戦争を知らない子供たち

戦後に生まれ、戦争を知らずに生きてきたジジィのたわごと

迎撃しても破片は必ず落ちる

2017-08-13 18:45:18 | 日記
北朝鮮のミサイルを警戒して、PAC3を中国・四国4カ所に展開する方針。
でも、迎撃しても破片が飛んでくる危険性は避けられない。
10日の「ひるおび!」で、作家の室井佑月がその点を指摘すると、
これに対し、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一は、
命中したら(ミサイルの)破片は必ず落ちてきます」と言った
とか。
この破片によって被害が出た時、国が補償してくれるのだろうか?
それよりなにより、北朝鮮がミサイルを発射する前に外交努力を。
北風(制裁強化)だけでなく、太陽も必要。それが外務省の仕事
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ハゲ隠し」ではなく「加計... | トップ | 米国に対する武力攻撃が日本... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。