がじゅまるの部屋。

競馬予想など

第155回 天皇賞(春)(GI)の予想

2017-04-29 22:03:25 | 競馬


◎ 6 シュヴァルグラン
○ 12 ゴールドアクター
▲ 1 シャケトラ
△ 15 サトノダイヤモンド
× 3 キタサンブラック


普通に印をつけても面白くないので、あえてバラバラに。
(ちなみに普通なら◎サトノダイヤモンドです。)


一発あるなら、シュヴァルグランかなと・・・。
この馬はステイヤーっぽいし、勝つイメージもあります。
オーナーは持ってる男だし、大一番に強い大魔神。
福永騎手も、G1では頼りないけど、京都なら乗りなれてるしプラス要素じゃなきゃ駄目でしょ。
阪神大賞典で、何でそんな乗り方しちゃうの?って思ったけど、あれと同じ事を京都でやれば逃げ粘れるかも。
捨て身の予行演習が生かされれば勝利に近づくはず!!


対抗は、ゴールドアクターにします。
一気に人気が落ちてるけど、横山典に乗り替わってプラスに働けばと・・・。
レースを見ていて、ずぶい感じを受けるし、何故かディープ産駒と瞬発力勝負に持ち込んで負けてるイメージ。
ああいう乗り方じゃなくて、長くいい脚でいけば面白いと思います。
サトノ・キタサンの2強対決で、ノリ。
ブライアン・トップガンの2強対決で、サクラローレル!!
似たような事が再び起こるか!?


次は、シャケトラです。
G1初挑戦だし、斤量は58kg。
初めてだらけで、プラスはひとつもないです。
斤量は500kgを超える馬体でカバーして、距離は血統が生きれば。
マンハッタンカフェ産駒は、この距離は得意なはず。
1枠1番を最大限に生かして、スタミナを温存出来れば、そこそこ面白いかなと。


次は、サトノダイヤモンドです。
表予想の◎です。
作戦としては、外枠になってしまったので、いいスタートをして、完全なるキタサンマーク!!
ピッタリどころか、それ以上のマークで!!
少々、外を回ってもスタミナはあるし、折り合いも問題ないので大丈夫かと。
瞬発力勝負に持ち込めば、キタサンより有利だと思います。
若干の蓋を出来れば、尚良し。一気に抜き去るイメージで。


最後に、安定感抜群・人気も断トツ・実力も文句なし。
いつの間にか、スーパースターのキタサンブラックです。
運も持ち合わせていて、またまた内枠。
何もかも、完璧で今がピークなんじゃないかと思っています。
あえて、不安な点をあげるとすると、大阪杯がG1に昇格した事です。
その事で、ジャパンカップ→有馬記念→大阪杯→天皇賞(春)とG1を連続で戦う事になっています。(ビックレースばかり)
激しい調教と、G1のダメージの蓄積がどうなっているかな??少し心配です。
今年いっぱいでの現役引退が早くも撤回された事も、プランに影響が出そうな気もしています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第24回 テレビ東京杯青葉賞(... | トップ | 第65回 京都新聞杯(GII)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事