おれはここで生きている

死ぬまで生きる のらりくらりのなんでもありのガクさん
今日は、どこへ行くやら

「味乃家 魚野川」ホームページはブックマークから!

パソコンは左サイドバー、スマホは画面を下にスクロールしていくと「ブックマーク」があります

心は粟島に

2007-06-30 21:27:02 | Weblog
朝もう少し寝ていても大丈夫だろうと横になっていたら突然携帯が鳴り出した。
慌てて出ると、粟島から坂本さんが電話してきた。
アランシャペルの弟子の音羽さんが来るし政府の補助が出るから去年立ち上げた食文化の事業を手伝えと言って、今粟島の玉ちゃんのとこにいるんだけど粟島の事業も手伝えといきなり立て続けにまくし立てていた。
月曜日に板長と行く事を知ったからだった。
板長といって二人の板前とあったり、漁師とあってこれからの料理のイメージつくりをしようと思った。
それと坂本さんが言うとおり、少し料理の事で粟島に役に立てばと思い、粟島の特産メニューを少し自分なりに考えて頭は粟島になっている。
市場に行き鯛とヒラメ、コブ鯛が昨日来て売れなくて止まっていたのを買ってきた。
コブ鯛は自分が味見してみたかったからだった。
大きなこぶやヒレなどはぷりぷりしていてとても美味しそうだったからだ。
身はガス火で直焼きにして焼霜にして皮の旨みも一緒に楽しもうとした。
ところが皮が予想以上に厚く、少しぐらいの熱では火が通らず硬いように感じたがねっとりした身はとても旨かった。
これぐらいの鮮度の魚が揃うのであればマグロ無しで粟島鮨など銘打ってやってみたい気もする。
昨日の雨で魚野川と信濃川はにごって増水していた。
大沢川は流程が短いのでほかの川より少しのごりが薄く其の川の支流からの流れ込みに大きな鯉が一杯群れていた。
一匹ぐらい釣り上げてと考えてみたが誰も食べる人がいないので無駄な殺生をしないことにした。
粟島の玉ちゃんにお土産を持っていこうと思って玉葱を5袋買った。
船長にはスイカ。
百合の花も持っていければ良いのだが。
とうとう親方からもらった車が車検切れで使えなくなった。
経理の広井さんがそこらの中古屋で10万ぐらいの車を見つけておいでと言われてあるのだけれど、できれば捨てる車で軽があればと探している。
もう車を買う余裕がないし市場までの道のりが倍になるしガソリンが又値上がりしてしまったからだ。
店の横のねむの木が咲き出した。
まだ花は小さくていつもより少し濃く見える。
雨で星も山も見えない。
隣のやぎさんが畑にいたので野菜を分けてもらうように話をした。
定年退職後今の場所に野菜畑に囲まれたレストランを作る計画だった。
僕も其の話を聞いたとき其の場所では無理だろうと思っていたがやはり考えたとおりになった。
水道と下水道がないのだ。
魚野川でも当初浄化槽に千五百万ぐらいかかるとの計算だった。
其の事でかなり悩んだが無い訳にも行かず計画を進めた経緯があったからだ。
だいぶ前に酔ったとき残念そうに計画が頓挫したと言われた。
そしてジャガイモだけでも十種類以上を作ってるしとの話だったのでもし其の野菜を分けていただければ献立が豊かになる事間違い無しだ。
初めはお互いに競争相手になる予定なものだったから、警戒してギクシャクしていたがかなり突っ込んだ話をした。
そして野菜を分けてもらうことに話がまとまった。
又変な料理が増えそうである。


にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント (2)

自家製飛魚の焼き干

2007-06-29 13:52:02 | Weblog
朝から大雨。
妹が水は大丈夫かいと電話して来てくれた。
それほどの降り。
魚市場の帰りに道の駅の地場野菜売り場に顔を出す。
これがこの頃の日課。
9時半頃になって開店より時間が少し過ぎたためかなり売れていてカゴがすいているコーナーもある。
ズッキーニーとノビルとキュウリなどを買い足りないものは小出の野菜市場に行った。
花金で予約があり少しがんばらなくては。
店は雨で客足もまばら。
お昼が過ぎて客足が切れたので閉店して夜の準備をした。
三組の予約なのだが二組は人数が多く皿が足りない状態。
ゴマ河豚の白子を買ったけどどうも出すのが間に合わないので次の日にすることにした。
焼いてからポン酢醤油で提供する。
粟島からの魚はいろんな種類がばらばらに入っているので隣の人と別の魚になっている。
行くと何の種類と聞かれて答えるのにどきどき物。
鯵やあいなめは一匹づつしかなかったのだ。
岩ガキのフライが大きいので殻後と揚げたのだろうとからかわれていた。
手打ち蕎麦を皆さんの前で披露。
そしたらどこかホテルの板場の人達が多い団体で調理に詳しい人達がいたので帰るとき言われてしまった。
蕎麦は良かったと。
てことはほかのは良くなかったのだ。
仕方がないなーと思った。
これがうちのレベルだもの。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント

菖蒲の会

2007-06-28 17:44:58 | Weblog
今日は菖蒲を見る会がある。
ところが粟島からの荷物を昨日あけてみたら飛魚が詰まっていた。
少し小ぶりでどうしょうかと考えたが良い案が思いつかないので、とりあえず船長に電話して聞いた。
あれどうすればいいのと聞くと、焼き干さしれと言われた。
でも何か下処理に良いやり方があるのではないかと思い、どうするかと聴いてみた。
わかったことは血合いを歯ブラシで取り除く事。
二時間かけて腹と血合いを取り除きそして焼いたら半日掛かってしまった。
夜の菖蒲の会のつまみなどは店で作らなければいけない。
夕方粟島から届いた荷物をあけると大きなひらめが数匹、アマダイ、ホウボウ、河豚、シヤコ、カレイ、ノド黒、鯛、鯵、などが二箱びっしり入っていた。
オードブル4つとなめたカレイの煮物をもってとりあえず会場に行って乾杯し又戻り今度はヒラメの姿造りの手伝いと牡蠣フライやアマダイやノド黒を焼くように頼んで又会場に送ってもらった。
菖蒲の会の会場は叔父の家。
僕が生まれた家で、裏の畑は花畑になっている。
花を見るために作った部屋で楽しい夜をすごした。
店のあるのは魚沼市、自宅は川口町。
自宅の場所は和南津で魚沼市と隣接している。
それで酔った上でと前置きしてその道に詳しい人がいたので自宅の部落だけ魚沼市に合併できないのだろうかと聞いてみると、酔った上で答えるけどそれは可能で難しい事もないと答えてくれた。
もしそんなことになれば部落難民の行方はなどとマスコミが大騒ぎだねと言うと、そうだねと返事が帰ってきた。
このたびの財政難で税金が上がったので出来れば魚沼市にくっつきたい。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント

夏の八海山吟醸会

2007-06-27 22:26:22 | Weblog
時折の小雨が続くこの頃、たまに大雨も突然やってきてツバメ達は挨拶なしで巣立ち。
いつもは子供達が大騒ぎで初飛行の舞を披露してからなのに。
もしかして去年もそうだったが青大将のご飯になったかも。
自分の事で頭が一杯で母ツバメのSOSが聞き取れなかったのだろうか。
星空もしばらく御無沙汰。
昨日は夜休んで板長と吟醸会に行ってきた。
元船井総研の先生の話。
いつもの事だが歩くのによろめくほどの衝撃を受ける。
板長は横で高いびき。
自分より板さんに聞いてもらいたいのだが。
成功したとこの話を旨く話す講談師みたいなもんだと言ったら怒られるかな。
でもこの次はこう感じると言った言葉が重さを与えて、自分では対応できない問題にうろたえている。
こんな凄い先生を呼べるとは八海山さんのおかげ。
薪と石やリトル北海道のオーナー達と話す。
皆凄いものだ。
どの会に行ってもよく顔を合わす。
皆一生懸命なのだ。
泉ビールの調理室も良くなった。
自分に合う料理で吟醸酒を堪能。
只となりが出版社の人たち。
三人が若い女性。
話が合わない。
焼き野菜の胡麻ソース、少しこくが足りない。
でもこの前と違う献立で地元の豚肉の酒かす漬けをステーキに焼いたのは味噌の味と吟醸酒粕の加減と熟成が素晴らしかった。
香の物の塩梅も良かった。
若い女性達は味がわからないのだろう。
朝は板長の車を店に置いたので迎へに良く。
市場も休み。
予約が五つ。
人手が無く自分で出来るだけ動く。
新人は当たり。
かなりの能力で頼んだ事はてきぱきこなす。
2時に貸切にして閉店。
揚げ物はヤナギカレイを観音開きにおろして唐揚、そして岩ガキのフライを生パン粉で作る。昼の東京からの女性の社長さんは喜んで社員の慰安に来てくれるらしい。
川口温泉に泊まり魚野川で会食をしてくれるらしい。
7-80人になるらしく皿がないので足りないのは木の葉っぱになると言ったらなおさら喜んだ。
当然昨日の講師のアドバイスで話す会話と目の前で打った手打ち蕎麦力が役に立った。
昨日の講師に志を高く持てと言われた。
しばらく繰り返して体に刻もう。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント (2)

川鯉の味噌漬け

2007-06-26 16:01:25 | Weblog
親方夫婦が留守中に来ていた。
粟島から40キロの魚が届いていたので、それがメインに御馳走してくれと板長に頼んでおいた。
帰ってきて感想を聞いたら呼んだお客さんも大喜びだったと話した。
特にアマダイが美味かったといってやはりアマダイは今が最高だと言ってできれば刺身も食べたかったと言った。
ヒラメは8キロもあったのでいろいろ使ったけど残ってしまった。
まだ鮮度が良いのでもったいないなど考えず活きの良い内に出したほうがどうせ最後は昼定食になるのだから。
あまり魚が一杯あったので市場に行かず仕込みとブログを書いた。
朝のうちにピザ窯の薪を入れようと考えていたのだがぐずぐずしていたら雨模様になってきて土砂降りになってきた。
晴れてからと諦めたが親方夫婦は其の雨の中カッパを着て草取りをしてくれた。
夕方雨が止み大沢川を覗いたらかなりの大水。
親方の奥さんが大の川魚好き。
それで鯉を釣り上げ味噌漬けのお土産を作ろうと考えて巻きの下にいた大ミミズを捕まえて竿を出した。
いつも鯉がいる場所は決まっていて特に雨上がりによっている場所は決まっていた。
入れて何秒もしないうちに鯉が釣れていた。
手網と大きな生簀を用意してたのでかなりやり取りをして網ですくいあげた。
40センチ以上の真鯉が全部で3匹、35センチぐらいのなまずが一匹それでやめて調理室で味噌漬けと鯉こくを作った。
魚野川から登ってきたらしく良いオスの鯉だった。
そんなことをしていると星野さんから電話が有り温泉の帰りに寄るからと言っていた。
其の前に親方夫婦と久しぶりに大ひらめのアラ煮をつまみに酒を飲んだ。
其の後星野さんと又大宴会。
でも風邪が長引いて話が盛り上がると咳が出て多少のブレーキの役目、おかげでらくらく飲めた。
今日は車が無いので店に送ってもらってから市場に行った。
半分ぐらい終わってたけど明日市場が休みなのでかなり買った。岩ガキも人数分買い、バイ貝やサーモンも買った。
お昼はぱっとしなかったが明日の仕込みとパスタを作った。
青じそをたっぷり入れたパスタは綺麗な緑になってきっと夏の冷たいパスタの一品になるだろう。

続く
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント

結婚式に行く  2

2007-06-25 15:02:50 | Weblog
朝起きて窓を開けると緑の多い家並みが見えた。
遠くの山は蔵王連邦なのだろうか。
駅名も蔵王白石とあった。
はずれの小高い丘の緑の中にお城が見える。
何となく落ち着いた町並みは城下町の歴史のせいなのだろうか。
店の横の風景とは明らかに違ていた。
其の違いはこの町の自然は盆栽のように乱れや無駄が無いし、店の横は田んぼ以外は人のかかわりの無い自然と言った感じ。
どちらも好い。
其のホテルの式場で結婚式が始まった。
所変われば・・・・・
いとこもかなりいい年で相手は婿の親かと思ったら当の本人。
いきなり強烈パンチ。
自分と変わらない年齢なのかと思える風貌。
どちらとも初婚。
これは不思議な結婚式だと感じ初め出した。
新郎新婦入場の曲がいきなりいい日旅立ち。
何故か胸に迫って目に来た。
悟られないように周りを見るとなんと大泣きしてる人もちらほら。
子供と式場係り以外皆泣いていた。
なんとか山伏保存会の面々の祝いのセレモニー。
鬼に山伏、道化の男が二人、何かのヒーローと獅子舞。
何でもありの魚野川に似ている。
笛と太鼓と何かの打楽器を演奏する人たちは顔つきが同じようなアラブ人といった感じ。
きっと黒潮に乗ってたどり着いた末裔。
三陸にあったと聞いたヘブライ語やキリストの墓。
リズムカルな少しアラブ系な響き。
シルクロード的なざわめき。
支配者の信仰の積み重ね。
まるでフランス料理みたい。
酔わないけれど雰囲気に酔った。
でも刺身は古くて臭かった。
寿司も同じ。
伊勢海老のグラタンのホワイトソースは美味しかった。
牛フェレの火加減もグー、只もっと良い肉だと好かったのに。
調理人はきっと洋食が専門?
ブログでかけないことのほうが多かったがいい結婚式だった。
終わる頃は強力パンチの余韻が素敵な叔父様新郎に替わっていた。
もう一回逢うときっと従妹みたいに結婚を意識してしまいそう。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。

コメント

結婚式に行く

2007-06-25 10:12:07 | Weblog
叔父の娘の結婚式が白石であった。
日曜日に出席するので土曜日の夕方北堀之内駅で鈍行に飛び乗り、浦佐から新幹線に乗り換えて東北新幹線に大宮から乗り9時過ぎに着いた。
浦佐駅で一時間ぐらいの時間があったので昼飯に立ち食い蕎麦をビールで摂った。
それでは足りないので駅前のコンビニで弁当と又缶ビールを買って中食にした。
夕食は叔父と新幹線の中で弁当を買うことにしておいた。
そして二三十分横になる時間があると思っていたがテレビを見ながらたたみの待合室で靴下まで脱いでリラックスしていたら寝る時間が無く慌てて残った缶ビールを片手にホームまで急いだ。
忙しい時間帯に浦佐まで送ってもらうのはそうでもなく人手不足と気兼ね気味なのでその道を選んだ。
新幹線の中で叔父と会い一緒に缶ビールをと思ったら、叔父は一滴も飲まなかった。
酒を止めたらしい。
父の弟なのにまだ若く、とても81には見えなかった。
叔父とこんな長く一緒にいる事が無かったので少しは緊張していて付き合ってビールは飲まなかった。
きっとホテルに着くと一族が酒盛りの最中だろうとの思惑もあったのだった。
ところが駅横のホテルに付くと親戚らしい人は誰もいなく、リゾートと書いてあったけど只のビジネスホテルだった。
ホテルの中の飲食店は着くとすぐ店じまいしてしまったので一人で外に行く事にした。
フロントに聞くと焼き鳥屋が一軒だけと言われたので、諦めてそこに行った。
カウンターの席が一つだけ空いていてほとんど満員。
焼き鳥大吉という名の店は全国展開しているチエーン店。
たいした期待は無かったけどはずれではなかった。
夫婦と若い女の子の店は大繁盛。
見習う事が一杯有った。
一人で飲んでいたので少し人恋しい異邦人というとこで、地元の人の話は意味不明。
まるで外国の知らない下町で飲んでいる感じ。
早口でわからない話を聞いていて、いざ帰ろうかとしたとき感動した言葉があった。
結婚式で遠くから来たと言ってあったのに、ありがとうございます、又おいでくださいと言われた。
酔っていたので又おいでくださいと言われたときは、本気で何かの用を作って寄って見ようと思った。
フウテンの寅さんが女将さんをやっているような店だけど又来たいと思うような言葉だった。
きてよかったと思った。
自分の店に置き換えれば素晴らしい魔法の言葉だ。
普段は儲けさせて貰ってありがとうと聞こえる言葉しか言って無い様に思った。
酔った頭でで叔父さんいい言葉を見つけたよと報告した。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント

アジフライ

2007-06-22 15:41:18 | Weblog
気温十九度。
相変わらず湿度100パーセント。
二度気温が下がって寒いといけないので長袖を着て市場に向かう。
雨に煙っている斜面にホタルブクロがうなだれていた。
さっと茹で酢の物に使えるのだが、もう山菜はいいやといった感じで気分が乗らない。
も少し魚とかかわって余裕が出たら〆た肴の間に挟んだり乗せたりして夏を楽しみたい。
花金で予約がある。
ヤナギカレイを買って焼魚にし、それだけじゃ皿が寂しく見えるのでむき海老の大きいものをカタクリと溶き卵をまぶしてフライパンで焼いて付け合わした。
大きなアイナメをニ箱買って、三枚におろして骨切りしてカタクリをまぶして揚げて、粟島で美味しかったカレイの揚げ物の中華風餡かけをまねて作った。
彩りにてるチャンから頂いた青ミズナの茹でたものを乗せた。
お昼に鯵の生きのいいものをおろしてアジフライにして食べた。
火が通らないうちに上げた味の旨いこと、売っているのとは別の感覚だ。
蕎麦打ちが間に合わないのでパスタのペペロンチーノにして焼きおにぎりの小さいものをつけた。
盛り上がって9時にお開きの予定が10時になってもカラオケが終わらなかった。
にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント

カモの子が

2007-06-21 15:00:01 | Weblog
昨日の夜の雨は帰る頃は闇雲の切れ間から星もいくつか見えていた。
きっと晴れると思っていたが、朝、雨だれの音で目が覚めた。
宴会でヒラメや鯛をほとんど使ったのと予約も九人なので仕入れに行かなくても間に合いそうだが新しい市場の雰囲気をつかむために又出かけた。
昨日の疲れで遅くなったがまだセリのなからで、金沢の便は来なかった。
鯛よりヒラメのほうが安いのでヒラメを買いたいと考えていたが、安値を待ていたら人にみんな買われてしまった。
鯵がいいのがそろってたので1箱かってイカも買った。
かんぱちも生きが良くて食べてみたかったので一匹分けてもらった。
岩ガキの大きいのが来ていたが250円もするので買いたかったが使うとこがないので諦めて見ていた。
そしたら買って後で小分けしていたので始めから仲間に入れてもらえればよかったのに。
牡蠣フライにしたら美味しいだろうな。
そして荷をまとめていたら先ほどカキを買った人がカキを持って目の前にいたので買わなかった理由のひとつは実が入っているかと言う事だったので又思わず聞いてしまった。
もう身が入ったでしょうかねーと。
そしたら返事が意外だった。
結構入ってますよ、魚野川さん。
病院のカタが良く話してくれてます魚野川さんですよねといって自分はイタリアのと言った。
そうかあのレストランのと言いかけたが名前が浮かんでこなかった。
気になるイタリアンの店があったのだ。
三回ほど予約したが皆断られた。
明日から又楽しい想像の世界が始まる。
雨が強く降り、大沢川は少しにごり増水していた。
横から流れ込んでいる小川の流れ込みに大きな魚の気配。
なまずや鯉だと思う。
其の少し上流にコガモが6っぱ。
水位が上がり垂れ下がった草の穂にかじりついている。
見ている自分なんか気にしないで黄色見かかった茶色の手まりが跳ねているようににぎやかに泳ぎ回っていた。
気温21度湿度100パーセント。
娘といつもの骨董屋までドライブ。
親子の心の渇きが少しは戻っただろうか。
予約の中に知り合いがいて今日のブログあらすじまでが話題になって皆さんかなり盛り上がっていた。
喜んでもらっただろうか。

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント (2)

びっくりグミ

2007-06-20 21:20:04 | Weblog
昨日隣の人からびっくりグミを頂いた。
子供の頃にそれが実るのが楽しみだった。
どうゆうわけか自分の家にはぐみの木が無く、気兼ねしてもらって食べ歩いていた。
懐かしさが手伝ってデザートに付けてみたが其の割に反響がいまいち、どうも僕だけの思い入れだったようだ。
朝早めに起き、ラーメンスープのアク取りをマキ婆にたのみ新しい市場に急いだ。
今日は水曜日で休みのことの多い日だったため金沢の魚が来なかった。
どうも昨日の残りが多いような気がして知り合いに聞いてみた。
残りが多いのでセリ値が安かった。
活がにとヒラメと地鯛、たこにメバル、そしてこいかを買った。
帰っておろして見たがいつもの市場のとは違う生きの良さだった。
ひらめも〆てあり最高な状態であった。
予約が二つあったので鯛とひらめだけの刺身で出した。
メバルは焼き物にしてたこはもぞくの酢の物に添えた。
あまり魚に偏るといけないのだが。
昼定食はイカの生姜焼きとお刺身少々だった。
蒸し暑くて蕎麦のほうが多かった。
新潟から来た御夫婦が山古志への道を尋ねたので席に伺って説明したら、蕎麦が美味しくて安いのでほめられた。
おまけにゴルゴンゾーラピザまで食べてあった。
ピザも美味しかったといわれたので膳を見たらもり蕎麦にフキノトウの天ぷらとサーモンサラダが付いていた。
喜ぶわけだと思った。何とか料理を間に合わせてピザを出そうとしたらテイクアウトや店のピザが集中して一度に15枚も作る事になった。
帰りは小出までの送迎を二回。
治ったと思った腹痛が復活したようだ。
ますます雨が激しくなり洪水の恐怖がちらり。
続く

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
ランキングに参加していますここをクリックお願いします。
コメント