ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

とてもシンプルに

2010年06月25日 | ガジ丸通信-社会・生活

 『とてもシンプルなこと』という歌がある。私の愛するシンガーソングライターピアノ弾きの鈴木亜紀の作品。彼女のファーストアルバムのタイトルにもなっている。
 引っ越し準備で、持っていたCDやMDのほとんどを実家に運んだ。なので今、部屋にはクラシックと琉球民謡のMD10数枚が残っているだけだ。ただし、それは私が聴くためのものではなく、誰かにあげようと思って残してあるもの。
 車の中にもMDが8枚ある。これらは運転しながら私が聴くつもりのものであり、これだけは近いうちに聴きたくなるであろうと思った8枚。私が所有する数多く(数えたことはないが、おそらく100枚以上)あるCD、MDの中から選ばれた8枚。クラッシックが2枚、ジャズが2枚、琉球民謡が2枚、そして、高田渡と鈴木亜紀。
 高田渡はセカンドアルバム、高校生の頃聴いて、後年、私の音楽の原点になったアルバムの一つ。当時好きだったひと(女)にカセットテープにダビングして貰ったという想い出もある。アルバム名、曲名など彼女が手書きしたテープは今も持っている。
 鈴木亜紀は前述のファーストアルバム『とてもシンプルなこと』、1998年のリリースとなっている。私が初めて聴いたのは6、7年前で、十分オジサンになってから知ったアーティスト。友人のIさんに勧められたのだが、すぐに気に入った。

 車の中に残してある8枚のMD、早速その1枚を先日聴いた。聴いたのは鈴木亜紀のアルバム『とてもシンプルなこと』。何故それを「近いうちに聴きたくなるであろう」1枚に選び、その中でも一番最初に聴いたのかというと、「とてもシンプルに」という言葉が今の、私の頭の中を占めている最も大きな思想だからである。
 私がここで語る「とてもシンプルに」とは、しかしながら、鈴木亜紀の歌う「とてもシンプルなこと」のシンプルとは意味が違う。鈴木亜紀のは恋の歌だ。
 先月から私の住まいであるアパートの、一時的(2、3週間)引っ越しのための部屋の掃除、整理整頓をやっているが、始めてから一ヶ月半ほども経って、「やっと終わりが見えてきたぜ」という状況。思いの外時間がかかっている。あまりにも時間がかかっていることに「まだ終わらねぇのかよー!」と、途中から腹を立てていたくらいだ。
 何で時間がかかっているのかというと、中年チョンガーのくせに私には持ち物が多いのである。持ち物が多いのは多趣味だからと判明した。例えば、音楽関係の楽器や楽譜、美術関係の絵具や画集、その他、書道、茶道、木工、工芸、園芸、植物、沖縄関連があり、テニスもあれば、太極拳もあり、酒や料理に関係した品々などがあった。

  そういった、私が今まで生きてきた歴史とも見ることができる品々は、けれども、これから私が生きていく上で、必ずしも必要なものとは見なせない。そこで、『とてもシンプルなこと』を思い出し、「とてもシンプルに」という思想に辿りついた。
 「持ち物があるからそれを整理するために箱や棚が必要になる」とも言えるが、「箱や棚があるから持ち物が増える」ともまた、言える。そこで、持ち物を処分すると共に、箱や棚も処分することにした。既に2つの本棚、1つの飾棚が処分済み。これからさらに、箱のいくつかと、その箱の中身である持ち物を処分する予定。「日常使う範囲のものしか身の回りに置かない」という「とてもシンプル」な生き方をしようと思っている。
          

 記:2010.6.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥武山運動公園 | トップ | 終末思想という流行りもの »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。