ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

土方がまだ増し

2017年03月24日 | ガジ丸通信-社会・生活

 3月4日(土曜日)、友人のK子から「アルバイトしない?」と電話。彼女の妹I子が介護施設を経営していて、K子も、K子とI子の姉Hさんも、K子の娘A嬢もその施設の職員として働いている。男の職員が1人辞めたため男手が足りなくなったとのこと。
 5、6年前にもそこで3日間のバイトをしたことがある。たったの3日間で介護の仕事は大変難儀なものであると感想を持ち、大雑把な性格の私には細かい気遣いを必要とする介護の仕事は向かないと判断し、もう2度とやることはないと決めていた。しかし、「お願い」と頼まれたら簡単には断れない。「介護の作業はしなくていいから、年寄り達の送り迎えをする車の運転だけでいいから」とのことだったので、渋々応諾した。
 介護の仕事はきつい割には賃金が安いので成り手が少なく、雇ってもすぐに辞める人が多いと聞いている。職員達の仕事ぶりを見ていると、大変であることがよく解る。

 介護を要する老人は増えているのに、それに比して介護現場で働く人の数は増えていないとも聞いている。特に男の成り手が少ないようだ。それも若い男が少ない。
 その施設には責任者I子を含め、また、パートタイムの人も含め23人(調理担当の3人と送迎担当の私を除く)の相談員、看護師、及び介護担当職員がいる。23人いる中で男はたったの1人、しかも彼は週に2日出勤のパート。60代と彼も若くはない。
 職員のオバサン(差別用語ではない、その年頃の女性)の1人に訊いた。
 「若い男は正職員として居着かないの?」
 「いないねぇ、来てもすぐに辞めるねぇ」とのこと。細かい気遣いの要る仕事は男には不向きなのかもしれない。確かに、私がもしも若くて、失業していて、金を稼がなければ生きていけない状況にいて仕事を求めていても、介護よりは土方を選ぶ。土方は、肉体的には辛い作業かもしれないが精神的には楽だ。肉体的疲れは酒飲んで癒す。
     
     

 その施設の責任者であるI子は真面目である。彼女の為にもどうにかならないかと私なりに考えてみた。そして、効果があるかどうか不明だが、1つ閃いた。
 22人いる女性職員の中には若い(アラサーくらい)人も数人いる。可愛い子もいる。アラサー以上の人でも魅力的な人がいる。で、私は思った。1人若い男、若く無くても40代くらいまでの男が職員として入ってきたら、女性全員で彼をチヤホヤしたらどうだろうか。男は女性からチヤホヤされたら嬉しい、幸せを感じる。幸せを感じていたら辛い仕事でも耐えられるに違いない。チヤホヤしたら長く居着くかもしれない。
 なんていうことを、「アラサー以上の人でも魅力的な人」の内の1人であるAさんに提案すると、「意味ワカンナイ」と一笑。その一笑が、「何で女が男をチヤホヤするのよ、逆でしょう」という意味なのか、「仕事でしょ、何でチヤホヤされないとできないの」という意味なのか、私は判断に迷ったが、いずれにせよ「バッカじゃないの」、「冗談言ってるんじゃないよ」が私に対する言外の返事であるとは判断できた。

 団塊の世代の人達がやがて介護を要することになるであろう。若者の数は減って行く、介護職員が絶対的に不足する。「どうするんだろうこの国は」と、近い将来介護される側となる後期オジサンの私は思ってしまった。私は、できればピンコロでありたい。
     

 記:2017.3.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.3.24 春の梅雨? | トップ | 経年劣化 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。