ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ボロボロになるまで

2008年08月22日 | ガジ丸通信-社会・生活

 8月16日、午後2時前、出かける。末吉公園の散策、図書館、スーパーへ買い物。
 空いているであろうと予想して、その時間に出かけた。夏の甲子園で沖縄の浦添商業が試合をしている時間だからだ。そんな時、ウチナーンチュの多くは外に出ない。と思ったのだが、末吉公園には虫取りの子供達が多くいて、図書館もスーパーもいつも通りの混み具合であった。家に帰ってから、浦添商業の試合は明日であることを知る。
 私はスポーツ観戦にあまり情熱を持たない。プロボクシングのタイトルマッチをたまにテレビで観るくらいだ。プロ野球も大相撲もテニスもゴルフもサッカーもK1などもほとんど観ない。明日の浦添商業の試合も、NHKなら画面がざらつくので当然観ないが、民放でやったとしてもたぶん観ない。じつは、オリンピックもほとんど観なかった。
 そんな私のことを非県民とか非国民とか友人は言うが、試合の結果をニュースやワイドショーで知って、沖縄の高校が勝っていたら嬉しいし、日本の選手が金メダルを取っていたら嬉しい。試合そのものを時間をかけて観ることにあまり興味が無いだけだ。

  応援するチームが無いのでプロ野球にもサッカーにも関心が無く、応援する相撲取りがいないので大相撲にも関心が無い。ただ、プロ野球について言えば、20年ほど前まではたびたびテレビの実況中継を観ていた。アンチジャイアンツだった。
 現在はもう無関心となっている。どこのチームが勝っても負けてもどうでもいい気分なので、野球のテレビ中継にもスポーツニュースでの試合結果にもほとんど興味が無い。ただし、20年ほど前までは多少の関心はあったので、その頃の選手の何人かについては、今でも多少の興味がある。元西武の清原とか、元巨人の桑田などである。
 桑田は既に今年引退したが、清原もどうやら今シーズン限りのようである。打たれる桑田、打てない清原は見るに忍びない。現役卒業は仕方の無いことであろう。でも、これまでよくやったと思う。二人ともボロボロになるまで戦ったのだ。拍手を送りたい。
 二人と同年代の野球選手でもう一人、「ボロボロになるまで戦った」の代表選手みたいな人がいる。野茂英雄投手。引退会見の時の「悔いが残る」という彼の言葉に、まだやり足りないけど、矢尽き、刀折れとなってしまったんだなと思って、少々胸が熱くなってしまった。「ボロボロになるまで戦った」人に私は、「男」を感じてしまう。

 話は飛ぶ。私の愛する詩人、山之口獏の作品に『歯車』というのがある。

 靴にありついて ほっとしたかとおもうと ずぼんがぼろになっているのだ
 ずぼんにありついて ほっとしたかとおもうと 上衣がぼろになっているのだ
 上衣にありついて ほっとしたかとおもうと もとに戻ってまた
 ぼろ靴をひきずって 靴を探し廻っているのだ
 
 私は山之口獏ほど(実際どうだったかは知らないので、たぶん)貧乏では無いが、靴はボロになるまで履き続ける。ズボンも穴が開くまで穿き続ける。シャツやパンツ、靴下なども同様である。ということで、私も「ボロボロになるまで」というタイプである。そこに男を感じて、「素敵!」と叫んでくれる女はいないだろうか?「結婚して!」と抱きついてくる女はいないだろうか?・・・いないだろうな。「貧乏臭っ!」だろうな。
          
          
          

 記:2008.8.22 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版068 大切な社会勉強 | トップ | 感動の2016 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。