ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウチナーンチュもシャキッ!

2008年10月24日 | ガジ丸通信-社会・生活

 翌日に母の一周忌を控えた先週の金曜日、職場を早引きして、普通運転免許(中型自動二輪付き)の更新へ出かけた。5年ぶりのこと。・・・つまり、私は優良運転者であると言いたいのだが、その前も5年ぶりであった。
 免許を取得して30年余になるが、その間、違反は2回、駐車違反とスピード違反。事故は、どれも軽いものだが、4回、そのうち、自分に非があるのは3回、そのうち、警察を呼んだ事故(バンパーがへこんだくらいだが)は1回。若い頃、2年間ほど配達の仕事をしており、今の職場でも10年以上はダンプなどを運転しており、通勤にも車を使っており、運転の機会は多い。その割りには、違反事故の数は少ないと思う。

 5年の間にいろいろと新しい法律ができたようだが、それよりも先ず、免許更新の期間が2ヶ月になっていたことに驚く。驚いて喜ぶ。誕生日が過ぎても、なお1ヶ月の余裕がある。行き損じることは無い。心に余裕ができる。
 などと鼻毛を抜くような余裕をこいていたら、いつのまにか1ヶ月がやってきて、誕生日が過ぎて、母の命日が明日という日になってしまった。この日行かなければ、次の週は仕事があるので、残る金曜日は2回だけとなる。2回はちょっと危うい。というわけで、雨模様ではあったが、バスに乗り、傘を差して徒歩20分を歩いての免許更新。

  更新の手続きは簡単なもので、10分もかからない。後は30分の講習を受けるだけ。いつもならその講習、退屈なので、私はたいてい後ろの席で半分寝ているか、落書きしているかなのだが、今回は一番前の席に座った。「道路交通法がいろいろ変わった」とは聞いているが、何がどのように変わったかを具体的には知らなかったからだ。
 最も驚いたこと。飲酒運転の罰則が強化されて、酒酔い運転の罰金が100万円、酒気帯び運転の罰金が50万円になったこと。100万円なんて、私の場合、生活を相当切り詰めても支払うのに2年はかかる金額だ。あな恐ろしや、だ。
          

  じつは、白状すると、飲酒運転の経験は数多くある。若い頃の話だ。いや、十数年前まで、テニスの帰りにビールをジョッキに1、2杯飲んで、15分の距離を運転して帰ることがたびたびあった。テニスを止めてからは酒気帯び運転もほとんど無い。
 十年ほど前、車の前にいる子供に気付かず車を発進させたことがある。小さな子供で、私の視界からは帽子だけが見えていた。すぐにブレーキを踏んだので、車は子供に軽く当たっただけで、彼にはかすり傷一つ無く、事故にはならずに済んだ。しかし、
 「私の視界からは帽子だけが見えていた」は、正確には、何か丸いものは見えていた。それが帽子であり、帽子の下には子供がいるという判断が一瞬遅れた。それに私は愕然とした。そのことがあって以来、私は、こと運転に関してはシャキッとしている。

 鉄道の無い沖縄は車社会である。昔から飲酒、酒気帯び運転の検挙者は全国でもトップクラスだった。それが、罰則が強化されてからは、それが激減したとのこと。ウチナーチュも、さすがに100万円となってはシャキッ!とせざるを得ないみたいである。もちろん、「ちょっとくらい大丈夫さあ、まあ、ビールの1杯は飲んでいきなさい。」などと勧めるオジサンやオバサンがいなくなったせいも、きっとある。良いことだ。
          

 記:2008.10.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版073 逆転満塁ホームラン | トップ | 傾かない天秤 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。