酒と料理と競馬と競艇

日々の出来事 B級グルメ B級ニュース などなどに !!!!!! スポットを当てる。 

一筆啓上 ・・・・!!!    № 5,184

2016-09-18 08:15:37 | 日々の出来事 その1

09/18    日曜日      ・・・九州や西日本の方には・・怒られてしまうが!!  情緒の秋雨がしっとりと。。。いい感じの雨の臭いが香る。。東京から発信です。

こんな日は・・・ポンチョにレイニーハットで。。里山や雑木林を歩きたい。 吾輩の大好きな行為であり、たき火も大好きな行為。。

これは、日本一短い手紙として有名な一文で、現代の手紙の指導書などでは実用書の手本として用いられている。
実はこれ、ある戦国武将が戦場から、妻へ送った手紙の文面なのですが、その意味は以下の通り。

また、家康がまだ若かりし頃は、天野康景、高力清長、といった者達と、この本多重次で、徳川三奉行と称されていた中の一人でした。この三奉行らは ◎優しく面倒見の良い、高力清長。 ◎頑固一徹な、本多重次(作左衛門)。
◎この二人の意見の間をとりなす、天野康景。

といった、非常にバランスの良い関係で成り立っていました。そんなことから、上手く荒くれ者の三河衆をまとめる事が出来ていて 『仏高力、鬼作左、どちへんなきは天野三郎兵衛』 なんていう呼ばれ方を、部下の三河武士達からされていたのです。 そんな鬼作左こと本多重次ですが、どういった経緯でこの

『一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ』 

という手紙が書かれたかというと、織田信長と徳川家康の連合軍が、武田家を滅ぼしたことで有名な、長篠の戦に参戦していた際の陣中より、妻宛てに書かれたものなのです。
『鬼作左』の異名通り、戦場では常に自らの討ち死にを考えていた本多重次ですが、だからこそ、妻と子の事も真剣に考えていたようで、こういった手紙を戦場から送っていた。

 文章の始めに
『一筆啓上』
とありますが、これは、一筆(手紙)を啓上(差し上げます)という意味ですから、送り主の妻を立てた、敬う気持ちが込められています。

その後に続く
『火の用心』
は、読んだそのままの意味ですが、この時代は建物は木造ですから、火事になると近隣の一帯が全て消失する事も珍しく無く、大変重要な事でした。

『お仙泣かすな』

これは彼の息子の名が、仙千代でしたから、子供を大切にしろという意味ですね。

『馬肥やせ』
これは、馬の手入れを頼むという事で、戦国時代は馬が貴重でしたから、大事な物は大切にしろ。
との意味でもあります。

一筆啓上であった。一筆を啓上しながら。。。絶品の逸品を。。(^◇^)  



 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪ こんなぁ 時代がぁ あっぁ... | トップ | 一筆啓上 ・・・・(其の二)!!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事 その1」カテゴリの最新記事