戦争を知らない子供たち

戦後に生まれ、戦争を知らずに生きてきたジジィのたわごと

文科省事務次官交代の本質とは?

2017-01-25 19:56:49 | 日記
文科省事務次官が、天下りあっせんと言う理由で引責辞任。
でも、これは表向きの事で、裏には原子力村の復権と言う噂あり
事件は15年に高等教育局長が起こした。
前川喜平前事務次官は、初等中等教育局長を歴任して、
昨年6月に就任
したので、直接的な責任はないはず。
一方、後任の戸谷一夫事務次官は、工学部原子核工学科卒
科学技術庁に入省後、パリの経済協力開発機構原子力機関に勤務もあり、
日本原子力研究開発機構理事も務めていた、バリバリの原発派

単純な天下りあっせんによる交代と観るのは、無理がありそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポストトゥルースと原発の安... | トップ | 俳優のでんでんもビックリ!... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。