ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ムナビロカマキリ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-カマキリ・その他

 苦手な昆虫
 私の畑にはコオロギが多くいる。コオロギの好む何かがあるのか知らないが、アパートの畑や従姉の畑、野原などに比べて著しく多い。あんまり多いので、うっかり踏んでしまったこともある。コオロギの他にはバッタ、チョウ、ガ、ハムシ、カメムシ、時期が来るとセミなどがいる。それらのどれも、私は好きでもないし、嫌いでもない。
 家の中にもハエ、カの類、ガの類、クモの類がいて、衛生面と、痒いという肉体的苦痛を考慮してハエとカは退治しているが、ガやクモは野放しにしている。たいてい1、2匹は住み着いているヤモリも含め、それらのどれも、私は好きでもないし、嫌いでもない。

 数年前に、家のトイレにたくさんのカマキリの子供が出現した。トイレの窓の外、すぐ傍には樹木が生い茂っていて、そこからやってきたものと思われた。カマキリの子供たちを一つ一つ摘まんで、窓から樹木の茂った葉に向かって全員追い出した。
 畑にもカマキリがいる。カマキリもまた、好きでもないし、嫌いでもない。が、カマキリはちょっと苦手である。他の虫は触れるのだが、カマキリも子供のカマキリなら触れるのだが、大きなカマキリは触れない。はっきりは覚えていないが、子供の頃、カマキリに触って痛い目にあったという経験があり、それがトラウマになっているのかもしれない。
 カマキリは苦手だが、ゴキブリに比べればずっとまし。ゴキブリは大嫌い。ゴキブリは触るのも嫌。もちろん、ハチやムカデなど毒のあるものも触れない。

 
 ムナビロカマキリ(胸広蟷螂):カマキリ目の昆虫
 カマキリ科 沖縄、南大東、宮古、石垣、西表に分布 方言名:イサトゥ
 『沖縄昆虫野外活動図鑑』にはオキナワオオカマキリと同様、最近(といってもは同書は1987年の発行)生息が確認されたとあり、名前のムナビロカマキリも(新称)とついている。オキナワオオカマキリとは大きさがほぼ一緒で、生息地も同じ、しかし、本種には前脚にオレンジ色の紋があり、出現が夏から秋(オキナワオオカマキリは秋から冬)とあるので、写真のものはムナビロカマキリと判る。
 体長90ミリ前後。出現は夏から秋。生息地は主に草地。
 
 横から

 記:ガジ丸 2011.5.16 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハラビロカマキリ | トップ | タイワンクツワムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。