカッパを着て濡れた森を歩こう。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

この雲と空は尾瀬に届く

2008-11-28 08:23:54 | Weblog
雪が消え、褐色の大地の上を豊かな白い雲が流れていく。
澄んだ青空の雲の横に疲れた心を一緒に挟んで漂わせた。
一緒に漂った心が尾瀬の上で癒されたり磨かれたりする様を思いながら、軍隊が作るごっつおうが少しでも喜ばれるように。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

キノコ山に仕入れに行く

2008-11-25 20:13:12 | Weblog
雪が積もった連休はきっと寒くて蕎麦が出ないだろうと考えてたのに逆で蕎麦打ち追われた。
もう忘年会が始まり、法事もあり、ごったご他の状態だった。
長男の親父いつも詰めが甘いと言われたのを気にして、自分なりのパーフエクトを目指した。
きっと苦情も一杯あっただろうと心配していたが励ましや美味しかったと連休中二回も来店してくれたグループもあり勇気付けられた。
日曜日は仕込みも無くなり無我夢中でやっていた。
夕方宴会のお客さんを迎え、さてやろうかと思ったとき、板長が今日は朝からお茶も無くお昼も全員食べてないのだよと耳打ちした。
エー俺が送迎していたとき食べなかったのと聞き返すと次の予約の準備でみんなそれどころではなかったんだと言われてしまった。
それはすまない事をしたとお菓子を出しおにぎりを握って食べてもらうと、ジャーの蓋を開けたがそのまま何をすることも出来ず6っ組の宴会が始まってしまった。
結局十時ごろまで掛かりその日は食事なしであった。
あまり皆に悪くて涙が出た。
誰も不満も言わずもくもくと動いてくれた。
月曜日の休日は叔父の一回忌。
昨日の二の舞へは踏まないつもりで夜明け前から頑張ってしごとを進めたが、やはり蕎麦が一杯出て追われてしまった。
法事が終わったので店を全部閉めお昼と休憩をし、夜も一組の宴会を片付け無いことにして早めにスタッフを帰し、ヒロちゃんと二人でやった。
送って帰ってきたら大方の片付けは済んでいた。
今日は予約が少ないので青空が広がる天気素晴らしさに負けてキノコ探索。
葉が落ちたすがすがしい林に残雪を踏みしめながら登り出した。
去年、爺ちゃんにやられたナメコの木は傾いていたが先を越されずナメコがびっしり生えていた。
ムキタケもヒラタケも一杯有ったがお昼が始まるのであきらめて帰った。
店先に並べておいたら友人のお姉さんに東京土産と買い占められ、板長達に欲しい人はあげると言ってた事が出来なくなってしまった。
親父は約束よりお金が大事なんだと笑われてしまったので、昼過ぎに叉取りに出直し一杯採ったが叉分けてと言う人たちにやったらなくなってしまった。
ヒラタケガのこったので明日は定食や蕎麦の付け合せに使う。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

柚子コショウを作った

2008-11-25 19:52:16 | Weblog
伊豆の磯谷さんからたっぷりの柚子とみかんが届き、料理に使ってたが使い切れないので皮をむいて、アグリからナンバンを買って一緒に刻み塩を加えて柚子コショウを作った。
黄色と赤で山のウメモドキのような色合い。
味は寒ずりにそっくり。
果汁を絞って醤油に加えて柚子醤油にした。
残りの絞りかすは冷凍にしておいて凍える日の柚子風呂に使う。
磯谷さんのおかげで豊かな冬が送れそう。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

初雪の夜明け

2008-11-25 19:45:02 | Weblog
雲の切れ間から青空が覗いていた。
雲は明るく輝き一瞬のときめきを与え、やがてまた暗い雪空に帰った。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

除雪隊発出動

2008-11-20 17:40:46 | Weblog
昨晩は雪が本降りになり、とうとう除雪隊が初出動。
除雪車が出なかったが凍結防止の塩を撒く車が出た。
夕食を作って帰る頃は10センチ近い降雪があった。
早めに出勤する為国道に出ると除雪車の後が続いていた。
屋根からのらく雪で大山が出来ていた。仕出しがまとまって有り施設の人たちの誕生会が有った。
疲れが溜まっていてようやく間に合った。
やはり除雪は余計な仕事。早めに止めて早帰りする。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント (2)

雪が降ってきた

2008-11-19 15:56:57 | Weblog
大風の昨晩は夫婦喧嘩
店に行きスープが出来上がるころ雲の間より日が差してきた。
木沢の双子山は雲の中で、市場の途中城山を見ると白く雪で薄化粧していた。
炉辺焼き用の活蟹などを買い店にトンボ帰り。
大風で木の葉がかなり無くなり信濃川の風景も寂しさが増した。
三山の横から差し込む光は創玄で美しい。
走りながらウメモドキを見つけてチェック。
来年妻にとって上げるつもり。
何とか晴れ間が見え、店はマーマーの来客。
暖炉に炭を入れてストーブもつけた。西の空が暗くなりやがてミゾレが降り始めた。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント

小鯵のマリネ

2008-11-18 19:51:56 | Weblog
週末の予約がまとまって入ってるので市場に出かけた。
今日から大時化になるので買える魚は早めに手配しておこうと考えたからだ。
そして甥が家を建て、今日関係者で一杯飲むのでつまみを作ってと言われて有ったのもある。
曇り空の空でもたまに日差しが見え予報が外れたのではと自分のいいように考えながらいつもの道を急いだ。
一雨有ったせいか山の紅葉は茶色になり初めて尾根は寒気が直接当たるせいか落葉が始まっている。
道の横の尾根筋も普段は木の葉に覆われているのに、今日は葉が少なくなって稜線は立ち並ぶ木立ちの向こうにもある。
刻々と変るふるさとの自然、林だった小学生の写生のモデルも立派な森になって心ときめかせる。
小鯵をたっぷり買ったのでマリネにしてニンジンの紅葉をあしらおうと考えていたが麓の紅葉の色気と落ち葉の吹き寄せのコントラストの妙に、紅葉の葉を拾い湯がいて小鯵のマリネに入れて見たらいいのではと考えが浮かんできた。
レジを手伝っていたら高齢の御婦人がこんなに美味しいなど予想していたと言って美味しかったと言ってくれた。
何をお召し上がりでと言うと会計の控えを出しお蕎麦よといった。
それは良かった、僕も良い蕎麦が見つかり、そして新そばだから蕎麦を打つのが楽しくてしょうがないのですよと言って、だって寿司もそうなんですがネタが良くなければいい物はできませんよねと言った。
合唱して良いお話をありがとうと頭を下げられて帰った。
ニコニコ顔のきっとお孫さんだろう美人を従えて。
昼定食は天然イナダ刺身とスミイカの天ぷら。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参参加していますクリックして応援お願いします。
コメント