酒と料理と競馬と競艇

日々の出来事 B級グルメ B級ニュース などなどに !!!!!! スポットを当てる。 

ずいずいずっころばし ・・・・・!!     № 5,364

2016-12-09 09:20:45 | 日々の出来事 その1

12/09       金曜日      アラーの神が頑張っている・・・。。。東京から発信です。

・・・・コントラストのイチョウの黄色の葉も少しづつ落ち葉に!! 
今のあなたに解るはずがないの・・・。サヨナラをするために・・・。どこかで誰かがぁぁぁキット待ってくれる・・・。。 
そんな・・・師走も・・。。三分の一・・過ぎてしまったぁ・・。

ずいずいずっころばし・・・・。
ごまみそずい

茶壺に追われて
とっぴんしゃん

抜けたら、どんどこしょ

俵のねずみが
米食ってちゅう、
ちゅうちゅうちゅう

おっとさんがよんでも、
おっかさんがよんでも、
行きっこなしよ

井戸のまわりで、
お茶碗欠いたのだぁれ

麻味噌を摩っていると、お茶壺道中が来ると言うので、家の中に入り戸をピシャリと閉めて(=トッピンシャン)やり過ごす。お茶壺道中とは新茶を将軍に献上する行列のことで、切捨御免の時代柄、庶民は粗相の無いように細心の注意を払っており、子どもたちは両親に呼ばれても決して外に出てはならないと教えられた。

そしてお茶壺道中が通り過ぎるとやっと一息つけたのである(=ぬけたらドンドコショ)。ところで家の中で息を潜めていると、米を齧っているネズミの鳴き声や、井戸の近くで茶碗が割れたような音まで聞こえてくる。


知らず知らずのうちに・・。こんばんわぁ・・。となりには・・・" かっぱ " 店長である。12/07 pm 20:00
オクラ・・胡麻和え &  枝豆子持ち昆布。。 ¥200-。野菜で攻める。







一方、国語学者などの中には、この歌に性的な意味が含まれていると解釈する場合もある。「茶壺」は女性の意味であり、男が女に追われて家に逃げ込み、戸をぴしゃんと閉める(「とっぴんしゃん」)、というふうにである。「ずいずいずっころばし」、「ごまみそずい」、「俵のねずみが米食ってちゅう」も同様に性的なものだとする説もある。

  

店長より・・白鳥を一羽プレゼン・・。 肴が・・ない・・!! ならば・・塩辛を。

ずいずいずっころばし ・・の、いちにちであった。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吾輩は猫である ・・・・!!! ... | トップ | 相棒 ・・・・・!!!    №... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事 その1」カテゴリの最新記事