ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

孤独自然死

2015年07月31日 | ガジ丸通信-科学・空想

 子供の頃、『野生の王国』というテレビ番組があって、私は好きでよく観ていた。強いものに憧れている少年は草原に佇むライオン、森林に佇むトラ、荒野に佇むオオカミなどがカッコイイと思った。時が経って中学高校の頃、映画が好きでよく観に行った。特に西部劇が好きでたくさん観ている。荒野の用心棒など、一匹狼に少年は憧れた。
 それからまた随分経って、一匹狼に憧れた少年は十分オジサンになって、「男の本質はやり逃げ」という考えを持つようになった。荒野を彷徨い、雌を見つけ、口説いて、やることをやったら、また旅に出る。雌が妊娠したとしても知らんふり、子育ては雌任せ、その代わり、女房子供に感謝されることは無い、慕われることも愛されることも無い。

 現在、私の話し相手をしてくれる女性は数人いる。みな人妻。デートに誘えば付き合ってくれるであろうアラサーの独身女性が一人いるが、彼女はもう赤い糸で結ばれているであろう相手を探さなければならない切羽詰まった歳になっているので、そうそうオッサンに付き合わせることもできない。もう1人、アラサーよりずっと上の独身女性がいて、彼女も誘えば話し相手をしてくれるであろうが、静岡在なのでなかなか会えない。
 2ヶ月ほど前、友人のK子と昼飯デートをしたが、それ以前半年ほどデートは無く、その後も無い。去年1年間は無く、一昨年も無かったのではないか。であるが、それが淋しいと、私はちっとも思わない。心の片隅で気に掛けている・・・例えば、大病で入院したと聞けば見舞いに来てくれるような人が数人いれば、私はたぶん満たされる。

 友人のMは結婚して、離婚して、すぐに同じ人と再婚したという経歴の持ち主だが、会うと、たいていは女房への愚痴を聞かされる。「なら別れたらいいのに」と言うと、「俺は1人ではダメなんだ、1人のままだときっと頭がおかしくなる」と答えた。
 「淋しがり屋なんだ」と私はMのことをそう判断したが、淋しがり屋は他に、中年になって、20歳近い子供3人を持つバツ一女性と結婚した友人Tも「家庭は賑やかな方がいいんだ」と言っていたし、50も半ばを過ぎて結婚したIや50も半ばを過ぎて「結婚したい」と言っているKなども、たぶん淋しがり屋なのかもしれない。
          

 過日、ラジオから「孤独遺伝子」なる言葉が聞こえた。人間には孤独になりたがる遺伝子を持つ人と持たない人がいるとのことであった。「これだぜ俺は!」と思った。私はきっと、間違いなく孤独遺伝子を持っている。友人のMやTやIやKはそれを持たないのだろう。孤独遺伝子を持つ者がどのくらいの割合でいるかは聞いていないが、私の周りの淋しがり屋らしき友人達を数えたら、孤独遺伝子を持つ者は少数派に違いない。
 孤独遺伝子を持たない者にとっては女房がいること、子供がいること、家族団らんの時間があることなどが幸せで、孤独は不幸なのだと思う。しかし、孤独遺伝子を持つ者にとっては孤独こそが幸せとなる。記憶はおぼろげだが、昔の有名な哲学者が「結婚は人生の墓場」と語り、昔の有名な文学者が「結婚は忍耐」などと言っている。その哲学者も文学者もきっと、孤独遺伝子を持つ男だったのであろうと私は想像する。
 今の世は「やり逃げ」が許されない。私もそんなことはしていないが、逃げてばかりいる。そんな男はきっと孤独死だ。できれば老衰死で、孤独自然死と言われたい。
          

 記:2015.7.31 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.7.31肩透しで大掃除 | トップ | 楽農主義 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。