戦争を知らない子供たち

戦後に生まれ、戦争を知らずに生きてきたジジィのたわごと

ハワイでの安倍首相の演説に違和感

2016-12-28 19:11:14 | 日記
安倍首相は訪問中のハワイで行なった演説に違和感を感じる。
 ⇒日露の時はプーチンを親しげに「ウラジーミル」と呼んだ。
  日露より固い絆の日米なのに、「バラク」ではなくオバマ大統領。
 ⇒飯田房太中佐の戦死を「祖国のため」と言う。
  真珠湾攻撃は祖国のため、即ち自衛の為の開戦なの。
 ⇒米国のリーダーシップの下、平和と繁栄を享受したのは、全ての日本国民?
  沖縄の人は、未だに米国の圧政とそれを支援する日本政府に苦しめられている
 ⇒海底に横たわるアリゾナからの「兵士たちの声」を思うと「言葉を失います」。
  「言葉を失う」ことをした1人は、開戦時に重要閣僚だった岸信介。
  晋三さん、あなたのお爺さんですヨ!他人事のように言わないで
  孫であるなら、日本の総理として以前に、個人として謝罪すべきでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何のために、今、真珠湾訪問 | トップ | 「真珠湾の和解」より「辺野... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。