ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

丈夫な体

2013年03月01日 | ガジ丸通信-社会・生活

 昨夜のニュースで「平均余命の都道府県別順位で沖縄は順位を下げた」とあり、それに対し沖縄県(福祉課だったか)や沖縄県医師会が「これではいかん」とあれこれ提言をしていた。順位を下げたと言っても、前回より寿命は延びている。伸び率が他府県より小さかったということらしい。伸びていればいいじゃないかと私は思うが。
 県は「これでは長寿の島の名折れで、観光にも影響が出る」といった内容の話もしていた。長寿を経済と捉えているようである。「そうか、長寿は観光資源にもなるのか」と思いつつ、「長寿というだけではいかんだろう」とも私は思った。
 「ただ長く生きた」より「元気で長く生きた」の方が良かろう。私の畑なっぴばるの近所でハルサー(農夫)をしている87歳のNさん、84歳のKさんなぞはとても元気。毎日では無いと思うが畑に出て、畑仕事に精を出し、作物を生産している。明るい顔でよく笑い、大きな声でよくしゃべる。二人とも人生を楽しんでいると思う。

  元気で長寿のNさんKさんを私も見習いたい。彼らほど長寿でなくてもいいが、彼らのように元気でありたいと望んでいる。そうあるためには丈夫な体でなければならない。
 沖縄の冬は農繁期である。植付ける作物があれこれ多くある。冬ほどでは無いが、春の畑も植付け作業がいくつかあって忙しい。コツコツと作業を続け、カタツムリの歩みのように「のろのろと」ではあるが、畑は今のところ一歩ずつ前に進んではいる。
 梅雨時は、「雨が続いて畑仕事が滞ったらどうしよう、収入が無くなるかも」などと生活の不安はある。が、それも、元気であれば何とかなる。あの死ぬほど暑い夏場に体力が持つだろうかという健康の不安もある。丈夫な体でなければならない。
          

 宮沢賢治が示した「丈夫な体」の条件において、
 「雨にも負けず、風にも負けず」については、雨にはなるべく濡れないようにしているので、風も、それが台風の場合は外に出ないようにしているので、「雨から逃げて、風から逃げて」いるから、それらによって体の具合を悪くすることは無い。
 「雪にも、夏の暑さにも負けぬ」については、沖縄で雪の降ることは無いので「冬の寒さ」と言い換えた場合、今のところ私は冬の寒さに負けてはいない。この冬を経験した限りで言えば、全く何の問題も無い。冬は仕事もはかどり、体も快調。
  この冬はヒーターや強力な暖房器具でもある布団乾燥機を使っていない。どちらも押し入れに仕舞ったままだ。もう一つの暖房器具である火鉢に炭を熾したのが2、3回あっただけだ。寝る時の寝具も「1、タオルケット」、「2、布団」、「3、タオルケット+布団」、「4、布団+毛布」、「5、タオルケット+布団+毛布」と寒さに応じて5段階あるが、今季は3止まり、毛布も押し入れに仕舞ったままだ。私の体は、寒さには強くなったようである。もっとも、「寒さ」といっても沖縄の寒さだが。

 夏の暑さには勝つことができない。太陽の下で肉体労働の経験はある。日中は「死んだ方が増し」と思うほどに辛かった。畑仕事は、夏の日中はできない。負けている。
 病気の子供や疲れた母などを助けるほどの体力は無くてもいいから、「夏の暑さにも負けぬ丈夫な体」には、私はなりたい、と思っている。今年の夏、どうなるやら。
          

 記:2013.3.1 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キクイモ | トップ | 味噌汁 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。